yotaって誰?

[初心者]4ヶ月半で30kmを3時間で完走!無知すぎて死にそうになった件

こんにちはyota (@yota_28351)です!

ランニングにハマってしまい、いつのまにか30km走までやるようになりました。

最初は10km走れるようになるのかすら不安だったんですけどね。

で、「30km」といったら完全に長距離じゃないですか。

今までハーフの距離は何回も走ってたんで、「30kmも大丈夫かな?」くらいの軽い気持ちで走ってみたら、死にそうになりました。

というわけで、今回は僕と同じ初心者ランナーさんに向けて、「30km走」をやる時の心構えみたいなものの話です。

もう少しで3時間切れそうだった


完走タイムは3時間39秒でした。

もう少しで3時間切りだったので、おしい!!

僕はランニング中は音楽を聴いたりしないので、正直3時間も走ってたら飽きます(笑)

しかも、冬の早朝に走ったので2時間くらいは暗くて心細かった!

基本、土手で走っているので暗闇の中、冷たい風を受けながら黙々と走っておりました。

これから30km走を考えてる人は、タイムを狙わないのであれば、音楽を聴きながら走った方が良いと思います。

景色が楽しめるコースならまだしも、何もない所を3時間とか走ってるとホント暇ですよ?

体への負担がすごい

冒頭でも言いましたが、「30kmもハーフもたいして変わらんでしょ!」感覚で走ったら、全然違いました。

僕はハーフの距離を2時間切るペースで走っても、筋肉痛にもならないし、体に違和感が出たりしません。

けれども、30km走では23km付近から、精神的に疲れてきて、「あと何kmあるんだ?」と思うようになりランニングウォッチを見る回数が一気に増えましたね。

[初心者推薦]初心者のランニングウォッチはガーミンで決まりだ!!

人って精神的に疲れてくると、体にも影響が出始めるのがよくわかりました。

「ゴールはまだか?」と思い始めた途端に、体が重くなり、足も前に進まなくなったのです。

そこからは呼吸も乱れ始めて、ゴールまでの記憶があまり残っていません(笑)

ちなみに、ランニングを始めてから月間100~150kmは走ってますが、まだ30kmを楽に走る力が足りないように感じました。

栄養補給はメチャクチャ大切

僕が死にそうになった一番の原因は「栄養補給」ができていなかったからです。

いつもハーフの距離を走ってる時と、同じ量の給水ドリンクしか持っていかなかったんですよね。

そもそも、寒い時期だし荷物が多くなるのが嫌で、ハーフでも少ししか給水ドリンクを持っていきません。

R-1ってあるじゃないですか?

その容器にスポーツドリンクを入れてるので、量は100ml程度しかないんですよね。

最初は30kmだから2本持っていこうか考えたんですけど、邪魔になるから1本しか持っていきませんでした。

そしたら案の定、エネルギーがなくなって終盤大失速しました。

3時間切りを目標にしてたので25km付近までは、キロ6分を切るペースで走ってましたが、給水が足りない影響が出始めてどんどんペースが落ちてしまったんです。

最後の1kmなんかキロ7分くらいまでに落ちてしまいました。

完走したあとが大変だった

完走直後に倒れるとかはなかったんですけど、膝にダメージがありました。

フォームの問題なのか膝の外側に違和感を感じるようになり、2~3日は痛みが消えなかったんですよね。

筋肉痛とかは一切なかったんですけど、やはり初心者には30kmはかなりダメージがあるようです。

しかも、30km走をした当日は、半日くらい汗が大量に吹き出て止まりませんでした。

知り合いに話したら、「脱水症状じゃない?」なんて言われましたが、別に体調も悪くなく、走り終わった2~3時間後には元気にトンカツを食べに行ってましたし(笑)

やっぱ脱水だったんですかね?

Tシャツが汗でびしょびしょになって二回も変えましたし。

個人的にはたくさん走ったから「脂肪が燃えてる」って思い込んでいました。

最後にまとめ

ランニングって辛い思いをしても、また走りたくなるから不思議ですよね。

誰かに褒められたわけでもないけど、「30kmを完走した」という達成感は最高でした。

ぜひ、これから30kmに挑戦する人は、僕みたいにならない為にも、しっかりと事前準備をして欲しいと思います。

栄養補給は本当に大事!

おわり。