yotaって誰?

初心者ランナーがネット情報を全て鵜呑みにしてはいけない理由

こんにちはyota (@yota_28351)です!

僕が全くの未経験からランニングを開始して二ヶ月が過ぎました。

まだまだ初心者ランナーなわけです。

で、ランニングに関する知識がないので、ネットで調べたりします。

自分で走るようになってから思ったんですが、かなり怪しい情報がたくさんあるんですよね。

「30代初心者ランナーが、三ヶ月で10km30分で走れた!」とかもありましたけど、このタイムなら市民大会で上位に入れるし、こんな短期間でこれだけタイムを伸ばすなんて隠れた逸材ですよね(笑)

こういった情報って、ランニングを始めたての頃は信憑性が低いのを気づけないし、内容を信用してしまって「自分はダメだ」なんて落ち込んでしまったりもします。

今回の記事では、僕と同じような初心者ランナーがネット検索する時に、気をつけておきたい所を紹介しようと思います!

僕がネットの情報を全て鵜呑みにしない理由

僕が初心者ランナーは、「ネットの情報を鵜呑みにするな!」と、伝えたい理由は僕自身が実際に信憑性の低い情報を信用してしまい、体を壊してしまった経験があるからです。

ランニング初心者が月間100km走りこむと体がぶっ壊れます。

よく、「ランニングはフォームが大切」だと言われますよね。

確かに大切だけど、走ることにすら慣れていない初心者が、フォームばかり気にしても走ること自体を続けられなければ意味がありません。

他にも、

  • 着地場所
  • 呼吸方法
  • 腕振り
  • 走法


などのランニングに関する様々な知識がネット上にはありますが、初心者のうちから意識しすぎると走りにくいし、何よりもランニングを楽しめません。

初心者ランナーにとって、大事なのはランニングを楽しみながら継続することだと思います。

ランニングに関するテクニックは、走り慣れてから意識すれば良いのです。

僕も最初から、呼吸やランニングフォームに着地とか、意識してましたが、どんどん変化して最初とは全く違います。

それに、今は自分で走りやすいスタイルでランニングしてますが、順調にタイムは伸びてるので、しばらくはこのスタイルでいこうかなと。

「伸び悩んだらネットで検索すればいいや」って感じですかね。

もちろん、ランニングを本気でやりたい人は、トレーナーに教わったりるするのもありだと思いますよ!(費用はかかりますが)

データを載せている

よくあるのが情報発信者が、「〇〇な練習をしてタイムが伸びました!」みたいなのあるじゃないですか。

ここで、気をつけておきたいのが距離とタイムだけしか載っていない場合。

中には真実を記載している人もいると思いますが、嘘を書く人もいるのがネットの世界です。

なので、信憑性を確認するためにもしっかりと、データを載せてある情報だけを信用しましょう。

本格的にランニングを趣味にしている人なら、ランニングウォッチは持っているはずなので、ラップタイムまで計測できます。

[初心者推薦]初心者のランニングウォッチはガーミンで決まりだ!!

走っている人だとわかると思いますけど、最終タイムもそうですが、ラップタイムが一番気になりません?

「ペースは落ちてないのか?」「前半から飛ばした?」「後半から飛ばした?」など、ランナーならではの疑問がたくさんあると思います。

信憑性が高い情報を発信してる人は、そういうランナーならではの気持ちも理解しているので、しっかりとデータも載せているんですよね。

僕もブログでランニング記事を書く時は、読者さんに信用してもらえるように、データを載せていますし。(恥ずかしい走力ですが・・・・)

商品リンクだらけ

これは僕自身がブログを書いているので感じることだと思います。

「ランニングブログ」と、称して商品リンクだらけのブログありますよね。

あれって、商品売りたいから誘導してるんです。

まぁ、僕の場合は収益化をあまりしていないので、ぶっちゃけちゃいますが(笑)

そこでも初心者ランナーは全て鵜呑みにしてはいけません。

よくあるのが、「初心者ランナーの靴の選び方!」みたいなの。

こういう記事を書く人で、選び方のポイントだけを紹介してくれているなら良いと思いますが、「私は初心者ランナーにはこの靴がオススメです!」なんてのは怪しい場合があります。

信憑性を確認する為にも、先ほど話したランナーとしてのデータや、プロフィールにしっかりと経歴が載せてあるかを確認しておくべきです。

中には「高い商品が売れれば良い」なんて人いますから!

なので、自身が調べたランニングに関する情報ページが、商品リンクだらけの場合は気をつけましょう。

走歴を載せているか

「週一のトレーニングで初心者がフルマラソンを4時間で走った!」なんてのを見かけたことがありますが怪しくないですか?

フルマラソンで4時間っていったら、約42kmをキロ6分で走り続けても間に合いません。

初心者のあなたが半年後に、「フルマラソンで4時間切れ!」なんて言われたら厳しいですよね?

しっかりとトレーナーをつけて、毎日トレーニングできる状態だったら可能性はあるかもしれませんが、働いている一般社会人はそうもいかないと思います。

こんな感じで、短期間で結果を出しているランナーの情報は、走歴を確認するべきです。

「何年も走っていない」と言いながら、陸上経験者とかいるんですよね。

いくら走っていないとはいえ、初心者ランナーよりかは走力あります。

あまりにも高い成果を出している初心者ランナーの情報は、走歴を確認すると良いと思います。(走歴まで詐称してる可能性もありますが・・・・)

発信者が実際に試したことであるか

ランニングのトレーニング方法もたくさんありますよね。

ここでも、信憑性を確認する為に「実際に試したのか?」を確認しておくべきです。

中には、ネットで情報を集めてまとめたものを発信しているだけの場合もあります。

こんな時でも、「トレーニング中の動画や写真が掲載されているか?」「データがあるか?」「ちゃんとした走歴がある人なのか?」などを確認して出来る限りの確認はしたいものです。

トレーニング方法によっては、故障をしてしまう恐れがあるので、とくに注意したいですよね。

トレーニング方法って、人によっては真逆なことを言ってる場合もあるので、ネット検索する時にはとくに注意が必要だと思います。

最後にまとめ

今回は初心者ランナーの僕が、素直にネットの情報を信用してしまい、失敗した経験からこの記事を書きました。

同じような初心者ランナーさんの参考になると嬉しく思います。

いやー、ランニングって楽しい!

おわり。