yotaって誰?

行動に対して対価を求めることの気持ち悪さについて。

こんにちはyota (@yota_28351)です!

「それって自分にメリットがあるのか?」のように損得感情が働いてしまう時が誰にでもあると思います。

会社のように利益を出し続けなければいけない場合は、当たり前のことでありますが。

全ての行動に対して求めてしまっている人がいるのではないでしょうか。

僕も「これはメリットがあるのか?」と、日常で考えてしまうことがありますが、メリットがなくても過程を楽しむようにしています。

個人的には自身の利益だけを求めて、人生上手くいくとは思えないんですよね。

やはり損得感情抜きの行いがあって、利益が帰ってくるんじゃないかと。

そんなわけで今回は、「行動に対しての対価」について考えてみたいと思います!

行動に対しての対価はサラリーマン脳

自身の行動に対して何かしらの対価を求めてしまうのは、サラリーマン的思考が強い感じがしますよね。

会社に労働を提供する変わりに、「給与」という対価が支払われていますし。

でも、結局は収入を得るからには何らかの労働はしてしまうんですよね。

労働の意味を見てみると、

《名・ス自》体を使って働くこと。特に、賃金(ちんぎん)・報酬を得るために、体力や知力を使って働くこと
参照

上記を見てもらえば分かるように、労働は体力や知力を使うことです。

誰かに金銭を与えてもらって、生活をしているなら労働をしてないことになると思います。

しかし、どんな形であれ何かしらの収入を得る作業をしてしまえば、「労働」になってしまうのです。

僕たちは日頃から、生活していく上で欠かせない収入を得る為の行動に対して、報酬を得てしまっているので「行動=対価」のように考えてしまうのではないでしょうか。

相手の立場でも考えてみる

自身のメリットばかりを追求していると、相手に不快な思いをさせてしまうこともあると思います。

事あるごとに、「それは自身にメリットがあるのか?」なんて確認してたら、気持ちよくありませんよね。

日常生活で続けていれば、「損得感情で動く人」というイメージを持たれ周囲の人達が離れていってしまうこともあるかもしれません。

自己メリットをもらうのであれば、相手側にも何か与えられるものがなければ、いつか関係は崩壊してしまうでしょう。

僕の職場には誰に対しても親切な人がいますが、そういう人はやはり信頼が厚いですね。

誰に対しても平等に接するのって本当に難しいことだと思います。

価値のないものは安くても売れない

行動に対して何らかの対価を得るということは、少なからず「自分の行動には価値がある」というニュアンスが含まれているのではないでしょうか。

しかし、人は何の価値を感じないものに対価は一切支払いません。

よく「自分を安売りしない」ってありますが、そもそも能力がない人がやった所で、安くても売れないのが現実でしょう。

セルフブランディングで、自分の価値を高く見せる為に行ったりする場合もあるかもしれませんが、実力がなければすぐにメッキが剥がれてしまいますよね。

行動に対して対価を求めるのであれば、自身の市場価値を高める必要があります。

自らメリットを求めるのではなく、自然と付いてくるのが理想なのではないでしょうか。

メリットばかり考えると行動が制限される

メリットを行動の基準に置いてしまうと行動が再現されてしまうように思えます。

例えば、何か新しいことを始めるにしてもメリットを感じなければ、行動に移すこともないです。

リスク回避としては良いかもしれませんが、新しいことにチャレンジしないというのは、現状を変化させない状況を生み出してしまいます。

こうなってしまえば、いくら行動に対して対価を求めても得られるものが、限定的になってしまいますよね。

大きな対価を手にしたければリスクも覚悟の上での行動が重要になってくるのではないでしょうか。

与えると返ってくる

個人的にはメリットを受け取りたいのであれば、「返報性の心理」が一番だと考えています。

「何かしてもらったらお返しをしなきゃ!」って心理のやつです。

これは自身のメリットだけを追求している人意外なら、誰もが経験したことがはず。

とにかく恩恵を受けたいのであれば、相手に与えることなのではないでしょうか。

当ブログでいうと、今では固定読者さんや相談者さんが一定数いますが、これも無償で運営してきたからだと思います。

中には一部のコンテンツや相談に料金を取っているブログもありますが、うちのブログは「僕と同じ境遇の人達の手助けをする」というスタンスなので料金制にはしていません。(2018年1月現在)

まだまだ僕は読者さんにできる限りのことを与えるべきだと考えています。

最後にまとめ

今回は、「行動に対しての対価」について考えてきましたが、やっぱり僕は損得で動くのは好きじゃないですね。

世の中、自身のメリットを優先させて生きていた方が賢いのかもしれないけど、人間味のある付き合いが良いと思います。

当ブログにも質問だけして、自分の欲しい情報だけもらったら音信不通になる人達もいますが、それでも僕は誰に対してもブログでは何かしらを与えるように続けていきたいと思います。

あなたは損得でいきますか? 与える側で生きますか?

おわり。