yotaって誰?

転職経験がないと自身の市場価値を客観的に見れない

こんにちはyota (@yota_28351)です!

「一つの会社に定年まで勤め上げるのはいいこと」みたいなのあるじゃないですか。

僕は反対の考えで、転職はたくさんした方がいいと思っています。

転職回数が多くても、自分の満足する雇用条件だったら、「転職回数自体」は気にする必要はないんじゃないかと。

むしろ、何度も転職を成功させている方が価値があると思いますね。

で、転職経験がないのに「自分は仕事ができる」と思っているような人っているじゃないですか。

自信があるのはいいんですけど、転職経験がないと自分のレベルを客観的に見れないんですよね。

というわけで、今回は「転職経験と市場価値」について考えていこうと思います!

社内スキル

転職経験がなくて一番気をつけたいのが、「社内スキル」だと思います。

自分では「それなりにスキルがある」なんて思っていても、社内でしか通用しないスキルとかあるんですよね。

僕は今の職場は転職して入ったんですが、この職場しか経験のない勤続20年くらいの人がいますが、典型的な「社内スキル」で、おそらく他の職場では通用しないと思います。

それでも、勤続年数が長いので、社内では超ベテラン扱いです。

やはり職場によっては、同業でも業務内容によってスキルが変わってくるんですよね。

転職を経験したことがないと、どうしても客観的な自分のスキルが分からないし、「自分は他でも通用する」などの過信にも繋がるわけです。

簡単に社内スキルを見分ける方法として、転職サイトなどで同業種の「経験者募集」を探し、業務内容を確認すると今の仕事スキルが他でも必要とされているのかの判断がつきますよね。

収入が上がる場合もある

僕は以前の職場でリーダー経験がありますが、業務内容と収入があってないように思っていて「転職したら絶対に収入が上がる!」という謎の自信があったので転職しました。

そしたら、一年目から年収が100万くらい増えたんですよね。(前職少なすぎ!!)

こんな感じで、転職によって収入を上げることも可能なわけです。

自分の業務レベルと収入が見合わないと感じたら、転職してみるといいかもしれません。

でも、逆に今の職場で待遇されているのに気付かないで、転職してしまうと下がってしまう可能性もありますよね。

収入面は面接の時に必ず確認しておいた方がいいです。

ちなみに僕の今の職場では待遇を良くしてもらっていますが、面接時に給料の質問ばかりしてたら、社長の機嫌を損ねてしまいました(笑)

確認は必ずした方がいいですけどほどほどに!

たくさんのスキルを身に付けることができる

転職の一番の魅力は「たくさんスキルを身に付けられる」ことだと思います。

一つの職場で学べないことを他で学んでいけるので、どんどんスキルが蓄積されていくわけです。

ここで気をつけなければいけないのは、「誰でもできるような業務内容を積み上げていっても意味がない」んですよね。

そもそも簡単に身に付けられるものはスキルとは言わないですよね。

なので、「転職しまくったからスキルありまくりだぜ!」なんて思っていても、簡単な業務しかやっていなかったら、ただ「職を転々」としている人とみなされて仕事が見つからなくなってしまう恐れがあります。

こうならない為にも、職場で学べる一番高度なスキルを学んでからの転職活動をした方が安心です。

僕は以前、待遇面に不満があったから辞めた職場があったんですが、仕事を覚えた途端に辞めたので、「産業スパイ」みたいな扱いを受けたことがあります(笑)

僕の勉強ノートとか没収されたんですよ!

社会が求めていることがわかる

転職活動をしていれば、不採用になることは誰にだってあることです。

その「不採用」という結果からも学べることはたくさんあります。

採用されなかったのには、必ず理由があるわけで、自分が狙っている業種の求めているものが知ることができるじゃないですか。

書類選考で不採用になった場合は難しいかもしれませんが、面接で落ちた場合は、理由を尋ねれば案外教えてくれたりします。

僕が以前、経験したのは「二十代前半で経験も数年あった」ので応募した職場に採用される自信がありました

しかし、結果は不採用だったんですよね。

理由を尋ねてみたら「他社の色がついているから嫌」「若い子を一から育てたい」との理由でした。

こんな感じで、不採用になる理由は企業によって違うので採用されなかった場合は、できるだけ確認するといいと思います。

最後にまとめ

今回は「転職経験がないと自分の市場価値がわからない」についてでした。

もうとっくに「最初に入社した会社を定年まで勤め上げる」って時代は終わってますよね。

転職回数がどんなに多くても必要とされる人材になりたいものです。

頑張らないと!

おわり。