yotaって誰?

学歴がない者の悩みは同じ!?ブログに多い相談トップ5

こんにちはyota (@yota_28351)です!

当ブログは中卒の僕が経験を発信していることもあって、同じような境遇の低学歴層の若者を中心に相談を頂くことがあります。

もちろん個人が抱える悩みは多種多様ですが、だいたいは同じような悩みなんですよね。

「学歴」ってどんなに時代が流れても、悩みの本質的な部分は同じような気がします。

今の若者も僕が10代だった10年以上前の悩みと同じようなものが多いです。

というわけで今回は、当ブログに寄せられる「相談トップ5」をご紹介します!

5位.正社員になりたい

20代半ばくらいの方で「正社員で働きたい」って方が結構います。

僕はありがたいことに就職してからは常に正社員でこれましたが、「派遣から抜け出せない」って若者達がいるんですよね。

僕のアドバイスとしては「求人サイトではなく、なるべくならハローワークで探した方がいい」と、毎回伝えています。

経験上ですが求人サイトは実際に働いてみると、「労働環境が悪い」なんて場合があるんですよね。

ネットで求人募集すればたくさんの人が集まるし、とくに学歴がなくて誰でもできるような職業だと尚更です。

「社員登用あり」の条件で入社してずっと派遣のままだってこともありえます。

なので、求人サイトに掲載されていないような「地元の企業」をハローワークで探すべきかと。

地元であれば通勤も近くなるし、地域での評判もあるので、ホワイトな環境の企業が多い印象です。

4位.学歴をバカにされる

いつの時代も同じなんですよね。

低学歴であるなら誰もが一度は、学歴をバカにされたことがあるでしょう。

僕がいつも言うのは「あなたがバカにされたわけではなく、学歴をバカにされただけだから気にする必要はない」です。

まぁ、自分自身も昔は同じような経験をしましたが、「学歴で優劣をつける人は何に対しても優劣をつける」って思うようになってからは気にならなくなりました。

そういう人と付き合ってても、他人の粗探しばっかなんですよね。

それに「学歴をバカにされる」って悩んでも、「低学歴」を選んだのは自分自身じゃないですか。

そこを気にしてたら自分自身を否定することになりますし。

3位.やりたいことが見つからない

「高校中退したけどやりたいことが見つからない」って若者も多いですね~。

とりあえず、皆さんアルバイトはしているようですが、イマイチ「本気になれるもの」がないようです。

このような若者達によく言うのが「やりたいことは自然と見つかる」なんですよね。

ひどい回答かもしれませんが、僕が「これやってみたら?」と勧めた所で、それが若者達の「やりたいこと」になることはまずないじゃないですか。

なので、無理に見つけようとせずに自然と見つけるのが一番だと思います。

後は「小さな目標を立てて、小さな成功を積み上げていくと、いつのまにかやりたいことが見つかる」かなと。

僕自身は将来の「やりたいこと」が明確になっていますが、小さな目標を積み上げてきたからなんですよね。

ぜひ、まだまだ将来がある若者達には小さな成功体験を積み上げて、やりたいことを見つけて欲しいです。

2位.稼げるようになりたい

「将来稼げるようになりたい!」という10代の子達がいますが、僕も稼げるようになりたいですよ!

なぜか僕は稼いでいるわけでもないのに、このような相談を受けるんですよね(笑)

まぁ、今の時代はネットがあるのでネットネイティブの若者は、労働よりネットの方が稼ぎやすいかもしれません

未成年だとネットビジネスなどはやりづらいかもしれませんが、知識だけでも蓄えておけば、将来的に稼げるようになるのではないでしょうか。

それに、学歴がなくて話題になる若い起業家は、ほぼネットビジネスをしてますよね。

1位.学歴が悩み

今も昔も「学歴が悩み」って人は必ずいるんですよね。

当ブログに寄せられる「学歴が悩み」って相談者さんは、10代~50代くらいまでの幅広い年代となっています。

すごいですよね。

年齢が関係ない共通の悩みって「学歴」くらいじゃないですかね?

学歴は年齢を重ねてからでも取得できますけど、一度レールから外れてしまったら、ほぼ同年代と同じ人生を歩むのは無理です。

だったら、若いうちは自分の武器になるような自己スキルを磨いて、「余裕ができたら学歴を取得すればいい」と僕は思いますけどね。

最後にまとめ

今回は「ブログに多い相談トップ5」のご紹介でした。

学歴がないと誰もが同じような悩みを持つことが多いと思います。

僕自身もそうですが、学歴がないものが社会で生き抜いていくには、何かしらの武器が必要なのではないでしょうか。

自分だけの強みを見つけたいものです。

おわり。