yotaって誰?

やはり人生を変えるのは自分の行動次第。コツコツ行きますか!

こんにちはyota (@yota_28351)です!

誰もが自分の理想を抱き、「人生を変えたい」と頑張っていることだと思います。

僕も貧困から中卒社会人になり、「今より少しでも良い人生を!」というような気持ちで頑張ってきました。

でも、「人生を変化させる」のって、ものすごい労力がかかるし、時間も必要になってくるんですよね。

一発逆転を狙うより、何事もコツコツ続けるのが一番の近道なんだと、つくづく思います。

今回は、「人生を変えるにはコツコツが一番」って話です。

コツコツが一番な理由

「コツコツ続けること」ほど大変なことはないだろうし、大切なことはないのではないでしょうか。

例えば、僕は貧困で中卒社会人になったわけですが、「低学歴」を選んだ背景には「貧困」があったわけです。

しかし、社会では「勉強をコツコツ続けることができない者」というレッテルが貼られ、非常に社会的価値が低くなっています。

逆に高学歴者は価値が高くなっているわけです。

このように社会では「コツコツ続ける」ということに価値が集まるんですよね。

学歴ではコツコツ続けてこられなかったんですが、僕は趣味の自己啓発をコツコツ続けることによって、人生を少しずつ変化させてきました。

働きながら勉強を定着させる為に僕が捨てたもの。自己啓発を7年継続中!!

自己啓発を通して通信制大学に通ったり、webを学んだりしてきたからこそ、仕事や副業に役立つ知識を身に付けられたからこそ、低学歴でも生き抜いてこれたんだと思っています。

一発逆転は脆い

よく「人生を一発逆転してみせる」って人いるじゃないですか。

僕は自分で予想もつかない一発逆転は、地に足がついてない感じがするので、危険すぎるのではないかと。

あるあるなのが「宝くじ」ですよね。

大金を受け入れる器のない人が、高額当選を機にどんどん身を滅ぼしていくのとか。

野球のように最終回で、一発逆転してゲームが終わる状況であれば良いでしょう。

しかし、「人生」のような先の長いものの場合、一発逆転した後が一番怖いと思います。

どうしても、一発逆転は「運」が絡んでくるので、実力以上の結果が出てしまうと、地に足がつかず身を滅ぼしてしまうのではないでしょうか。

コツコツ続けてきた場合だと、急激な変化はないので、自分自身の速度で変わっていきますよね。

だからこそ、しっかりと地に足がついた状態で、周りの景色もよく見えて、変化に対応できるんだと思います。

行動で全て変えられる

「人生はそんな簡単に変わらない」

よく聞くことですよね。

しかし、本当にそうなんでしょうか?

僕が思うには「変化」を自ら避けているからだと思います。

例えば、仕事を変えるだけでも、今までと違った人生になってきますよね。

通勤する場所も変わるし、出会う人や経験できることも変わってくるわけですし。

「人生を変える」っていうと、物凄い大変なことのように感じますが、小さな変化を積み上げていくことで、大きな変化が起こせるんだと思います。

なので、僕は変化を起こしたい物事に対しては、積極的に今までと違う選択肢を取るようにしていますよ!

最初はいつもと違う選択をすることに違和感がありましたが、慣れてくると選択一つで状況が変わることが面白いです。

過去を見ながら前に進む

人生は過去を見ながら前に進んでいるように感じています、

「人生を変えたい!」って思う時は、過去の経験からくるものであって、今現在が充実していれば考えに至らないはずです。

理想に向かってコツコツ続けるってことは、過去を見ながら前に進んでいくわけで、過去が見えなくなるくらい進んだ時に変化が起きるのではないでしょうか。

「過去に囚われるのは悪いこと」みたいな話もありますけど、僕はコツコツ続けて変化をする為にも、過去を見ながら前に進むのが良いと思いますけどね。

だって、前だけを見て進んでたら途中で道を間違えても、気づかずに突っ走ってしまうじゃないですか。

過去を見ながら進むことによって、しっかりと舵取りができるはずです。

最後にまとめ

今回は「コツコツ続けること」について書いてきましたが、改めて大切だなと実感しました。

このブログは大したアクセス数はありませんが、コツコツ続けてきたからこそ、今では様々な方達から相談を頂けるようになりましたし。

これも「コツコツ」のおかげですよね。

これからも、いろんなことに対してコツコツ続けて、どんどん変化できるように努力したいものです。

頑張らなくちゃ!

おわり。