yotaって誰?

21歳で「早い」と言われながら結婚した僕がお届けする、覚悟しておくべき早婚あるある

こんにちはyota (@yota_28351)です!

僕が結婚したのは社会人6年目の時でした。

これだけで聞くと、「え? そんな早くないのでは?」と感じてしまうかもしれませんが、僕の場合は中卒から働き始めたので、社会人6年目の時でも21歳だったんです(笑)

というわけで今回は、「早く結婚したい」と考えている人の何か参考になればと思い、僕が経験した早婚あるあるを紹介します!

MEMO
親から資金援助を受けたり、子供の面倒を見てもらったりは一度もないので、周囲に協力者がいない場合の体験です。

マリッジブルー

女性はマリッジブルーになりやすいですよね。

僕のパートナーも結婚が決まり籍を入れるまでの間は、とても悩んでいるようでした。

そりゃ、そうですよね。

当時僕は21でパートナーが20だったので、将来への不安があったと思います。

1~2ヶ月くらいは悩んでいる様子で、一緒にいてもそっけない感じでしたね。

こういう時は、僕はそっとしておくのが一番だと思ったので、何も余計なことを言わずに気持ちが晴れるのを待ち、その後婚姻届けを提出しました。

マリッジブルーは誰もがなる可能性があるので、万が一なってしまっても、焦らずに考えるのが一番の解決だと思います。

とくに男性側は結婚を急かせるようなことはしない方がいいでしょう。

生活していくのに欠かせない収入

早婚で一番悩み所なのは、「収入が低い」ってことなんですよね。

当たり前なんですが、起業でもしていない限り、20歳くらいで高給のサラリーマンなんて普通ではありえません。

ここをしっかりと考えておかないと、結婚後に生活が厳しく、楽しい生活も辛いものになっていきます。

夢がないようですが、「お金がなくても好きな人となら平気」なんてのは、新婚の時くらいですよ?

男性側で危険なのが一方的に、「共働きにすれば良い」なんて思っていても、パートナーが働きたくない場合もあるので要注意です。(専業主婦が良いって人もいます)

僕の場合は残業して収入を上げていましたが、それでも当時の年収は380万くらいだったので、全然余裕がありませんでした。

独立して家庭を持つのってお金がメチャメチャかかるんですよね。

家賃や住宅ローンがなければ生活は楽なんですが、援助でも受けない限りここは避けて通れません。

結婚する前にある程度の生活費用は考えると思いますが、そこにプラス1~2万円は必ず計算に入れておいた方が良いですね。

必ずイレギュラーな支出ってありますから。

まだまだ遊びたい年齢

早婚でありがちなのが、年齢が若いこともあってか、遊びたくて仕方ないんですよね。

お互い理解があるのなら、良いかもしれませんが、ない場合は気をつけた方が良いでしょう。

考えてみてください。

自分が生活費を稼ぐ為にに必死に働いたお金で、夜な夜な遊び回って、生活はどんどん困窮していく。

確かに息抜きに遊んだりするのは大切ですが、限度を超える遊びは必ず、夫婦生活に支障をもたらします。

要は独身の時と同じような遊びスタイルは良くないってことです。

早婚の割合は少ないので、独身の友達と同じように遊び回れないのが、辛いかもしれません。

鬼ごっことか隠れんぼして遊ぶなら、毎日でもお金が必要としないので大丈夫だと思います。(すみません・・・・)

遊びでのお金に限らず、遊んでばかりで家のことを一切やらないのも、トラブルの原因になりますね。

旦那が何もしない?あなたが優秀すぎるからダラダラ夫になるんですよ!

親になるという自覚

早くに結婚すれば、子供を持つのも早くなる可能性がありますよね。

しかし、早くに子供を持って、「親としての自覚」が低い人がいるように感じます。

子育て経験がないと想像がつきにくいかもしれませんが、本当に大変です。

とくに目が離せない頃は、常に神経を張り巡らせていなければいけませんし。

このようなことの積み重ねで、育児ノイローゼになったりする人もいるくらいです。

僕が思うに、「子供を持つなら自分の時間を犠牲にする」くらいの覚悟は必要なんじゃないかと。

育児に息抜きも必要ですが、自分の遊びを優先したいなら子育てには向いてないと思います。

夫婦のどちらかが育児に参加しないだけで、パートナーにものすごい負担を強いられるのです。

けれど大変な部分も多い分、子供は本当に可愛いし、成長を目の当たりにできるので親も学ぶことができるんですよね。

それに、完全個人的ですが赤ちゃんのほっぺは、プニプニしてて気持ちいいんですよね(о´∀`о)

僕はいつもプルプルしてました(笑)

最近ではすっかり成長した息子(小六)のほっぺをプルっと触ってみると、

息子

え? キモイんだけど?

・・・・

yota

ですよ!?

周りの親達とのコミュニケーション

早く結婚して子供を持つということは、「周りの親達」との年齢差がある場合がほとんどです。

コミュニケーションが得意な人ならいいかもしれませんが、ママ友同士の年齢間でいろいろとあるらしいんですよね。

僕のパートナーが苦労していましたが、だいたい10歳くらいは年齢が違うし、離れている人だと20近くとかになるので、コミュニケーションを取ろうにも話題が全く合わないようでした。

近所の仲の良いママ友同士なら気兼ねなく話せるようでしたけど、保育園や小学生になると、「派閥」みたいなとかできてしまったり苦労はあるようです。

子供の行事とかで学校に行くと派閥みたいのが遠目からでもよくわかります(笑)

全てじゃないと思いますが、僕の周りでは学校のPTA活動で若いママさんが、年上ママさんに「こき使われている」ような話を聞いたことがあるので、早く子供を持つなら親同士のコミュニケーションもしっかりとするようにした方がいいのではないでしょうか。

子供の年齢を言うと親の年齢を計算される

よく子供の年齢を聞かれたりすることってあります。

昔からなんですけど、「〇〇歳です」と答えたら、必ずと言っていいほど計算されるんですよね。

毎回このやり取りすると結構ウンザリします(笑)

早く結婚するのが不安って人へ

中には、「早く結婚したいけど不安」って人もいると思います。

しかし、結婚が全てじゃないし、「結婚する」「結婚しない」は個人の自由です。

それに例え、早婚で失敗したとしても、やり直しが効きやすいんですよね。

20歳で結婚して、10年後に離婚したとしてもまだ、30歳ですから。

今の時代、離婚している人はたくさんいるし、結婚しない人だってたくさんいるのだから、不安になることはないと思います。

離婚を前提に結婚するのは良いと思いませんが、「いつでも離婚できる」くらいの気持ちでいた方が気が楽だと僕は思いますね!

実際に僕の周りでも、「そんな理由で離婚したの?」って夫婦もいますし、価値観は人それぞれなのです。

当ブログの早婚記事一覧

当ブログの早婚記事を参考にしてくれている方が多いので、こちらにまとめておきます。

他にも「こんな記事書いて欲しい!」というのがありましたら、お伝えください!

早婚事件簿をnoteでまとめました!

今では平和な日々を送っている我が家ですが、過去には様々な出来事がありました。

その時の僕自身のリアルな体験を「早婚事件簿」としてnoteでまとめたわけです。

第一弾は「仕事のはずの妻が男性と・・・・」を公開中です!

早く結婚すればあなたも同じ経験をするかも!?

追記
購入者さんから「内容がリアルすぎ」「衝撃的」のような声を頂いております。地味に需要が上がってきたので、今後値上げ予定です。480円の今のうちに興味のある方はどうぞ!!

最後にまとめ

よく聞かれるのが、「早く結婚して良かった?」なんですけど、見方によって半々な感じですかね。

20代の頃はお金で苦労したから、もうちょっと遅くても良かったなと思ったり、

子供は年齢も近く友達みたいに遊べるので良かったりと、悪いとこも良いとこもあるので、一概には言えない感じです。

まぁ、でも今は40代前半には子育てが終わるので、遊びまくってやろうと楽しみにしております。

早婚について何かありましたら、お気軽にご相談くださーい!

おわり。