yotaって誰?

家族全員「中卒」から学ぶ低学歴になりやすい家庭環境

こんにちはyota (@yota_28351)です!

突然ですが、みなさんの家族の学歴ってどうなっています?

高学歴な家庭であれば、家族全員同じように高学歴であったり、低学歴であれば同じように低学歴なのではないでしょうか?

近年ネット界隈では、「学歴は必要ない」って、言う高学歴起業家が増えてきていますが僕は必要派ですね。

彼らの言い分としては「早期にやりたい事を見つけたり、起業をするべき」らしいんですが。

そもそも、「中卒や高卒の未成年では誰かのバックアップがなければ何もできないのでは?」と、思ってしまうんですよね。

で、話を戻すと、同じ環境下の元で生活をしてる家族って同じようなタイプになりやすいんです。

ちなみに僕の家族は、両親兄弟共に「中卒」です。

今回は、「自分の子供が低学歴になったら嫌だ」「進学したくない自分って考えがおかしい?」「なんで自分は低学歴なんだ?」と、疑問や悩みがある人の何か参考になる部分があると思うので、「家族全員中卒」の環境で育った僕が低学歴になりやすい家庭環境を紹介します。

自分が子供を持つ立場でもあるので、親としての視点も伝えますね!

親の経済力

低学歴になりやすい一番の原因は何と言ってもこれでしょう。

僕の家庭では内職で生活費を稼いでいたので、習い事などの教育にお金を使う余裕はありませんでした。

周りの友達の影響で、「塾に行ってみたい!」と何度も言ったことがありましたが、「うちはうち、よそはよそ」で行かせてもらいませんでした。

結局はこんなやり取りが続いたせいか、勉強にどんどん興味がなくなっていったのを今でもハッキリと覚えています。

実際に自分で子供を持ってみるとわかりますが、子育てってお金が掛かかります。

でも、いくら家庭が苦しいとはいえ子供が「やってみたい!」ということに頭ごなしに「ダメだ!」というのもおかしい気がします。

例え、経済的理由であったとしても、通常の生活ができないレベルまで困窮してしまうのは、「自分達がリスク回避を怠ってきた部分もあるのでは?」と、自ら家庭を持ち生活するようになってから感じています。

一生安泰なんて今も昔もありません。

結局僕は、21歳で結婚して家を出るまでに中卒で働き始めてから、300万円以上両親に生活費を渡しました。

でも、他人からしたら「親孝行したんだから良いじゃん!」と、言われますがあまりにも同年代と違う生活に、「やっぱり普通に進学して普通に就職とかできたら良かった」と思いました。

「貧困家庭は子供の心を豊かに育てよう!」あなたは子供に同じ道を歩ませたいですか? 21歳で「早い」と言われながら結婚した僕がお届けする、覚悟しておくべき早婚あるある

学歴に対する考え方

学校や学歴に対する考え方を家で話題にすら出てこなければ、親が関心がない可能性は高いです。

子供の考えは親の考え方に影響されてしまうので、家庭で「学歴は必要ない」となれば子供も同じような考えになってしまうでしょう。

僕の家では両親共に中卒であったせいか子供の頃、教育に関する話題が出た記憶が全くありません。

「高校に行かずに働く!」と、伝えた時でさえ話し合いにはなりませんでした。

一番何度も言われたのが、「勉強なんかできなくても、健康だったらいくらでも働ける」です。

もうこれって完全に「働く=肉体労働」って考えですよね?当然、父親も肉体労働者でしたし、僕も兄弟も肉体労働者でございます・・・・

自分の子供には、できる限り人生の選択肢が持てるようになって欲しいので、「大学までは必ず行って欲しい」と、うるさいくらい日頃から言っています。

僕の時代はなかった気がしますが、今は小学校で、「中学、高校、大学、大学院」について、学ぶ授業があるようです。

これは良い授業ですよね。僕のように家庭で学歴について話さない人にとっては、学歴に対する考え方を身に付けられる機会でもありますし。

肉体労働の本当のメリット・デメリットを15年以上の経験から語ってみる

子供への関心

親が子供への関心が低ければ、学歴どころか教育自体が不十分になってしまうでしょう。

みなさんも見た事あるかもしれませんが、「あそこの家、子供の面倒ちゃんと見てるの?」なんて思ってしまうような家庭ありますよね。

家庭問題ってデリケートすぎて、他人が口出しできない部分が強いのではないでしょうか。

子供の同級生で、いつもヨレヨレの洋服に汚れた身なりの子がいるんですよね。(髪ボサボサ。爪長い。臭いキツイ)

でも、母親はメチャクチャキレイな格好してるんです。

これでも、「子供の面倒見てますか?」と聞けないのが現実です。

僕が子供の頃は、貧困のせいか家庭内は常にどんよりした雰囲気で、何かと欲しい物や意見を言ったりすると、「うちは子供中心じゃねぇ!!」と、言われましたね。

思い返してみると、これってわざわざ子供に言う必要ないですよね。

こういうことを言われ続けると、「家では何を言っても無駄」「自分の意見や考えは通らない」となってしまいます。

実際、僕もそうなりましたし。(諦めが悪い性格なのでしつこく言っていましたが、いつも玉砕でしたw)

こんな感じで、子供への関心が低ければ学歴に対する考え方なんて伝えません。

僕は子供の頃、「自分の意見が聞いてもらえない辛さ」を経験しているので、子供達には、「言いたいことは言ってみな」「大人だって間違ったりするんだから、自分の意見は言っていいんだよ」と伝えています。

最近では、僕はめんどくさがりな性格なので何かと、「お父さん、こうやってやった方がいいよ!」なんて子供に突っ込まれまくりですw(迷わずに自分の考えや意見を言ってくれているようです。)

めんどくさがりな性格は人生損している!22の損をご紹介

マイナス思考

親がマイナス思考であれば、子供に対してもマイナスな発言ばかりで悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

当然、学歴の話もマイナスな言い方で、子供に話せば「学歴は別に必要ない」などと感じてしまったりしまう可能性が十分にあります。

僕が子供の頃は、「足し算と引き算ができれば生きていける」「勉強なんかできなくても働ける」「勉強できたって金にならない」という考えの両親の言葉を日頃から聞いていたので、本当に必要性を感じていませんでした。

勉強や学びは必要だと感じたのは、中卒で働き始めてからでした。

それからは自分でいろいろと勉強をしているわけです。

社会に出てからこそ、勉強や学びは必要です。

なので、子供達には「勉強する習慣は大事」「勉強ができて損はしない」「勉強していれば、なんだってできるようになる」などと、良い面を伝えるようにしています。(上手く伝えられていませんがw )

働きながら勉強を定着させる為に僕が捨てたもの。自己啓発を7年継続中!!

家庭内でダメなら学校や友達に

僕の経験から言うと、家庭の影響で学歴に対する意識が低くなるのは非常にもったいないです。

学歴の重要性を知った上で、自ら低学歴の道を選ぶならまだしも、「知らぬまま」というのは一人の若者の将来を潰しかねません。

大人になっても学歴は取得可能ですが、社会人になってからは学歴以外の個人スキルも磨いていかなければならないので、できるなら学歴の為の勉強は避けたいところです。(数年単位で時間がとられます)

で、問題は家庭がダメなら誰に学歴について教わるか?

やはり、一番は学校ですかね。

学校の先生はまず低学歴ということはないでしょう。

教員免許取得したりと、昔から勉強を続けてきた人達です。

まぁ、おそらく大半の先生が、「学歴は大事」と言うと思いますが、聞いてみる価値は十分にあります。

他にも、当たり前のように勉強ばかりしている同級生とかに、「学歴ってどう思う?」なんて聞いたりするのもよいです。

子供の頃から勉強を当たり前にしている人達って、家庭で勉強や学歴に対する教育をしっかりと受けていたりするんですよね。

それに勉強を一生懸命やっている人達って、「なんの為の勉強か」を理解していたりします。

小学生の頃、仲が良かった子が勉強ばかりしていたので、「そんなに勉強楽しい?」と質問をしたことがありました。

その時に返ってきた答えに、僕はすごく友達が大人に感じたのを覚えています。

「勉強? んー。 別に楽しくないかな?」 「将来、お母さんがやっている塾の先生に僕もなりたいから勉強してるんだ!」

どうですか?子供の頃から勉強する目的が明確になっていたんです。

このように、子供でも勉強に対する意識が高い人達もいるので、学歴について質問してみると参考になるかもしれません。

最後に

もし、学歴について相談する相手がいなかった、遠慮なく僕に連絡ください!

中卒で社会に出た当初、誰にも相談できなくて辛い思いをしてきたので、気持ちはよくわかります。

相談についてはこちらに詳しく書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください