yotaって誰?

「早婚はバカなのか?」いやいや、聞くほうがバカなの?

こんにちはyota (@yota_28351)です!

先日、うちのブログに「早婚はバカ」という検索ワードあったので、21歳で結婚した僕がお答えしましょう。

人それぞれ考えがあると思いますが、早く結婚することを決意した人をバカにするもんじゃないですよね。

まぁ、でも「結婚するの早いね」なんて周りが興味を示すのは最初だけです。

10年もすれば「早婚」だろうが「晩婚」だろうが、自分も周りも誰も気にしないし話題にもなりません。

そんなわけで今回は、「早婚はバカなのか?」についてです。

なぜバカだと思うのか?

なぜ「早婚はバカ」という発想になるんですかね?

このような考えがあるのかもしれません。

  • 若いうちは遊ぶべき
  • 家庭を持ったら自由がなくなる
  • 金銭的問題
  • 決断を急いでいる


などなど。

「早婚はバカ」って思ってしまうのは、自分の価値観だけで判断してしまうからではないでしょうか。

中には自身が早く結婚して失敗したから、「早婚はバカ」になったかもしれません。

しかし、自分と他人では全く違うわけです。

僕の場合は早く結婚した人にありがちな、「親からの援助」は一度もなかったので、自分の力で家族を養ってきました。

その過程で、仕事に対する「自分の在り方」を見つけられたので、早く結婚して良かったと思います。

もし、結婚していなかったら適当に職を転々としてたかもしれませんし。

仕事に限らず、早く結婚したことによって、得たものはたくさんありますね。

早く結婚して子供に恵まれれば社会貢献じゃない?

早婚で早い段階で子供に恵まれれば、社会貢献になりますよね。

今の日本は少子化が問題になっているじゃないですか。

それに子供を育てるのにだって、お金がかかるので、親たちは必死に働くので労働力の確保ができますよね。

これが、独身で親に養ってもらってる人だったら、必死には働かないかもしれません。

職場の社長の息子は、30超えるまでまともに働いたことがなかったんですが、現実にそういう人はいるのです。

別に否定するわけじゃないですが、40代や50代になっても親に頼ってる独身の人いますよね。

本人達は「親の面倒を見てる」なんて言ってますが、年老いた親に身の回りの世話をしてもらうのは、如何なものかと思います。

上手く行ってれば人に羨ましいがられる

早婚って失敗すると、「早すぎなんだよ」とか「まだ子供なんだよ」とか言われたりするんですが、上手く行ってると周りにもの凄い羨ましがられたりします。

僕も結婚した当初は周りからいろいろ言われましたが、最近では「良いなー」って言われることの方が多くなってきました。

「早婚は苦労する?」というより色々周りに言われます。ショックだったものをご紹介。

とくに生活が安定して子供が大きくなり、手がかからなくなった頃くらいから、良い反応を頂けるようになってきましたね。

今、同世代の人達が育児に追われ始めてますが、僕は子育てや時間にゆとりがあるわけですから。

乳幼児の育児真っ只中の知り合いからはよく、「自分の時間が持てて羨ましい」ばかり言われます。

まぁ、その分周りが遊んでた頃に僕は育児始めてましたけど。

世の中「結婚できない」人もいる

「早婚はバカ」という意見もありますが、世の中には結婚願望があってもできない人だってたくさんいます。

そういう人からすると、結婚できるだけでも「貴重な経験」ができているのではないでしょうか。

「結婚」は一人でできるものじゃないので、経験できるだけでも有り難いですよね。

まぁ、苦労はありますけど。

早婚で良かったと思う

僕は結婚が早くって良かったと思います。

もちろん、当初は苦労もたくさんありましたが、他の親達よりも子供とは年齢が近いので、共通の趣味も持ちやすいですし。

[小学生]息子とコミュニケーション取りたい父親が身に付けておきたい遊び知識

後は、早い段階で将来設計を考えるようになったのも早婚のおかげです。

もし、僕が独身だったら今みたいな規則正しい生活はしてなかっただろうし、仕事すらまともにしてなかったでしょう(笑)

このブログも誕生してなかったはずです。

早婚最高!!

最後にまとめ

今回は「早婚はバカ」についてでしたが、結局のところは自分で経験してみないと分からないんですよね。

どんなにネットで調べようが、他人が経験したことで、自分が幸せになれるわけがないんですから。

何か早婚に関する相談がありましたら連絡ください!

何も経験してない人よりかは親身に話を聴きますよ!!

おわり。