yotaって誰?

「学歴いらない」でやっていけるのは専門スキルを身に付けた人だけ

こんにちはyota (@yota_28351)です!

先日、ネットニュースで「AppleやGoogleに就職するには大学卒はいらない」という記事を見ました。

参考 AppleやGoogleで働くのに大学卒の学歴はいらないlivedoor'NEWS

学歴がない人からしたら大手企業へのエントリーの問題となる「学歴制限」が解除されるのは、大きなチャンスだと思います。

しかし、これは全ての学歴がない者に与えられるチャンスではなく、「専門的なスキルを持っている者」だと僕は思っているんですよね。

当ブログは「低学歴」というテーマを扱っているので、よく「学歴はいらない」という意見が来るわけです。

個人的には「学歴はあるに越したことない」という考えなんですよね。

そんなわけで、今回は「学歴なしで生きていく」ということについて考察していきます!

注意
ここでの「学歴なしで生きてく」は自分で稼いで食べていくことを前提とします。

学歴なしと日本社会

日本はまだまだ学歴社会です。

僕のような中卒だと仕事の選択肢が少なく「学歴不問」の求人はかなり少ない傾向にあります。

そんな中「学歴は必要ない」を鵜呑みにして生きていくのは本当に危険です。

以前、ブログ経由で経営者の方にお話を聞く機会がありましたが、やはり新卒採用などはまだまだ「学歴フィルターをかけている企業があるとのことでした。

まぁ、これが現実ですよね。

ベンチャー企業などは学歴がなくても雇ってくれたりする所もあるようですが、ある程度の歴史がある中小企業だと、採用時に学歴は確認されるのが現実でしょう。

僕のような製造業の職人の世界では、学歴はほとんど重要視されないんですけどね(笑)

今の日本社会において「学歴なしで生きてく」というのは、大海を小舟で渡るようなだと思います。

大海を進んでいくには、大きな船(スキル)は手に入れておきたい所ですよね。

サラリーマンとして生きていく

サラリーマンとして生きていくのなら「学歴なしで生きていく」のは厳しいです。

普通に生きていくこと自体は可能かもしれませんが、先ほども言いましたが、仕事での選択肢は少なくなるし様々な場所で偏見を受けたりします。

僕自身、「中卒」という理由だけであることないこと言われたりもしてきましたし。

当ブログでは「低学歴」をメインテーマに取り扱っているので、たくさんの低学歴層の人達と関わってきましたが、多くの人が「仕事の選択肢」で悩んでいるんですよね。

サラリーマンとして生きていくのなら、今の時代は最低限「大卒」は欲しい所だと思います!(大学への進学率が50%超えてる時代)

まぁ、年齢を重ねてから学歴を取得してもあまり意味ないんでしょうけど・・・・

僕の場合は製造業で15年以上、金属加工を続けてきたので同業の中ではスキルがある方で、普通に生活ができている感じですかね。

「学歴なし」「スキルなし」は本当に危険ですよ!

自分で稼ぐ

学歴なしで生きていくのなら会社に依存せず「自分で稼ぐ力」を身に付けたいものです。

今の時代は副業している人も多く、そこから独立するくらいの収益を上げる人だって珍しくありません。

「自分で稼ぐ」と聞くと難しいように感じてしまうかもしれませんが、少し考えて見ればネタはたくさんあるんですよね。

過去に僕がやっていた副業は、デザインソフトが扱えるので知り合いの名刺を作ったり、「車をキレイにしたいけど洗車がめんどくさい」という人を対象に出張洗車サービスをやったりしてました。

こんな簡単なことでも1~2万円くらいにはなるし、もっと規模を大きくすれば稼げる金額も大きくなります。

副業ネタは普段の生活の中で転がっていたりするので、いろいろとアンテナを貼ってみるといいです。

最近では「ネットで稼ぐ」が定番になっているので、ネットをメインにするといいと思います。

当ブログではブログ運営をサポートしているので興味がある方はどうぞ!

学歴がないならメンタルで生き延びる

学歴なしで生きていくのなら「メンタル」で生き延びる方法もありますよね。

「メンタルが強い」ってあまりメリットがなさそうですが、すごい武器になると思います。

近年、「新卒で入社して欝になった」という人がたくさんいるくらいのストレス社会です。

その中で、「メンタルが強い」というのは学歴のない僕達にとって武器になってくれます。

例えば、僕のやっている職人の世界は今だとパワハラにされてしまうような、扱いをされるほど古い体質が続いてるわけです。

けれども、この過酷な世界を生き抜けると学歴がなくても、生活に困らないくらいは稼げるようになります。(熟練工として待遇が上がる)

僕も生活がかかっていたので必死に頑張りましたよ!

そのおかげで今は家族を養えているわけですし。

やはり気の弱い人だと、当たりが強い職人とかが原因ですぐ辞めてしまったりするんですよね。

学歴なしで20年近く生きてきた僕の感想

僕が16歳で中卒社会人になってから20年近く社会を生き抜いてきました。

このブログで同じような境遇の人達と関わってきましたが、学歴がない者の人生って年代問わず似ているんですよね。

やはり仕事の選択肢もそうですが、早く社会に出ると職場の人とばかりしか関わらないので、交友関係も狭くなるし友達自体も少なくなるわけです。

進学するメリットとしては学歴もそうですが、様々な人と出会えるという所もあると思います。

僕が通信制大学に通っていた時は、年齢や職業の異なる人達が集まっていて、いつも新鮮な話が聞けてとても学びになりました。

進学にはそれなりにメリットがあるわけです。

しかし、僕の人生で答えてみると「学歴はなくても生きてこれた」というのが実際の所なんですよね。

「とにかく仕事をしてご飯を食べる」だけに焦点を当てるのなら、学歴はなくても十分に生きていけます。

でも、やはり多くの選択肢を求めるなら「学歴」+「専門スキル」ってのが理想かと。

最後にまとめ

今回は「学歴なしで生きていく」について考察してみました。

学歴論争はいろんな所で起きていますが、結局の所は「自分がどういった人生を生きるか」で変わってくるんだと思います。

学歴が高くても低学歴に混ざって働いている人もたくさんいますし。

しかし、低学歴層が「学歴はいらない」を鵜呑みするのは危険ですからね!

しっかりと「学歴が必要なのか」の判断をつけたい所です。

おわり。