yotaって誰?

学歴は「もう古い」けど社会で影響がまだまだ出てくると思う件

yota

こんにちはyota (@yota_28351)です!

「学歴はもう古い」なんてことをよく聞きますよね。

確かに今の時代は昔よりかは学歴がなくても生きやすい時代になっていると思います。

実際、中卒で低学歴な僕でも安定した収入を得ながら、家族と平和に暮らすことが出来ていますし。

けれども、僕はまだまだ「学歴は影響する」と考えているわけです。

この記事では「学歴は古いけどまだまだ社会で影響する」について考察していきます。

社会に出る為のステップ

学歴は社会に出る為の準備期間だと思うですよね。

学校生活をしながら、「集団生活」「コミュニケーション」「自己理解」などを覚えていくわけです。

どれも「自分一人では身につけることができない」ものたちを学ぶ場だと僕は考えています。

冒頭でも述べたように「生きていく」だけなら学歴がなくても問題ありません。

学歴を得る過程で「身に付く」ものこそが一番大切なのではないか?

しかし、学歴を得る過程で「覚えられるもの」が身に付かなかった場合、社会で生きづらさを感じてしまうのではないでしょうか。

「集団生活が苦手」「コミュニケーションが苦手」「自分のことがよく分からない」

これらの悩みを抱えている社会人が多くいるのが現実です。

中には学校にしっかりと通ったとしても、上記のようなものが苦手な人もいると思います。

けれども「自分が苦手なもの」が分かるだけでも、対策を立てることが出来るので良いことですよね。

自分の特性が理解できていれば、職業選択や社会での振舞い方などに役立てられるじゃないですか。

「学歴なんかもう古い。今の時代は学歴がなくてもやってける」なんて考え方が増えてきてますが、まだまだ僕は学歴を得るメリットは十分にあると思います。

まぁ、学歴がない僕が言うのもおかしいけど(笑)

上級職には専門知識が必要

いくら学歴思考が古くて「学歴不要論」が増えてきても、、社会的地位の高い職業や専門職に就くには学校で学ぶ必要がありますよね。

資格の中には学歴を求められるものもあるわけですし。

いくら「学歴不要」と考える人が増えてきても、まだまだ大手企業に就職したい若者がたくさんいますよね。

まだまだ合理的な判断基準として、学歴フィルターがあったりするので、実際の所サラリーマンで生きてくには学歴はあるに越したことがないわけです。

下の記事を寄稿して下さった方が働いている業界でも「学歴フィルター」があるみたいです。

[寄稿]両親に感謝!!中卒でも高学歴でも「成功」はある。

もちろん、「ただ稼ぐ」だけに焦点を当てれば学歴だけを求める必要はないと思います。

このブログを通して様々な職業の高学歴の方達から話を聞かせてもらいましたが、やはり職業選択の幅を広げるのに「学歴」は役立つんですよね。

会社で出世しようにも人事考課の対象にならない場合もあるようですし。

古くさい学歴ですが、まだまだ社会で「根付いている」のは確かなのではないでしょうか。

学歴がない場合の一発逆転が限られてくる

低学歴あるあるだと思うんですが「学歴ないけど成功してやるぜ!」みたいなのよくあるじゃないですか。

学歴ない場合の成功例って大半が「お金を稼ぐこと」なんですよね。

お金を稼ぐことが悪いとかじゃなくて、成功者ではない僕が言うのも変ですけど「ありきたり」すぎで面白味がないように感じて仕方がありません。

大金稼ぐのは大変だと思いますが、「ハイレベルなスキルとか身に付けて成功した」とかあんまり聞かないじゃないですか。

なんか最近の低学歴層の成功者は、みんなネットビジネスばかりで「稼ぎ方」以外のアピールできるものがない人が多い感じですよね。

やっぱり学歴がないと専門的な教育を受けてない分、イメージできる「成功者像」のレパートリーが少ないような気がします。

成功者とかではないですが、僕の周りでも学歴がある人達の職業や趣味の幅は広いように思えます。

職業で言うのなら低学歴男性はやはり「肉体労働系」の仕事が多いですかね。

最近の若い子たちはweb(IT)系が増えてきてるかもしれませんが。

学歴間で活動のフィールドに偏りがありますよね。

価値観や偏見

「低学歴」というものをメインテーマにブログ運営する中で、様々な学歴の人から話を聞いて強く感じたのが「価値観と偏見」なんですよね。

学歴によって「物事の捉え方」も違うし「受けている偏見」も違ってきます。

学歴が低いと「自己肯定感」が低く、自分に自身がなかったり「低学歴ならでは」の偏見もあったりするので、「自分はダメだ」と思いこんでしまっている人がいたりするわけです。

実際は違うのに。

一方で学歴がある人は学業を通して「成功体験」があったりするので、自分に自身があり、ポジティブな感じがします。

当ブログにコメントくれた人達は皆さんそうでした。

「学歴のあるなし」で教養だけではなく、自己肯定感などの「性格」にも影響が出てくるのはではないでしょうか。

もちろん学歴がなくてもポジティブな人もいますけどね。

ちなみに僕もポジティブですよ!(笑)

子供への教育

学歴は自分に影響するだけではなく、「自分の子供」にまで影響すると思うんですよね。

「受けた教育」ってやつです。

よく、親が高学歴や社会的地位の高い専門職だと、子供に高い教育を受けさせたりするじゃないですか。

で、子供も同じように成長していくという。

実際問題、自分が受け教育を子供に教えるのは比較的容易だと思うんですが、「全く知らないこと」だったら教えるのが難しいと思います。

実際、低学歴の親で高い教育を説明できる人は、ほとんどいないのではないかと。

中には、ネットなどで情報を集めてる人もいるかもしれませんが、労力が必要になってきますよね。

僕も子供に高い教育を受けさせようとしても、「どうしたらいいのか分からない」のが本当の所です。

しかし、学歴を取得する過程で教育をしっかり受けた人は、子供に対する教育の知識が高くなるわけです。

下の記事で高学歴の方の「子育てに関する考え」が記載されているので、ぜひ読んでみてください。

[学歴対談]院卒と中卒の違いは!?高学歴と低学歴が話してみたよ!!

この記事のまとめ

この記事では「学歴はもう古いけど社会で影響がまだまだ出てくると思う」についてお話しました。

正直な所「学歴」って言葉は聞き飽きましたよね(笑)

しかし、まだまだ社会でしつこく根付いている部分があると感じているので、今回は記事にしてみました。

学歴論争もしばらくは続くと思いますし、教育上「学歴は関係ない」という社会にはならないんでしょうね。

低学歴は辛いものです。

おわり。

3つのポイント
  1. 学歴は古いけど影響がある
  2. 学歴は社会に出る為のもの
  3. 学歴はなくても生きてはいける