yotaって誰?

[高学歴と低学歴]院卒と中卒で一問一答してみたよ!!

yota

こんにちはyota (@yota_28351)です!

学歴対談記事に続き「一問一答」の記事です。

対談記事同様に「院卒」のKさんと「中卒」の僕との違いをお楽しみ下さい。

学歴や育った環境などによる「考え方」の違いがよく出ていると思います。

まぁ、基本的には中卒の僕から学べるものはないでしょう(笑)

それでは最後までお付き合い下さい。

中卒のyotaからの質問

中卒の僕から院卒Kさんへの質問です。

勉強についてどのような教育を親から受けたか(どのように感じていたか)

K

 

親から「勉強しなさい」とうるさく言われた記憶はありません。

 

子どもの頃を思い返すと、家庭の中には「勉強はするもの」という雰囲気があり、好き嫌いではなく取り組むことが当たり前だと思っていました。

 

もちろん、どの勉強も楽しんで取り組んでいたわけではありませんが(笑)

 

親が新聞や本を読んでいる姿を日常的に見ていたため新聞も自然と目を通していましたし、絵本がたくさんある家庭だったので本を読むこと(幼少期は読んでもらうこと)も普段の生活の一部になっていました。

 

テストの点数も目標点は決められていましたが、いい成績を取ってもご褒美はありませんでした(ご褒美目的に勉強するのではなく、勉強はすべきことであるという親の教育方針に基づいていた)。

 

あまりにもひどい点数のときには怒られることもありましたが。

 

怒られたところで成績が上がるなら苦労しないんですけどね。


学歴論争について(「学歴=人間性」などの漠然としたイメージなどについて)

K

 

学歴論争には正直、あまり興味はありません。

 

もちろん、学歴があることのメリットは日々感じていますが、学歴がないことを蔑んだり、学歴があることを妬んだりすることそのものに意味はないと思っています。

 

感情のはけ口くらいにはなっているかもしれませんが、学歴と人間性を結び付けてしまうことで低学歴の方々が誤解や偏見の目で見られる点については、学歴社会のネガティブな側面の一つだと思っています。

 

世間では高学歴には比較的ポジティブな、低学歴にはネガティブなイメージがあるのではないかと推察しています。

 

しかし、有名大学や難関大学の学生が事件を起こし報道されることもあるように高学歴だから優れた人間性とは必ずしも言えませんし、中卒でも起業し経営者をしている方がいることから低学歴でも一国一城の城主になることができるのも事実です。

 

こういった点から学歴と人間性をイコールにする考え方には違和感があります。

 

人間性は学歴の如何によらないと思っていますが、学歴は努力の証にはなると思っています。

 

高学歴の人は高校受験、大学受験、大学院受験と数々の入試を突破するために少なからず努力を重ねている方がほとんどです。

 

この点は換言すれば、地道に苦手な教科も勉強する忍耐力がある、目標に向かって頑張る力があるということでしょう。

 

そういった意味で、高学歴の方々は素直にすごいと思っています。


社会人の自己学習について

K

 

学ぶことで新しい知識が得られること、知識を得ることの楽しさや面白さを知ることに年齢は関係ないと思っています。

 

いまでも興味がありやってみたいことはいくつもあります。

 

「学び」に年齢制限はないと思っています(大学院生の頃に、社会人入試制度を利用して入学された方がいらっしゃいました。10歳以上と年上の同期生や後輩がいました)。

 

社会に出てから必要に迫られ学び始めた方々は、目標がはっきりとしているためか学習意欲が高いのではないでしょうか。

 

私も社会人になってからいくつか資格を取得しましたが、働きながら受験勉強をすることはスケジュールの管理や如何に効率的に勉強するか、独学で何をどこまでどう頑張るかなど課題がたくさんありました。

 

それでも資格取得後のビジョン(給与が上がる、転職の幅が広がるなど)が比較的明確だったため、モチベーションの維持はしやすかったように思います。


夫婦間で学歴について話題に挙がるか

K

 

夫婦間では「結婚相手に求める学歴はどれくらいだったか」という話や「難関国立大や医学部出身者はやはり頭がいい」、「頭がいい人との会話は展開が速い、機知に富んでいる」という話題が出たことがありましたが、学歴に関する話は普段ほとんどしません。

 

夫も私も専門職として働いているため、職場でも特に学歴を意識することがなく、家庭でも特に学歴を意識せずに生活しています。

 

むしろ日常生活の中では学歴よりも、頓智のような返しができるか、うまいことを言えるか、機知に富んだ会話ができるかの方が重視されているようです(笑)

 

たとえば、歯のかみ合わせの話から…

 

私「(歯は)伸び続けるんでしょ?」

 

夫「(ハムスターのぬいぐるみに向かって)おい、バカにされたよ~」

 

私のからかいの内容を瞬時に察し、ハムスターのぬいぐるみに話しかけることで夫は「齧歯目扱いするなよ~」という返しをしたのですが、これは齧歯目(ネズミやハムスター、ウサギなど)は生涯に渡り歯が伸び続けるという知識がないと成立しない会話でした。


院卒Kさんからの質問

院卒のKさんから中卒の僕への質問です。

「高学歴」や「高学歴の人」に対するイメージや印象は?

yota

 

まず、「高学歴」と言われる大学出身者と関わることがないので、イメージすら出てきません。

 

中卒高卒の低学歴者はだいたい僕と同じだと思います。ブログを通して何名かメールでやり取りしたことがある程度ですね。

 

メールでやり取りした時の印象は以下です。

 

・考え方にバランスがある
・自分の意見には必ず事例と根拠を述べる
・感情的な要素は考慮しない
・誠実(当ブログに対して経験談などを教えてくれたりします。中には職場の情報など個人情報に関わるようなことまでも)

 

基本的には、常に「議論」しているようなイメージでしょうか。語弊を招くかもしれませんが、低学歴の方と比べ高学歴の方とのやり取りは、ものすごく頭を使います(笑)


学歴の差、受けてきた教育の差を感じたのはどのようなときか?

yota

 

僕が受けた教育は低学歴の中でも特殊な方だと思います。

 

まず、両親からは「勉強」というものに対して、教育を受けた記憶がありません。

 

テストで良い点を求められることもなかったし、勉強もある程度はできたので「教えてもらう」ということもなかったですね。

 

宿題もキッチリ提出するタイプだったので、家で「勉強しろ!」とも言われたことありません。

 

両親が職に就いていなかったこともあり、「子供への教育」というより「どうやって生活していくか」だけ考えているような雰囲気がありました。

 

そもそも、子供とあまり会話をしない親だったので、ほとんどコミュニケーションはなかったです。

 

正直、親との思い出はないですね・・・・

 

兄が僕の面倒をよく見てくれていました。

 

学歴の差を一番感じたのはやはり、「仕事」ですね。高卒の方もそうかもしれませんが、「中卒」だと扱いが酷かったりするんですよね。

 

以前の職場では、同じ中途入社でも「大卒以上」は朝礼で全員に紹介してもらえるんですが、「中卒・高卒」は入社しても紹介すらされないようなことがありました。

 

疑問に思い、質問をした所「暗黙的に昔から中卒高卒の多い現場の人間は紹介されない」とのこと。

 

日常の会話の中にも「〇〇さんは△△大卒」「〇〇さんは中卒」のように名前と学歴をセットで覚える風潮もありましたね。


知的好奇心はどのようにして満たしたのか?あるいは諦念した理由は?

yota

 

「学ぶ」ということに対しては中卒で社会に出た頃から通信教育などを利用してきました。仕事で役立ったものもあれば、そうでないものもあります。

 

まぁ、大半は役立ってません(笑)

 

しかし、学んだことから「考え方の幅」が広がり、ブログで発信する土台になっているのは確かです。

 

今では「義務教育しか受けていない」僕が自ら学んだことで「社会でどこまで通用するか」を楽しんでいます。

 

今は子育て中なので、時間やお金が制限されてしまいますが、終わったら今よりさらに多くのことを学びたいと思っています。


もう一度、中学からやり直すならどんな人生を送りたいか?

yota

 

部活と勉強を頑張りたいですね。

 

部活はバスケをしてましたが、試合などの遠征費がかかる度に「お金ないのに」と親に文句言われるのが嫌で中二で辞めてしまいました。

 

勉強は「高校に行かない」と決めた中三の一学期から、授業はほとんど寝てたので、頭に入っていません(笑)

 

後は受験も経験してみたいですね。

 

もうじき長男が高校受験なんですがちょっと楽しみにしています。

 

やり直したいと思う反面「今と同じ人生でもいいかな?」という気持ちも少しあります。

 

中卒で社会に出た当初から、失敗を繰り返しながら「自分で人生を作ってきた」と思っているので、学歴のレールに乗って周りと同じように進んでも「つまらない」と思う部分があります。

高学歴のKさんが当ブログに協力してくれる理由も聞いてみました

当ブログを読んで下さった、高学歴の方達から「あまり低学歴とは関わりたくない」という話を何度か聞いたことがあります。

Kさんが僕に協力をしてくれる理由についても質問してみました。

「低学歴とは関わりたくない」という高学歴の方が多い中、なぜ当ブログに協力してくれているのか?

K

 

「低学歴と関わりたくない」という高学歴の方は本当に多いのでしょうか?

 

「低学歴と関わりたくない」という高学歴の方々はどんな理由からそう仰るのでしょうか?

 

高学歴にもいろいろいます。

 

大卒、院卒(修士卒・博士卒)、文系・理系…

 

私は、大学院で心理学を専攻し、現在は相談業務をしています。

 

職業上、様々な方から相談をうけるのですが、その中には中卒や高卒で就労した方、事情により高校を中退した方もいます。

 

相談に来る方の学歴も職歴も様々です。

 

しかし、同業者同士や学友は大卒や院卒が多く、中卒や高卒の方々との交流の機会は限られており、低学歴の方々の抱えている事情(千差万別とは思いますが)、考え方、高学歴の人に対するイメージなどは想像することしかできずにいました。

 

そこで、yotaさんのブログをきっかけに、低学歴の方々が見ている景色、感じていることなどリアルな声を聞きたい、知りたいと思うようになったことが協力を申し出たきっかけです。

この記事のまとめ

この記事では中卒と院卒での「一問一答」を紹介しました。

よく「学歴は努力の結果」なんてありますけど、本当にそうだと思います。

僕自身、働きながら勉強していますが、時間を作るのが難しいです。

一日に3時間程度が限界だし、ゆっくり休むことさえできません。

「何の勉強が必要か」は人によって変わってきます。

しかし、学歴がない者でも「勉強」することによって、何者にでもなれるのではないでしょうか。

漠然と「自分は学歴がないから上手くいかない」ではなく、「どこが問題なのか?」を考え改善していく方が、楽しい人生を過ごすことができると思うんですよね。

今回のKさんのよう高学歴の方達が努力を続けているんだから、低学歴の僕らも努力しないといけないのは当然なのではないでしょうか。

現状はどうであれ、そこで満足したり諦めたら、「一生今のまま」だと僕はいつも自分に言い聞かせています。

「なりたい自分になれるように」頑張りましょう!

Kさんありがとうございました!!

おわり。