yotaって誰?

低学歴が「学歴は必要ない」と言う理由を中卒の僕が考察

こんにちはyota (@yota_28351)です!

僕は15年以上も中卒で社会を生き抜いてきています。

もちろん、仕事をしていなかったりとか、金銭的援助を受けたこともありません。

自分の家族も養っております。

で、僕の住む低学歴の世界では「学歴は必要ない」という言葉をよく聞くんですよねー。

中卒で働き始めた頃から、この言葉をよく聞いていたのでずっと疑問を感じていました。

今回は同じような疑問を持つ人もいると思うので、なぜ「学歴は必要ない」が浸透しているのかを中卒の僕が考察してみました。

学歴によって考えが違う?

僕は現在、大学生(通信)で、ただ純粋に勉強がしたくて入学したんですけど、やっぱり学歴によって周囲の反応が違ったりしました。(現在は退学しています。)

中卒が大学生になってわかったこと。高学歴は「論理的思考力」が違う 中卒が通信制大学に入って一年で満足して退学した理由&入学希望者に伝えたいこと

中卒や高卒の人達の反応

  • 「今さら学歴をとっても意味なくない?」
  • 「仕事に関係ないじゃん」
  • 「お金になるの?」
  • 「お前バカか?」
  • 「ふ~ん。で、なんか得でもあるの?」
  • 「中卒から大学ってwwwww」
  • 「大学って何やるの?」


これが、僕のように学歴の低い人達の反応です。考え方は人それぞれなので、仕方ないんですけど何か「自分の利益にならないとダメ!」感すごくないですか? てか、興味なさすぎ!!

大卒の人達の反応

  • 「お、いいじゃん!」
  • 「何勉強するの?」
  • 「新しい世界を学ぶのは良いことだよ」
  • 「学歴を使わないにしろ、自分の糧になって成長できるよ」
  • 「学び続けることは必要」
  • 「働きながら、勉強するの大変でしょう?」
  • 「どこの大学入ったんだい?」


自分達が大学を経験していることもあってか、多少なりとも興味を示してくれる人達がほとんどでした。

こちらは、先程の中卒高卒の人達と違う点は「損得」で考えてない感じがありますよね。

まぁ、低学歴の世界を経験していなければ、学歴に対する偏見は受けてないと思うので損得勘定がないのでしょう。

なぜ低学歴の世界では「学歴は必要ない」の風潮があるのか?

では、今までの経験から「学歴は必要ない」派の意見を考えていきます。

10代の頃の僕も「学歴なんかいらない!」って考えだったので、気持ちはなんとなく分かったりもします。

本当に必要ない

「学歴は必要ない」というのは、決して悪意を持って言っているわけではなく、本当に必要がない人がほとんどです。

考えてみて下さい。

世の中の仕事全てに学歴の制限がなく、誰もがやる気さえあれば始められるとしたら学歴を取りますか?

おそらく、ほとんどの人が自分のやりたいことだけの勉強をするはずです。

このように、「学歴が必要ない」って人は本当に必要なかったりします。

そもそも学歴がないと、仕事を探すにしても「学歴不問」で探しますし。

こうなってくると、収入さえ得られれば生活はしていけるので、「学歴は必要ない」って考えが強くなってしまうんですよね。

あとは進学率の低かった時代の職人(60代~70代)くらいではは、「んぁぁ?、学歴? この仕事に、んなもん必要ねぇだろ! おみゃバカか!」タイプも結構います。

実際に僕も言われたし・・・・。

国自体が貧しくて、働くのが当たり前だった時代背景があるので仕方ないですが。

しかし、こういう時代の人達がバリバリ働いてる、中小企業ってまだまだあるんですよね。

で、結構影響力を持っていたりすると、若い世代に「この世界は腕さえあれば食っていける」って考えをすり込んでしまいます。

これは僕も10代の頃は、本気で思っていました。

これも、「学歴は必要ない」を連鎖させている要因の一つではないでしょうか。

一度、学歴が必要ない環境で生活が成り立ってしまえば、自然と学歴の必要性が排除されてしまうんでしょうね。

コミュニティが出来上がってしまっている

学歴ごとにコミュニティが出来上がってしまっているのも、「学歴は必要ない」という考えを作り上げている要因だと思います。

「人が人を呼ぶ」という言葉があるように、同じような考えや環境の人は、集まってコミュニティを作ったりします。

その方が気の合う人達同士で楽しいですよね。

けれども低学歴の世界では、これが「学歴は必要ない」という考えを根付かしているんだと、僕は昔から感じていました。

全ての人ではないですが、低学歴の世界には高学歴の人に対して敵対心を持っていたりします。

そういう人達は集まると、ものすごい負のパワーを作りあげます。高学歴の人が仕事でミスをしたりすると、「え?それで大学出てるの?」「大学出てるのに、そんなこともできないの?」などど、何かと「大卒」を否定するんですよね。

こういう考えの人が、どんどん集まっていけば「学歴はいらない」が当たり前のコミュニティが完成してしまいます。

家庭環境

家庭環境も学歴に対する考えに影響がありますよね。 両親が学歴に対する考えが低ければ、子供も同じような考え方になってしまいます。
家族全員「中卒」から学ぶ低学歴になりやすい家庭環境

例えば、僕は家で一度も「学歴」に対する会話を両親と話したことがありません。

「高校進学せずに働く」と伝えた時ですら、話し合いにはなりませんでした。

これは、両親が中卒であったのと、働くのが当たり前の時代の人間だったからでしょう。

当時の僕は、高校は大半が行くものだと理解はしていましたが、大学は本当にごく一部しか行かない、自分とは別次元の世界のように感じていました。

それだけ家庭内で学歴に対する考えがなかったのです。

僕が両親に、「通信制大学に入った」と伝えた時でも、「仕事に必要ないだろ? お金の無駄でしょ」と言っていましたね。

説明しても、ただ単純に勉強をするという考えは納得がいかないようでした。

僕は必要なくても学歴はあった方が良いと考える

まぁ、学校に行くのと同じような環境で勉強ができれば、学歴はあってもなくても、良いと思うんですが、座学やコミュニケーションは無理だと思うので、「学歴は必要」って考えですかね。

以下は僕の学歴が必要な理由です。

結論から言うと学歴は絶対的に必要だと考えています。それは、職業的に学歴が不要であったとしてもです。

僕は製造業で肉体労働者なので、学歴は全く必要としない環境で働いています。しかし、中卒で働き始めた当初より、年齢を重ねている部分もありますが、高卒認定を取得し、通信大学生になった現在では、圧倒的に考え方の幅が広がったのを実感しています。

考え方が広がったというのは、「常に疑問を抱けるようになった」ことです。「なぜ? どうしてだ? これが完成形?」と疑問を抱けるようになり、職場での業務改善につながり、自分自信の評価アップにもなりました。

学業はさまざまな分野を学び、その分野に沿った考え方で学ばなければ効率が悪くなってしまいます。少しでも効率よく学ぼうとする姿勢から考え方が広がり、日常生活にも役立ちます。

10代の頃は「学歴なんか関係ない」と思っていましたが、やはり第一線で活躍している人達はある程度の学歴があるし、普段の生活の中で会話をしていても、「あれ? 思考の深さが違うな」と感じる瞬間があったりしたんですよね。昔は、反発心から認められませんでしたけど。

それに、肉体労働者が色々な分野を学ぶのは非常に良いと思うんですよね。僕の場合、自分で学んだ知識をフル稼働させ会話していただけで、会社で「営業やってみませんか?」と誘いを受けたり、初対面のセールスマンに「うち今、営業の中途採用やっているんですけど働いてみませんか?」と全く自分とは違う職種から、オファーをいただいたりもしました。

このように知識を広げるだけで、仕事の幅も広がるし、大げさに言えば人生の選択肢も増えるというわけなんです。

「学歴がなくても自分でたくさん勉強すればいいんじゃない?」って意見もありますが、全て、一人で完結するのは無理です。独学でいろいろ勉強してきましたが、資格試験みたいに資格を取ってしまえば完結するものとは違って、知識レベルの分野は「自分がどのくらい理解できているのか」の判断がとりづらいんですよね。自分では結構理解しているつもりでも、実際は大したことなかったとか。

個人で勉強を続けていくのは可能ですが、やはり社会に適合させるには、他者と関わりを持つ必要があります。僕が通信制大学に入った理由の一つにも「他人の意見に触れる」があります。

寄稿募集より引用

低学歴は本当に学歴は必要ないのか?

僕の結論としては、「自分がどういう人生を歩んで行きたいか?」で変わってしまうのではないでしょうか。

確かに低学歴の世界は、生活が成り立たせることができれば学歴は必要としません。

しかし、中にはキャリアチェンジをしたり、職場での出世の為に学歴を必要とする中卒高卒の人がいるのも事実です。

僕の通っている通信制大学でも、大半の方が学位の取得を目的としていますし。

「学歴は必要ない」は誰もが持っている、「他人に認めてもらいたい」という承認欲求から生まれたものなんでしょうね。

まぁ、サラリーマンなら学歴はあった方が有利だとは思いますが。起業して自分でビジネスを立ち上げたりするのであれば、学歴は必要ないですよね。

最後にまとめ

ここで社会に出てから勉強している僕が、学歴に対するアドバイスをしてみます。

とにかく学歴は通常に確保しておいた方が無難です。

現在では、独学で高卒認定を取得して、通信制大学に入学して自宅学習していますが、働きながらだと時間の確保が辛いです。

僕の場合だと、無理して平日に4時間勉強するのがやっとです。

それでも社会人は成長していく為にも、自己研鑽も必要なので時間は全然足りません。

社会人になってから、学位を取得しても大した変化もないので、結局は個人のスキルレベルを上げる必要があります。

なので、僕のように肉体労働をやっていくなら問題ないかもしれませんが、肉体労働以外の職業に就きたい場合は、学歴がないと厳しくなってくるので同年代と同じように進学していったほうが良いですね。

「進学するか?働くか?」で悩んでるいる人は、絶対的に進学をした方が良いです。

サラリーマンで考えるのなら、選択肢は低学歴よりか多くなるので、やりたい仕事を見つけやすくなるのではないでしょうか。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください