yotaって誰?

車が好きでガソリンスタンドでバイトしてたのにセルフしか行かない理由

こんにちはyota (@yota_28351)です!

僕は車が好きで10代の頃はガソリンスタンドでアルバイトしていました。

けれど、自身の車では絶対にガソリンスタンドを利用しないで、セルフで給油はするし、整備は付き合いのあるカーショップで頼みます。

今回は僕が「セルフ」しか利用しない理由を紹介します!

ガソリンスタンドのスタッフ任せにしているあなたの車ヤバイかもしれませんよ・・・・

※今回お話する内容は僕のアルバイト時代の経験なので全てに当てはまるわけではありません

セルフしか利用しない最大の理由はガソリンの吹きこぼれ

僕がガソリンスタンドに行かないのは、ガソリンの給油が人によってはあまりにも乱暴だからです。

給油をしている時にガソリンが吹きこぼれてしまうことがあります。

これは予想できないので、車のボディーにガソリンが付かないように、雑巾などで保護したりする必要があるんですが、ほとんどの人がめんどくさがってやりません。(スタッフがつきっきりで給油してる場合はほぼ大丈夫)

もちろん、ガソリンをこぼしてしまったらキレイに拭きますが、中には軽く拭う程度しかやらない人もいます。

で、ボディーにガソリンの臭いがついてしまったりするし、塗装の劣化に繋がるわけです。

たとえ、こぼれたガソリンを拭いてくれたとしても、自分で水ぶきをして、ワックスをかけておいた方が良いと思います。

拭いてくれたタオルや雑巾にガソリンが染み込んでたりする場合もありますし。

ボディーにベタベタ触られる

車好きの人は気になると思います。

自分の愛車がベタベタ触られるのって嫌ですよね。

昔のやり方のままのガソリンスタンドとかだと、大きな車のフロントガラスを拭くときに、ボディーにつかまってタイヤに乗ったりします。(小柄な人だと届かないので)

これもトラブルになりやすいので、お客さんに確認する必要がありますが、確認しないで勝手に窓を吹き出す人がいるんですよ!

タイヤに乗って降りる時に膝がボディーに当たることもあるし、勝手に窓を拭かれても、撥水コートしていたら困るじゃないですか。

酷い人だと車に寄りかかりながら給油する人とかいますからね!

洗車がてきとう

ガソリンスタンドの洗車って、結構てきとうなんですよね。

一日にものすごい数の車を相手にしなくてはいけないので、全部に愛着を持って接することができません。

忙しい時なんか一日洗車をしている時もあるくらいです。

暇な時ならいいですが、忙しい時になると心理的に「早く終わらせなきゃ」ってなってしまうので、てきとうになってしまったりします。

そういう状況下もあってか、拭き残しだらけの人いるんですよね。

「ありがとうございました!」って、見送ったあとに車見てると、拭いてない部分のラインがハッキリと出てるんですから(笑)

整備を任せない理由

ガソリンスタンドに行くとよく、「無料点検します!」ってありますよね。

で、オイル交換を勧めてくるのが定番だと思います。

ドライバーからしたら無料で点検してくれて、不備などを見つけてくれるので良いのかもしれませんが、中にはオイル交換をする必要もないのに勧めてきたりする人がいるんですよね。

ガソリンスタンドって、ガソリンだけの売上じゃ利益が少ないので、その他のサービスで利益を出そうとします。

その中で、ガソリン以外の売上目標が個人に課せられていたりするので、無理矢理にでも売上を上げようとする人が出てくるのです。

僕がアルバイトしていた頃は、社員がオイル交換のオイルをごまかしていましたね。

高いオイルを注文されたのに、差額を儲ける為に安いオイルを使ったりしていて、本当に酷かったです。

まぁ、そんなことをしていたので、今ではセルフスタンドになってしまいましたが。

知識のないドライバーをカモにする

先ほどのオイル交換もそうですが、ガソリンスタンドって知識のないドライバーを狙って物を売ってきたりします。

ありがちなのが、「水抜き剤」です。

これは知識のないドライバーの不安を煽って、売ったりする人がいるので、かなり酷いと思います。

「ガソリンタンクに水抜き剤が入っていないようですが大丈夫ですか!?」

こんな言われ方したら、知らない人は不安になってしまいますよね。

まぁ、確かに少しずつ水は溜まるらしいんですが、すぐに入れないとダメなんてことはないと思います。

毎回、ガソリンを満タンに入れる人は必要ないし、水抜き剤を入れるにしても、ガソリンスタンドより量販店で買って自分で入れた方が安くすみますし。

油種間違えを隠す

新人さんなどで油種間違えをする人がいます。

ガソリン車はレギュラーでもハイオクでも走るので、間違えてもそのまま隠してしまうのです。

レギュラー仕様車にハイオクを入れてもとくに問題ないですが、ハイオク仕様車にレギュラーを入れてしまうとパワーダウンや燃費の低下に繋がったりします。

ガソリンスタンド時代は、何回も間違えを隠している人を見ました。

自分のハイオク仕様の車にレギュラー入れられてたら嫌じゃないですか?

ガソリンスタンドはど素人が多い

整備士がいるガソリンスタンドありますが、人数は少なく、ほとんどが車の知識がない素人ばかりです。

アルバイトが多い場合は、とくに素人ばかりになります。

整備を頼むにしてもかなり怪しい部分が多いです。

タイヤ交換でメチャクチャホイールに傷つけたりしますからね。

難しい部分でもありますが、スキル自体が低いのが現実です。

最後にまとめ

大切な愛車だからこそ、信頼のできるお店で給油や整備はしたいですよね。

今回は僕自身の経験で書きましたが、全てのガソリンスタンドが同じではないと思います。

しかし、お客を騙す店舗があったのも事実です。

お客を騙すような店は、なくなってもらいたいものですよね。

おわり。