高校に行かないとどうなる?選択肢はあるの??実体験から答えてみる

こんにちはyota (@yota_28351)です!

当ブログは貧困から中卒社会になった僕が運営しているので「中卒ネタ」が多くあります。

その中で僕と同じような境遇の人から質問を受けることがよくあるわけです。

で、今回は「高校に行かないとどうなる?」という質問を受けたので、僕の経験からお答えしていこうと思います!

「高校に進学しなかった場合」のことは僕のブログの至る所に書いているので、いつも読んでくれている人にはもの足りないかもしれませんが、「まとめ」的な感じで最後まで読んでくれるとありがたいです。

中卒になる

当たり前のことですが高校に行かないと「中卒」になります。

でも社会での感覚だと「中卒」って言うと「高校中退」と捉えられることが多いんですよね。

僕のように「高校に進学していない中卒」というのは少ないわけです。

まぁ、高校に進学した人からすると気に入らないかもしれませんが、どっちも同じ「中卒」として扱われるんですよね。

なので、高校に進学しない場合は高校中退で社会に出る人よりも早く社会に出るので、「同じ中卒」でも自由な時間があるのを利用して「何か興味のあること」を見つけて社会でのスタートダッシュを決めるといいと思います。

僕らの時代はネットが今ほど普及してなかったので男性の場合は「職人になって経験積む」とかだったんですが、今なら「プログラミング」などのIT系のスキルを身につけるといいですよね。

まだまだ少ないですが、高校に行かないで独立したり、中学生の頃からプログラミングで稼いでる子もいますし。

人によっては「高校に行かないのは悪いこと」のように言う人もいるかもしれませんが、事情があって高校に行かないのであれば周りより早く社会に出る分「何かできることがないか」を考えるといいじゃないですか。

前向きにいきましょう!

自分で決断しなければいけない

社会に出たら「自分で決断して行動」をしていかなければいけません。

ここが難しいところなんですよね。

周りに同じような人達がいれば参考にしやすいですが、中学出てすぐに社会人になる人はほとんどいないですし。

なので、こればかりは自分でいろんことを経験して「決断する力」を養っていく必要があります。

失敗したっていいんですよ。

上手くいかなくたって必ず次に繋がりますから。

僕だって16歳から誰からもアドバイスがなくてたくさん失敗してきたし、「しなくてもいい」ような失敗だってしました。

でも、これが自分の糧になってくれたわけです。

決断を繰り返してるうちに精神的にタフになるし、しっかりとした考えを持つことができるようになります。

僕は18歳になる頃には「年の割には妙に落ち着きがあってしっかりしている」とよく言われましたよ。(笑)

始めは不安かもしれませんが、僕がやってこれたんだから大丈夫!!

友達と違った人生を歩み始める

僕が社会に出て一番始めに感じたのは「もう友達とは同じ道を歩けない」です。

慣れない社会生活に戸惑いもありましたが、「なんか自分だけが取り残された」感覚がありましたね。

今の時代はSNSで繋がったりできるので、近況のことは分かるかもしれませんが、確実に進学した友達とは違う道にいます。

最初は後悔するかもしれませんが、腹をくくって自分の道を作り上げていきましょう。

たまに、中卒の若者から「学歴ないのを気にしている」って相談を受けますが、もう進むしかないですからね。

時間はあっという間に過ぎてしまいます。

中卒の後悔は消えないし戻れない。僕はあの日から時が止まっている。

選択肢が少なくなる

多くの中卒が悩むのが「選択肢」が少なくなることなんですよね。

だいたいは仕事に関することなんですが、スキルと人脈があれば案外どうにかなるもんです。

この辺は「自分の武器」となるものを見つけおくといいでしょう。

後は進学した人達と比べ勉強などの「入ってくる情報が少なくなる」ので、そこからも選択肢が狭まるわけです。

ネット上にはたくさん情報がありますが、「そもそも調べたいことが分からない」のでは調べようがないじゃないですか。

「何か勉強したい」と思った時に何の情報もないと「何をどうしたら良いか分からない」んですよね。

[自己啓発]働きながら勉強を定着させる為に僕が捨てたもの。

僕自身、いろんなことを勉強する中で手探り状態でした。

後は学校のように大人数に出会う機会が少なくなるので、積極的に人との出会いを増やしていかなければ、「人から入ってくる情報」も減るので自然と選択肢を知る機会も減ってしまいます。

高校に行かないのであれば「様々な選択肢」を考えられるようにしておくと、人生が豊かになるはずです。

すべて自分に返ってくる

いくら10代とはいえ、高校に行かないので社会人になるのであれば、自分の行動に責任を持つようになります。

社会人に出れば親や友達が守ってくれたりしません。

キツイ言い方かもしれませんが、これは理解しておくべきです。

僕がそうだったんですが、「中卒で社会人になる」というのを甘く見すぎてたんですよね。

想像以上に風当たりが強かったわけです。

でも、全て自分に返ってくる分、良い行いも自分に返ってくるので、やりがいはありますよね。

つまらない人生にするか充実した人生にするかは自分次第なわけです。

[中卒]新卒で入った会社を一週間で退職した話。低学歴は辛い!

勉強してれば大丈夫

「中卒でとにかく不安」って人がいますが、勉強していれば大丈夫です。

まぁ、「何を勉強するか?」が難しいところなんですが、自分の仕事に直結するようなものを勉強すると利益になりやすいと思います。

大げさかもしれませんが、僕自身が様々なことを勉強してきたからこそ、学歴底辺の中卒でも詰まずに今では自分の家族を養えているわけです。

案外、意味なさそうな勉強をしていても巡り巡って役に立ってくれたりするんですよね。

何も思いつかないのなら、最初は読書から始めてもいいと思います。

読書から世の中のいろんな人の「考え方」を学ぶうちに、勉強したいものが見つかってくるはずです。

自己啓発に100万以上費やしてきた中卒の僕が「学んできたもの」を紹介する

最後に

一言で「高校に行かない」と言っても人それぞれ事情があるわけです。

僕からすると可能であれば高校に行って欲しいと思います。

だって、本当に合わなければ親には迷惑かけてしまうかもしれませんが、やめればいいわけですし。

中卒の社会生活に関しては僕の記事を読み漁って参考にしてみてください。

下のボタンから一覧が見れます!

中卒全記事一覧