yotaって誰?

高学歴の皆さんに朗報。底辺を知っておけば人生が楽になる。

こんにちはyota (@yota_28351)です!

高学歴の皆さんにはもっと底辺について知っておくべきだと思うんですよね。

僕は高校にも進学してない中卒だし、いわゆ学歴底辺で肉体労働もしているので、高学歴の人達が思い描くような低下層でしょう。

しかし、底辺を知っておくと何かと人生が楽になります。これは人生を諦めるのとは違うし、底辺を強みにすることだって出来るのです。

今回は何かと競争の厳しい高学歴の人達に底辺の世界の話をしようと思います。

出世がしやすい

低学歴の世界は比較的に出世がしやすいと思います。

収入を上げたい人はたくさんいますが、「肩書き欲しい」「地位が欲しい」のように出世欲が強い人は少ないんですよね。

僕の場合は両方欲しい欲張りですけど(笑)

とくに組織として成り立っていない小さな会社だと、真面目に取り組めばある程度のポジションには必ずいけるのではないかと。

中卒の僕でさえ、リーダーになり15名ほどの部下を持つことができたのですから。これが動かぬ証拠ですよね。

職場でただ一人「中卒」だった僕がリーダーに就任するまでの思考と行動

これがしっかりと教養を学んだ高学歴の人だったら、かなり出世できる可能性が高くなります。

例えば、現場仕事で入るなら生産性が高まるようなシステムを考えるといいですね。

基本現場仕事の人達はマネジメント意識が低く、生産性を意識している人が多くありません。

中には言われた仕事だけやってれば良いと思っているようなオッサンとかたくさんいますから!

こんな感じで、高学歴の人達はマネジメントやマーケティングといった低学歴の人達が苦手とする分野で力が発揮しやすいと思います。

何度か転職の経験がありますが、それなりに知名度のある大学を出てる人は入社年数が浅くても、出世できるポジションについてる人多かったですね。

それだけ、学歴がある人は低学歴の世界では出世しやすいのです。

ちなみにリーダーを経験してからは転職での価値が高まりましたよ!

これだけ肩書きってまだまだ社会では武器になるんですよねw

低収入になるとは限らない

低学歴底辺だから低収入になるわけでありませんよ? 知ってましたか?w

低収入に低学歴が多いからそう思われているだけなんですよ!まぁ、自論ですが。

低学歴の世界でもキャリアをコツコツ積み上げていけば貧困になったりはしません。

低学歴底辺でもキャリア形成をしておけば生きていける!

低収入に多いのは、単純労働であって代用が効きやすい職種なのです。

中卒の僕でさえ製造業でコツコツと経験を積んできたので、同年代より経験もある分小さな会社に勤めていても、サラリーマンの平均年収は超えています。(社長ありがとうございます!)

トゲがある言い方ですが、「高校」「大学」に行ってない僕がですよ? 大卒の人に比べれば7年(高校3年、大学4年)も教養を学んでないんですよ??

それだけ低学歴の世界では経験だけでやっていける部分があるというわけですよね。

まぁ、低学歴の世界では高年収は難しいですが・・・・

高年収を目指すのであれば独立して仕事するしかないと思います。

やりたい事がやりやすい

学歴にとらわれないライフスタイルの低学歴はやりたい事がやりやすいです。(ちょっとカッコよく言ってみましたが、要は学校に行ってないから時間があるだけ)

例えば、中卒で社会に出れば大学を卒業する人に比べ、7年も早く社会で自由にできますよね。

この間、仕事に励むのもいいし、自分のやりたい事をするのも自由なのです。

僕が進める低学歴ライフは中卒ですぐに高卒認定を取得してしまうこと。

そうすれば、社会に出て好きな事をやりながらでも、「やっぱ勉強したいな」と思ったら大学受験して、また学歴のレールに戻れるじゃないですか。

まぁ、学歴のレールを外れても勉強は習慣化しておく必要がありますけどね。

教育費を抑えられる

今の時代、「家計が厳しい」って家庭はいくらでもあります。

子育て世代はわかると思いますが子供を育てるのって本当にお金がかかりますよね。

しかし、僕のように中卒で社会に出るのであれば、義務教育だけなので学費がかかることはありません。

親心としては子供に進学させてあげたい気持ちはあると思います。

しかし、エリートを目指さない限り、学歴は後から取得しても良いのです。

僕も趣味の自己啓発の一貫で通信制大学に通ってたことがありますが、ほとんどが仕事で必要な人ばかりでした。

中卒が大学生になってわかったこと。高学歴は「論理的思考力」が違う 中卒が通信制大学に入って一年で満足して退学した理由&入学希望者に伝えたいこと

低学歴の僕が言うのもおかしいですけど、学歴ってちゃんと使いこなすのが難しいんですよね。

名のある大学を出てる人でも、低学歴に混じって肉体労働している人だってたくさんいるんですから!

知り合いのビルメンテナンスの職場にはなんと、「慶應卒」が面接にきたそうです。

雇ったのかと思いきや、「こんな所に面接にくる高学歴は何かある」との理由で断ったそうですが、もはやこんなことが現実に起こってしまってるんですよ。

「学歴は目的を持って取得した方が良い」というのがよくわかりますよね。

底辺から成功したらカッコいい

底辺から成功したらカッコいいですよね!

この言葉は以前に書いた記事で紹介したコンサルタントの方の言葉なんですが、まさにその通りだと思います。

起業して成功するのは低学歴だった!成功しやすい理由とは!?

ビジネス番組で特集組まれたりするのも、「過去は底辺で苦労してたけど、一念発起して今は成功してます」ってのあるあるじゃないですか。

しかも僕のような低学歴底辺だと周りから一切期待をされていないので、少し結果を出すだけでものすごく評価されやすいし、好印象を持たせやすくなります。

今の時代ネットがあるので起業は誰でも可能だし、昔よりかは成功しやすい環境でもあるといえます。(何をもって成功かは人それぞれ違いますが)

底辺からの成功。僕も目指して頑張っていきます!

最後にまとめ

どうでしたか?

底辺な世界でもこれだけ自由があります。

学歴のレールに乗って、そのまま就職して、そのまま平凡な生活を送るより、刺激的な生活がここにはあるのです。

この記事が高学歴の人達の何かの役に立てば嬉しく思います。

あっ、もし高学歴の世界に関する意見がありましたら教えて頂けると嬉しいです!

おわり。