yotaって誰?

高学歴のみなさん、低学歴の世界へは来ない方がいいですよ!

こんにちはyota (@yota_28351)です!

たまになんですけど、低学歴の世界に高学歴の人がやって来ることがあります。

僕は製造業をやっているので、いわゆる肉体労働者なんですけど、何度か高学歴の人と一緒に働いたことがあるんですよね。

でも、不思議じゃないですか? 高学歴の人が低学歴の肉体労働者と一緒に肉体労働をするなんて??

こういう人達ってワケありな感じがしまくりなんですよね。

まぁ、僕は他人の過去はあまり聞かないので、詳しい理由は知りませんが、もともと肉体労働をやってなかった高学歴の人達が肉体労働をしている姿を見るとなんだか切なくなってしまいます。

そんなことで今回は高学歴の世界にいる人が、低学歴と同じ肉体労働の世界に来てしまうと大変だなと感じたことを書きます!

高学歴の世界でなにがあったんだ?

肉体労働を始める高学歴の人って経験がない人達がほとんどです。

で、聞いてみると前職では営業とかやってたりするんですよね。

リストラされた人もいれば、「いろいろとありまして・・・・」のように訳ありな人もいたりします。

でも、せっかく高学歴の世界にいたのにもったいなくないですか??

しかも、肉体労働なんて低学歴の僕ですらオススメしません。

まぁ、こういう人達って、「学歴高いのになんで肉体労働やるんですか?」って質問を嫌がったりするので聞きませんが気になりますよね。

高学歴の皆さんに朗報。底辺を知っておけば人生が楽になる。

プライドが邪魔をする

やはり高学歴の人って肉体労働でも論理的に考えるんですよね。(効率などを考えられるので実際は良いこと)

これはいいことなんですけど、とにかく僕のような低学歴に仕事を教わることにプライドが邪魔をするのか、ウンチクがすごかったりするんですよ!
「あ~。こういう理論ね」とか。

中卒が大学生になってわかったこと。高学歴は「論理的思考力」が違う

いやいや、肉体労働ってそんな頭使わないですよ?

論理的に物事を考えられる人は現場より管理に向いてる気もしますが・・・・

とくに今まで知的生産を仕事としてきた人が、急に肉体労働を始めると体がキツイんですよね。

いくら生活の為とはいえ、社会の第一線で働いていたような人がフラフラになって肉体労働をしている姿を見るとなんだか切なくなったりします。

だって、可哀想じゃないですか。

せっかく学歴があっても肉体労働だと、新人扱いなので中卒の僕より薄給なんて。

向いてない

やっぱり肉体労働は単純労働だと思われがちですが、全く何も経験がない人だとできないことが多かったりするんですよね。

とくに僕のやっている製造業なんて、「工作機械を扱える」とかは暗黙である感じです。

若い子ならまだしも、いくら高学歴とはいえ何もできない中年の人だと教える方も大変な所があります。

で、一番びっくりするのが、ネジを回す方向すら分からない人とか普通にいるんですよね。

通常のネジであれば右回しで締まりますが、「右回し」と伝えても理解できなかったりします。(理解できなかった場合は、大体の人がペットボトルのキャップと同じって言えば伝わる)

肉体労働の経験がない人だと作業以前に知らないことが多かったりします。

一生懸命メモを取ったりしてますが、実際にやらないと覚えませんし。

肉体労働の場合は頭より体で覚えた方が早かったりします。

体力がない

以前、デスクワークをやっていた高学歴の人と仕事をしたことがありますが、やっぱり肉体労働って慣れないうちは疲れるんですよね。

慣れないうちは簡単な仕事をお願いしていても、筋肉痛が続いたり腰が痛くなったりと、体力が持たないようでした。

案の定、「体力がもちません」という理由で退職してしまいましたが、仕事中とてもキツそうな表情を見ていると、こちらが申し訳ない気持ちになってしまいました。(キツイ仕事を押し付けたような感じで)

デスクワークから肉体労働ってやっぱり大変なんでしょうね・・・・

僕なんかは肉体労働に慣れてしまっているので、「体力が持たない」とかはありませんけど、今まで畑違いの仕事をしてた人からすると辛いのかもしれません。

頑張っているのは伝わる

僕が言うのも変ですが、個人的には高学歴の人にはプライドを持ってほしいと思います。

いくら肉体労働で低学歴の人の方が経験があったとしても、学歴や教養では優れているんですから。

生活がかかっていたりして必死なのはわかりますけど、仕事外では僕が学ばしてもらいたいくらいです(笑)

なので、低学歴の世界にやってきた高学歴の人は、必要以上にペコペコする必要はないし、普通に接していれば周囲から受けいれられやすいと思います。

そもそも学歴間で偏見を持っている方がおかしいじゃないですか。

まぁ、僕の大学を出てまで低学歴と混じって「肉体労働をする必要はない」っていうのは偏見かもしれませんが、個人的には普通に接したいですし

低学歴と高学歴はwin-winな関係。学歴間の壁を壊そう!

最後にまとめ

こんな感じで高学歴の人が低学歴の世界にくると思わぬ苦労があるようです。

個人的には高学歴の人が好きなんですが、僕が見てきた低学歴の世界に来た高学歴の人達は、覇気がない感じでみんな暗かったです。

低学歴の世界に来て苦しむのであれば、なんとか高学歴の世界で奮起して欲しいと思います。

頑張れ高学歴!

低学歴の自分も頑張らなきゃ!!

おわり。

4 Comments

プライドが高い人は確かにいると思いますが、全員がそういう訳じゃないですよ。

理論的→理屈っぽい→素直じゃない→プライドが高い と解釈してる人が多いので、
高学歴=プライドが高いとレッテルを貼る人が多いんだと思います。

返信する
yota

あさん

コメントありがとうございます!

「高学歴の人=理屈っぽい」ってレッテルは低学歴あるあるですよね。

僕自身、大学(通信)に入学して感じたんですが、大学ではプレゼンなんかもするし、とにかく「論理的」に考えることが重要になってくるじゃないですか。

そういう環境で学んだ人達が、理論的になるのはごく普通のことだと思います。

それとは反対に僕のような肉体労働者の職人って感覚な部分が強いから、高学歴の人からしたら、「考えていない」と感じてしまう部分もあるのかもしれません。

要は、頭では理解していても理論づけて上手く組み立てられないし、語彙も少ないので、説明が下手な部分もあると思います。

貴重な意見ありがとうございました!

返信する
ゆう

高学歴でつく仕事って精神的にきつい仕事もあるんですよ。
メンタルやられたりうつになったり
この辺りは肉体労働の方が少ないですね。
やはり肉体的にも精神的にもほどほどな仕事がいいですね。

返信する
yota

ゆうさん

コメントありがとうございます!

そうですよね。

僕は製造業ですがメンタルをやられて転職してくる高学歴の方がたまにいます。

肉体労働は肉体労働でブラックな環境だと、体力的に厳しいのが辛い所です。

やはりどちらも「ほどほど」な仕事が僕もいいと思います!

でないと、ホワイト職は「精神」、ブルー職は「肉体」という感じで、”どちらかがキツイ”の二択になってしまいますし。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください