yotaって誰?

低学歴の世界で見てきた人達と真逆のことを始めたら人生好転し始めた話

こんにちはyota (@yota_28351)です!

「少しでも良い人生を送りたい」

誰もが一度は考えることだと思います。

けれども、実際は「何をどうしたらいいか分からない」というのが現実なのではないでしょうか。

僕は中卒で社会人になり、いわゆる「社会の底辺」と位置付けられる中で働き続けてきました。

社会人になってから20年近くになります。

社会に出た当初から「中卒」や「高卒」などの人達が集まる職場で働き続け、常に違和感を感じていました。

それは、年代に関係なく、皆同じような習慣を持ち、同じような人生を歩んでいるということです。

正直に言うと僕が望むような将来とは、かけ離れた人達ばかりでした。

そして、僕はいつの頃からか「低学歴層の習慣」というものを意識するようになり、今まで見てきた人達と違う人生にしようと思うようになったわけです。

というわけで今回は、僕が実際に見てきた低学歴層の人達と「逆の行動を取るようにしたら人生が好転し始めた」話です!

低学歴層に多い習慣

僕は低学歴層には「三大習慣」があると思っています。

「タバコ・ギャンブル・お酒」

どれも嗜む程度なら問題ないと思いますが、低学歴の世界には度を超えた人達が多く実在したりします。

とくに僕のような肉体労働者に多いような印象です。

僕が低学歴の世界で、実際に見てきた上記のものに依存してしまっている人達に共通しているのは、「健康や経済的に苦しいのにやめられない」ということです。

タバコに含まれるニコチンの影響で歯がボロボロだったり、借金をしてまでギャンブルを続けたり、一日中お酒臭いような人達が普通にいたりします。

このような人達を目の当たりにしていて「同じようなことをしていたら将来こうなる」と怖くなったんですよね。

まぁ、僕は元々、ギャンブルはやらないし、お酒は飲めないし、タバコは吸ってたけどコミュニケーションツールとしてなのですぐに辞められました。

三大習慣のうちのタバコを辞めただけでも、体調が良くなったり、タバコ代や喫煙時間が浮いたのでメリットしかありません。

もし、全ての習慣がある人が全て辞めたら、ものすごい効果が期待できますよね。

インプット量を増やす

僕が低学歴の世界で見てきた人達はとにかく「仕事外は勉強しない」という傾向がありました。

僕自身、中卒社会人なってから「何かを学んでいないのは危険」と感じていたので、常に何かしら勉強をしているわけです。(詳細はプロフィールで)

今ではすっかり自己啓発が趣味になっております。

低学歴層が何も学ばないで歳だけを重ねると、「定収入や職に就けない」ということになり兼ねないんですよね。

実際に当ブログにも40~50代で「仕事がない」や「正社員になれない」などの相談がくることがあります。

僕自身、趣味の自己啓発から得たものはたくさんあります。

例えば、「読書」などは語彙を増やしたり知見を広げるのに大きく役立ってくれましたし。

このブログで様々なことを発信できているのも今までの学びのおかげだと思っています。

Webの知識

低学歴層とゆうよりか、僕のやっていると製造業みたいな肉体労働をしている人は、Webの知識がない人が多いです。

中にはパソコンの基本操作すら怪しい人がいます。

しかし、今の時代は優先して身に付けた方がいいスキルはWeb知識です。

僕は独学でパソコンの基本操作を覚えた後、スクールでWebサイト制作を学んだり、ビジネスコミュニティでネットビジネスを学んだりしてきました。

今でも新しい情報や知識を得る為に継続しております。

本当にWebの知識がない低学歴層の人は、今からでも遅くないので学んだ方がいいと思います。

仕事やプライベートなどの様々な場面で役立ってくれるんですよね。

例えば、「webサイトが作れる」ってだけでも、小さな会社だと重宝されたりするし、プライベートではこのブログもそうですがブログ運営に役立ってくれたりするわけです。

「学歴なしスキルなし」って人はまずはWebを学んでみるといいのではないでしょうか。

健康を意識する

先ほどの「三大習慣」の影響もあってか、低学歴層は不健康な人が多いように思います。

以前、「タバコ大好き」「酒大好き」って人がいたんですが、一日40本くらいタバコを吸うので、歯はヤニで黄ばんでしまい、歯周病が原因で何本か抜けてるし、持病の薬は酒で飲むし、すごい人がいたんですよね。

この人はまだ40代だったのにかなり不健康でした。

僕の場合は、常にアグレッシブに動きたいので、30前から健康を意識しだしたわけです。

規則正しい生活や青汁とか飲んでますから(笑)

でもね、やはりスポーツが一番いいと思います!

とくに趣味のランニングは得るものがたくさんありましたね。

オススメです!!

仕事への取り組み方

以前の僕もそうでしたが、低学歴の世界では「与えられた仕事をただこなすだけ」のような人が非常に多いです。

理由は簡単で「指示されたことを素直にこなしていればお金がもらえる」ということ。

「仕事で指示通り動く」というのは当たり前のことかもしれませんが、何も考えずにいると一生「労働力として使われる側」になってしまいます。

で、報われない努力に愚痴ばかりをこぼす日々に・・・・

やはり仕事をするからには、自分で考えて進めるのが一番楽しいと思います。

僕の意識が変わったキッカケは、以前の職場でリーダーをしていた時に、経営コンサルタントと業務改善をするようになった時です。

これ以来、与えられた仕事に対しても「なぜこういう指示をしたのか?」「さらに効率よく改善できないか」などを考えるようになったので昔より仕事は楽しくなったし、自分の思考も深くなりましたね!

仕事は考えてやるようになると面白いですよ~。

論理的に考える

職人には低学歴層が多いです。

僕も製造業で職人をやっているわけですが、低学歴層の職人って物事を「論理的」に考えることが苦手な人が多いんですよね。

もちろん僕も苦手です。

しかし、「論理的」に考えるというのはなんにでも使えるので、社会人には必要なことだと思います。

例えば、低学歴層には感情的になりやすい人が多い感じがしますが、これは伝えたいことをしっかりとまとめることができずに、「感情論」になってしまうんですよね。

単に、短気な人もいるかもしれませんが・・・・

これは僕が通信制大学に通っていた時にも感じたことで、「高卒認定や高校卒業組」の人に比べ、「短大卒や大学中退」の人達の方が論理的に考えることが得意で、プレゼンなどでも伝わりやすさが違う印象でした。

やはり学歴が上がるにつれ、「論理的に考える」ということを学ぶので、差が顕著になってしまうんでしょう。

論理的に考える癖がつくと、感情的になりにくくなるし、物事を深く考えられるようになるので必須スキルですよね。

最後にまとめ

今回は「僕の人生が好転し始めた時にやり始めた習慣」についてでした。

このような記事を書くと必ず「低学歴をバカにしてるのか!」というような意見がきますが、学歴がなくて何らかの結果を残している人達は必ずスキルを持っていますからね。

「学歴なしスキルなし」で人生を好転させるのはまず不可能だと思います。

もし、低学歴の世界で停滞しているのであれば、「今までとは違った」行動をとってみると、違った景色が見えるはずです。

ぜひ、新らたな行動をしてみて下さい。

きっと、今より素晴らしい人生になりますから。

おわり。