yotaって誰?

[早婚]早く結婚してよかった事と後悔した事。ぶっちゃけます!!

こんにちはyota (@yota_28351)です!

当ブログの人気記事の中に早婚の内容のものがあります。

この記事は、20歳前後の若い女性を中心に読んでいただき、相談も女性からが大半です。

まだまだ、晩婚化の世の中ですが、「早く結婚したい」という人が一定数いるものだと思います。

というわけで、今回は21歳で結婚した僕が、早く結婚して「よかった事」と「後悔した事」を赤裸々に語ります!

早く結婚してよかったこと

僕が結婚を決めた時に周りからは、「早く結婚すると苦労する」とよく言われました。

確かに、苦労もありますが「よかった」と思えることもたくさんあります。

ここでは早婚ならではの「早く結婚してよかった」と思えたことを紹介します!

生きがいを手にいれた

夢も目標もなく「生きがい」を感じてない若者はたくさんいますよね。

僕も若い頃は全くといっていいほど、何も目標がなく、漠然と毎日を過ごすしているだけでした。

こんな僕でも早く結婚して「家族」を持つことによって「人生って素晴らしいな」と心の底から思うようなったんですよね。

ちょっと大げさかもしれませんが(笑)

今までは自分を中心に考えていましたが、妻や子供を中心に考えるようになったのが、大きな変化ですかね。

何事も自分より家族を優先するようになりましたし。

早い段階で人生の生きがいを見つけられたのは本当にラッキーでした。

将来のことを考えるようになった

若いうちから将来のことを考えている人は、あまりいないかもしれませんが、僕の場合は早く結婚したことによって考えるようになりました。

そりゃそうですよね。

何も考えずに好き放題にして、家族を困らせたり、路頭に迷わせるわけにはいきませんから。

一番の変化は「勉強」をすることになったことです。

僕は貧困を理由に中卒社会人になってから、働いてばかりで、勉強とは縁がない生活をしていました。

それが、結婚を機に「このままじゃダメだな」と感じ、ちょこちょこと勉強するようになり、今では自己啓発が趣味になったくらいです。

この自己啓発が仕事や副業などに役立ってくれて、学歴底辺な中卒の僕でも、家族を養うことができています。

働きながら勉強を定着させる為に僕が捨てたもの。自己啓発を7年継続中!!

規則正しい生活になった

10代や20代前半くらいだと、遊びたい年頃だし体力もあるし、よく夜遊びしたりしますよね。

僕も毎日のように夜遊びしていて、家に帰るのは寝るだけのような感じでした。

それが、結婚したことによって、全く遊びに行かなくなったし、夜に出かけることもなくなったわけです。

寝るのも早くなったし、いいことづくめ。

21歳で結婚したので、僕は若い頃から規則正しい生活をしているおかげで、30代半ばの今でも大きな病気などもせず健康に毎日楽しく生きています。

精神的に強くなった

僕はもともとメンタル弱めなんですよね。

仕事でちょっと、責任ある立場を任せられると胃が痛くなるタイプです(笑)

職場でただ一人「中卒」だった僕がリーダーに就任するまでの思考と行動

これが結婚をしたことによって「家族の為に頑張ろう」という気持ちになって、精神的に強くなることができました。

自分でも昔よりはメンタルが強くなった自覚はあるんですが、「気が強い」とも言われるようになったんですよね・・・・

いろんな部分が強化されたようです!

早く結婚していなければメンタルが弱いままで、まともに仕事すらしていなかったかもしれませんよね。

早く結婚してよかった~。

親の気持ちが分かるようになった

僕が貧困から逃げる為に中卒社会人を選んだのも「親のせいだ」と思っていたので、あまり感謝の気持ちがありませんでした。

けれども、自分で子供を持つようになって、気持ちが分かるようにもなったんですよね。

子供に何か言われたりすると、自分の子供の頃の記憶が蘇って、「あぁ、あの時はこんな気持ちだったんだろうな」ってよく考えるようにもなりました。

よく親に「なんでうちはお金がないの?」という質問をしていたんですが、今考えてみるととても心苦しい気持ちだったんだろうなと思います。

子供を持ってからは親とも昔より話すようになったし、何よりも元気なうちに「ありがたみ」に気づけたことがよかったです。

早く結婚したからこそ気づけたことですよね。

無駄遣いをしなくなった

結婚してからは本当に無駄遣いしなくなりました。

今だに妻にはよく「また無駄なもの買って~」と怒られますが・・・・

しかし、結婚する前は給料が一週間くらいでなくなるほどで、20万近くをお小遣いで使っていました(笑)

当然ではありますが、結婚することによって家族の生活費が必要になってくるので、無駄遣いしなくなったわけです。

まぁ、結婚当初は収入も低く、余裕がないのもありましたけどね。

今では自分に何か買うなら「家族に」って考えになったので、「たくさんお小遣い欲しい」という願望はなくなりました。

いやー、人って変わるもんです。

早く結婚して「お金を使わない生活」に慣れてよかったと思います。

若い頃から自由にお金を使っていて、30代40代で結婚して、お金を使えない生活に我慢できずに、「浪費」を理由に離婚してしまう人だってもいますし。

家に帰るのが楽しみになった

結婚するまでは何となく家に帰っていたけど、結婚後は家に帰るのが楽しみになりました。

やっぱり、「家に帰るのが楽しみ」というのは毎日を充実させてくれるんですよね。

仕事で嫌なことがあっても、家に帰れば自分の好きな家族がいるわけですから。

僕はお酒も呑まないし、ギャンブルもやらないので、仕事終わったら真っ直ぐ家に帰ります。

そのくらい家が大好きなんですよね(笑)

「寄り道してこい」って言われても真っ直ぐ家に帰ります!!

早く結婚して後悔したこと

「物事は表裏一体」というように早く結婚して良かったと思えることがあれば、「後悔する」ことだってあります。

これは、早婚に限らず結婚している全ての人にも言えることではないでしょうか。

ここでは早婚ならではの「後悔した」と感じたことを紹介します!

もう少し遊んでても良かった

周りの友達とかを見ていると、「もう少し結婚が遅くてもよかった」とも思います。

やっぱりね、今はそうでもないですけど、20代前半って遊びに行ったりしたいんですよ!

たまにならいいと思うんですが、子供もいて、遊び回るわけにはいかないじゃないですか。

小さな子供を外に連れ回すわけにもいきませんし。

それに友達からの誘いを断っているうちに、誘いがなくなっていったのも悲しかったです。

今となっては、昔の僕のように同年代の人達がどんどん結婚し始めて、小さい子供がいるのであまり「遊べない」って感じですかね。

生活が大変だった

結婚した当初は今よりも収入が低く、生活が大変でした。

結婚してからしばらくは、本業の他にアルバイトもしていました。

今だったら絶対にできませんね(笑)

当時は妻に不自由させないようにと必死でしたよ!

本当に毎日仕事ばかりで疲れとストレスから白髪が増えましたし・・・・

今では、収入も上がり本業だけだし、残業もなく、職場が近いこともあり毎日17時過ぎには家に帰っているくらい健全な生活をしています。

いや、当時の僕を自分で褒めたいっす。

よく、頑張った!!

好きな趣味ができなくなった

家庭を持つようになり、好きな趣味ができなくなりましたね。

結婚、当初は上手く言い訳してやっていましたが、やはり家計に影響が出るのでやめました。

ちなみに、僕は車が好きなので独身の頃はパーツなどにお金をかけていたわけです。

高級車が好きで乗っていたんですが、排気量があるので、税金などの維持費がかかるので家庭向きじゃないんですよね。

それに、妻からも「車は乗れれば何でも良い」なんて言われてましたし・・・・

最近では比較的にお金のかからないランニングが趣味となり夢中になっております!

あっ、今は車を所有していませーん!!

ランニング初心者が9ヶ月でフルマラソンを完走したシューズはこれだ!!

自分の時間が減った

早く結婚すると、それだけ「自分の時間を持つこと」が減るようになります。

子供が小さいうちは、どうしても子供優先になるし、自分よりも家族を優先するようになるわけです。

もちろん家族との時間は心休まるのですが、「一人でのんびり」したい時だってあるじゃないですか。

それが、中々できないんですよね。

家にいれば家事だってあるし、一人で何もせずにのんびしていることなんてできません。

もともと、「ボーッ( ¯ω¯ )」っとするのが好きな性格なので辛い部分でもあります。

妻とデートの時間が減った

結婚すると「恋人」から「家族」に変わり、子供も生まれると自然と忙しくもなりデートする時間がなくなるんですよね(笑)

もともと、一緒に居たいから結婚したのに、一緒に出かけられなくなるのは悲しいじゃないですか。

共働きとなると、さらに一緒に出かけたりする時間も少なくなったりしますし。

今では子供達が大きくなってきたので、(小六と中一)一緒に出かける時間も増えてきましたが、小さい頃はみんなで妻の取り合いでしたよ!

大人気なくてすみません(笑)

お菓子を一人占めできなくなった

メチャクチャくだらないんですが、僕はお菓子が大好きなんですよ!

さすがに子供がいると一人でお菓子を食べるわけにもいかず、買ってあげないといけないじゃないですか(笑)

それが、毎回三人分ともなると結構な出費になるわけです。(僕と子供二人分)

妻はお菓子を食べないので、買う必要はないんですけどね。

僕だけ買って食べてると子供達に「ズルい」って言われるので、一緒に食べることになるし・・・・

「お菓子くらい我慢しろ!」なんて言われそうですが、世間一般的なお父さん達の「晩酌」がお酒を呑まない僕からしたら「お菓子」になるわけです!

ぼちぼち、健康を考えてお菓子を控えようかなぁ??

収入が優先になる

僕は早く結婚したので仕事は常に「収入が優先」で働いてきました。

もちろん、やりたい職業があっても収入第一にしてきたので、諦めていたわけです。

製造業で経験を積んできたので、未経験の仕事に就けば、収入が大幅ダウンします。

肉体労働の本当のメリット・デメリットを15年以上の経験から語ってみる

20代後半でweb関係の仕事に就きたくて、スクールで勉強していたことがありますが、結局は未経験分野で収入が下がり過ぎるので断念しました。

まぁ、その時に学んだことはブログ運営に役立っていますが、興味がある仕事に挑戦できないモヤモヤ感は常にありますね。

なので、子育てが終わったら、その時の自分のやりたい仕事に挑戦しようと思っています!

最後にまとめ

今回は早く結婚して「よかった事」と「後悔した事」についてでした。

「結局どっちなの?」と質問されれば、僕は迷わず「良かった」ですね。

もちろん、早婚ならではの苦労もありますが、受けられる恩恵はさらに大きいです。

何か相談したいことがある方はお気軽にどうぞ~。

おわり。