yotaって誰?

女性側の親に「結婚が早い」と反対された時に納得してもらった方法

こんにちはyota (@yota_28351)です!

僕は21歳で結婚しました。

過去にエントリーした「早婚」記事は、当ブログの中で常にトップ5に入るくらいの人気記事です。

晩婚化が進む現代ですが、まだまだ早く結婚を決意する人が、多くいることだと思います。

で、結婚を早く決意した最初の壁として、「親に反対される」があるんですよね。

今回は、僕自身が反対された経験から、了承を得る為に取った行動を男性側目線でご紹介します。

金銭面の不安

女性側の親にとって一番不安な部分が、「しっかりと生活していけるのか?」ということだと思います。

これは結婚が早いとかに関係なく、気になる部分ではないでしょうか。

大事な娘を貧困に追いやられるのなんて、親からしたら反対するのは当然ですよね。

当たり前のように僕は、一番始めに収入のことを言われました。

当時の僕は正社員で年収350万くらいで、21歳では多い方だと思い込んでいましたが、「少なすぎだね」と、あっさり撃沈。

すぐにアルバイトを探しWワークにして、月に5~8万くらい収入を上げました。

これを8ヶ月続けたら、「そこまで一生懸命なら、この先も頑張ってくれるだろう」と、言ってもらうことができましたね。

まぁ、ハッキリ言ってWワークはキツイので、今の時代ならネットで稼いだりすると良いかもしれません。

Wワークをやっていた頃、疲労とストレスから白髪だらけになりましたから(笑)

本業だけにしてからは自然と白髪がなくなったので、相当負担がかかってたんだと思います。

信頼を得る

相手の親からの信頼を得るのは必ず必要になってきます。

信頼を得る為には、こちらから積極的にコミュニケーションを取るべきです。

相手の親の出方を伺うのではなく、こちらから話題をもちかけ、話しやすい雰囲気に持っていきましょう。

事前に彼女から趣味とか聞いておくと良いと思います。

僕の時は彼女が冗談でいったことを本気で捉えられて、気まずくなりましたよ(笑)

相手の親に「yotaくんは酒もタバコもギャンブルもやらないで趣味はないの?」と、質問されたわけです。

僕は車が好きなので「車です!」と、答えようと思った瞬間に彼女が「女遊び!!」と、言いました。

一瞬でシーンとなりましたね・・・・

その後、しばらくは重苦しい雰囲気で冷たい対応をされました。

言葉選びは慎重に!!

健全な付き合いを証明する

自身の結婚が遅かった親からすると、「そんなに早く結婚する必要あるの?」と、感じてしまうようです。

当たり前のように夜遊びばかり不健全な付き合いをしていると、「遊びたいならまだ結婚しない方がいい」みたいな感じに捉えられたりしてしまいます。

相手の親に不安を抱かせたら、結婚を反対されてしまう要素になりますよね。

信頼を得る為にも、「あなたと居るなら大丈夫」と、安心してもらえるような付き合いをすると良いと思います。

僕の場合は必ず家の前まで車で送ってたし、遊んでて遅くなっても23時には家につくようにしてましたよ!

不安な要素をできるだけなくす

自分が子供を持ってから分かりましたが、子供が結婚するのって心配なんですよね。

大切に育てきた子供だからこそ、結婚することによって不幸にならずに、幸せになって欲しいと思うのが親心です。

僕は最初から相手の親は、「僕のこと気に入ってないな」と、感じていたので対策を立てました。

直接は僕の不満を言ってこなかったので、彼女に協力してもらい、僕の不安な要素を聞いてもらったわけです。

それが、今回紹介した内容でした。

まぁ、細かなことを含めたら他にもありましたが、大まかな不満はこんな感じですかね。

てか、「どんだけ不満だらけなんだよ!」って思いません?(笑)

無理矢理結婚するのはオススメしない

「結婚を反対されて駆け落ち」は絶対にやめた方が良いです。

本人同士は一緒になれるので幸せかもしれませんが、残された親はどうするんですか?

僕は貧困から中卒で社会人になり、一家を貧乏にした両親を嫌いながら育ちましたが、反対していた両親からちゃんと結婚の了承は得ました。

よく考えてみてください。

子供が生まれたとします。

駆け落ちで結婚したあなた達は親と音信不通です。

生まれてくる子供には祖父母がいなくなってしまう可能性もあるし、最悪の場合、親戚との付き合いも一切なくなってしまいます。

子供から祖父母や親戚を奪うのは、親がすることではないと僕は思いますね。

最後にまとめ

「結婚が早い」と反対する人もいるかもしれませんが、僕は早い方が良いと思います。

早く結婚すると様々な苦労はありますが、その分子育ても早く終わるし万が一結婚に失敗したとしても、まだまだ若いですから。

若者の「結婚、出産」が増えれば少子化の改善にもなりますしね。

早婚に悩んでいる人がいましたら、僕に相談してくれても大丈夫ですよ!

ツイッター相談どちらからでもどうぞ!!

おわり。