結婚早いと離婚する!?15年続いている僕たち夫婦の円満方法を紹介する

こんにちはyota (@yota_28351)です!

よく「早く結婚すると離婚する」なんて聞きますよね。

確かに僕の周りでも早く結婚した人は、ほとんど離婚していますし。(笑)

しかし、僕たち夫婦は今年(2020年)で結婚15周年を迎えます。

僕は21歳で結婚したので世間一般からすると、かなり早く結婚しました。

この記事では「早く結婚すると離婚する」といわれる中で結婚生活15年目を迎える僕が、「夫婦円満」の秘訣をご紹介します!

新婚当初はケンカをしとく

「ケンカ」というと夫婦円満とは程遠い気がしますが、結婚したばかりの頃はとても大切なことです。

やはり、他人同士が一緒になるので、どうしても「合わない」部分ってあるんですよね。

この「合わない」部分を放置しておくと後々、「性格の不一致」で離婚とかになってしまうわけです。

こうならない為にも、表現はよくないかもしれませんが、まだまだ愛情の強い新婚の時に、お互いの不満をぶつけあって「互いの納得できる地点」を決めておくと結婚生活が楽になります。

初めのうちに問題になりそうなところを解決しておくことで、不満を何年も持ち続けることを「回避」できるというわけです。

結婚生活が長くなってからのケンカだと長引くんですよね。(笑)

完全に問題が解決するわけではないと思いますが、始めのうちにケンカしておくと後が楽になりますよ!

我が家の場合だと始めのうちにケンカしすぎて「ケンカするネタがない」って感じで、もう何年もケンカしていません。

完全分業制にしない

「家事育児は分担」って家庭が多いと思いますが、あまりオススメしません。

僕も始めのうちは分担制にこだわっていましたが、苦手な人だと苦痛になってしまうんですよね。

我が家の場合だと僕の方がマメな性格なので、最終的には僕が家事育児の大半を担当することによって家庭内が上手く回っています。

旦那が何もしない?あなたが優秀すぎるからダラダラ夫になるんですよ!

まぁ、大変ではありますけど。

しかし、これを「平等であるべき」と完全に分けて、相手が何もしなかったら注意したりしてると、段々とお互いに不満が募り関係が悪くなってしまうわけです。

どちらかの負担が大きくなってしまうかもしれませんが、相手のことを思うなら家事育児は「できる方がする」というスタンスが良いでしょう。

でも、負担の割合が多いことに納得いかないのであれば、キチンと話し合うべきですよね。

とにかく長い夫婦生活で「我慢」はよくないと思います。

あまり干渉しない

いくら「結婚したから」といっても、干渉しすぎない方がいいです。

事あるごとに何か言われたり行動を制限されたら、窮屈でストレスになってしまいますよね。

なので、気分転換の為にも「一人の時間」は短い時間でもいいので必ず作った方がいいです。

いくら好きな人と一緒でも、常に干渉されてたら、気が滅入ってしまってもおかしくありません。

我が家の場合は趣味が全く違うので、一緒に出かける以外は、お互いに「何をしてても口出し」はしません。

これが良い気分転換になっているわけです。

二人の時間を作る

結婚して子供が生まれると以前とは違い「夫婦二人の時間」が取れなくなってしまいます。

子供が小さいうちだと尚更です。

どうしても子供を優先してしまいがちですが、ここら辺はしっかりしておいた方が良いんですよね。

僕の周りでもいますが、子供が小さいうちに離婚する人って多いわけです。

中には不貞行為などの理由もありますが、「コミュニケーション不足」で離婚している人もいます。

育児はエネルギーを使うので、一日終わる頃には疲れてしまいますが、子供が寝た後とかに二人の時間を作ると良いです。

お酒を飲むのであれば一緒に飲んだりするのもいいですよね。

僕の場合は子供が寝た後に妻とゲームを楽しんでました。

無理に合わせようとしない

「夫婦なんだからお互い寄り添うべき」なんて思ってしまうかもしれませんが、「無理に合わせる」のはやめておきましょう。

始めのうちは平気でも段々と苦しくなってくるわけです。

実際に僕が結婚当初、妻に合わせていて辛くなってしまいました。

僕はお酒が嫌いなんですが、妻は大好きなんですよね。

で、よく子供が寝た後に晩酌をしてたので、一緒に飲んでいたのですが、お酒が嫌いな僕には苦痛でしかありませんでした。

コミュニケーションを取るつもりで一緒に飲んでいたのですが、自分が辛くなってしまって、結局はコミュニケーションどころじゃなくなってしまったわけです。

最終的には晩酌している妻と「会話を楽しむ」というところで落ち着きましたが、「良かれと思って」相手に合わせていても自分が辛くなってしまっては元も子もないじゃないですか。

なので、無理に相手に合わせる必要はないと思います。

もちろん、相手もこちらに無理に合わせる必要はないですよね。

家族・親族との関係を良好にしておく

お互いの「家族・親族」との関係は良好にしておくべきです。

とくに自分の両親との関係です。

「相手方の両親との付き合い」がキッカケになって離婚にまで発展してしまう場合もありますよね。

我が家の場合は妻が人見知りなので、慣れるまでは僕の母親と会う時は、必ず一緒についていって間に入るようにしてました。

SNSを見てたりすると「旦那の親が苦手」なんてのをよく目にする時があるので、しっかりとフォローしてあげるべきだと思います。

ちなみに僕はフォローしていましたが、妻は全然フォローしてくれなかったので、妻側の親族と会った時は最初のうちは一人だけ「孤立」してましたね。(笑)

僕のようにならない為にもお互いにフォローしましょう!

情報の共有

自分の事や子供の事などの「情報の共有」はとても大切です。

情報の共有をすることによって、お互いの「状況」を理解することができるんですよね。

いくら一緒に生活しているとはいえ、情報交換がなければ、お互いの事が分からない部分があります。

口に出さなければ分からないことだってあるわけです。

「言わなくても分かってくれるだろう」なんて思ってても、伝わってないことだってありえるじゃないですか。

で、ちょっとしたスレ違いから関係が悪化してしまうことだってありえますよね。

これは、僕たちも経験済みでお互いに「言わなくてもわかるだろ」なんて考えしてたら、意見の食い違いでケンカしたことがあります。

何かある時はしっかりと「口に出して」情報として発信しましょう!

家族を優先する

社会生活する上で人付き合いは欠かせないですよね。

しかし、家庭外ばかり優先していると必ずどこかでツケが回ってきます。

僕は結婚当初は本業と別にアルバイトをしていました。

で、仕事を二つ掛け持ちしていると「付き合い」も多くなってくるんですよね。

ただでさえ、仕事ばかりで家にいないのに、付き合いでさらに家にいる時間が減っていたので、寝る以外は家にいない状況が続いていました。

こんな生活を続けていたら、妻とのコミュニケーションは減り、不満からかケンカも増えてしまったわけです。

結局はアルバイトを辞めたら妻との時間が増えてケンカも自然となくったわけですが、いくら仕事とはいえ僕のように家庭を優先させてないと、トラブルが起こる可能性があるのを分かって頂けたでしょう。

夫婦円満の為にもできる限り、家庭を優先させておいた方が良いと思います。

最後に

夫婦円満って難しいですよね。

自分では「夫婦仲が良い」と思っていても相手が不満を抱えている場合もあるわけですし。

こんな記事書いているけど僕の妻も不満だらけかもしれません。

さて、ご機嫌取りでもしますか。(笑)

おわり。