yotaって誰?

中卒界隈の「自分も中卒」という謎の挨拶について。

こんにちはyota (@yota_28351)です!

当ブログは「低学歴」をテーマに扱っているので、僕のような学歴がない人達からコメントがきたりします。

よく「自分も中卒」という挨拶を目にするんですが、これって考えてみると謎じゃないですか?

まぁ、僕が「中卒」だということをブログに書いているので、「自分も中卒」って挨拶をしてくれてるんだと思うんですけど、なんか不自然な感じがするんですよね(笑)

というわけで今回は「自分も中卒」という謎の挨拶についてです。

何をどうしたらいいかわからない

「自分も中卒です!」って言われたら、僕はどうしたらいいのでしょうか?(笑)

共通点という意味合いでなら分かるんですが、「同じ中卒なんで情報交換しましょう」って人がたまにいるんですが、これメチャクチャ怪しいんですよね。

僕はブログを始めてから5年くらいになりますが、今では「情報交換しましょう」に返信はしていません。

当初は素直に返信してたわけです。

お察しの通り、「こちらの情報だけ抜き取られて音信不通」になりましたね。

なので、過去の経験から「同じ中卒」でって理由だけで、近寄ってくる人はメチャクチャ怪しみます。

もちろん、当ブログには相談窓口があるので、「同じ中卒で〇〇の相談があります」ってちゃんと、伝えてくれる人にはしっかりと返信していますよ!

随時、相談は募集してますので何かありましたら、お気軽に連絡下さい。

「自分も〇〇」という学歴の挨拶は違和感がある

「自分も中卒」のように学歴で挨拶するのって非常に違和感ありますよね。

ブログを通して、何度も「中卒~大学院終了」の人と関わってきましたが、挨拶より先に学歴を出すのは「中卒」の人だけでした。

なぜか、中卒の人達だけ「自分も中卒です!」から決まり文句のように始まるんですよね(笑)

僕と同じなのを伝えてくれているのは分かるんですけど、そこまでアピールしなくても・・・・

僕に相談やコメントをするのに「中卒じゃないとダメ!」とかないですからね!?

「同じ中卒だから」って理由で何か優遇したり、差別したりするわけじゃないですし。

なぜ中卒でグループになるのか?

「類は友を呼ぶ」じゃないですけど、中卒の人達ってやたらグループになろうとしません?

SNSやネット上には、「中卒だけ」のグループを作っていたりするのをよく目にします。

まぁ、僕も同じ中卒なので「社会的価値の低い中卒で何か大きなことやってやろう」みたいなニュアンスで活動する気持ちは分かるんですけど、普通に考えてみたらいろんな学歴の人を集めた方が、面白いことできそうですよね。

同じような属性の人達が集まると、どうしても似たような考え方とかになってしまいますし。

僕が中卒だけのグループを作るのなら、年代と職種がバラバラの人を集めますね。

新しいことを生み出すなら個性豊かなメンバーがいいわけです。

ちなみに、リーダーなどのまとめる役割の人からしたら、同じようなタイプの集団の方がコントロールしやすいんですけどね。

僕は中卒で判断しない

先ほどもいいましたが僕は「同じ中卒」ってだけで対応は変えません。

よく「同じ中卒なんでお話聞かせて下さい」「同じ中卒なんで何か一緒にやりませんか?」などのお声を頂きますが、興味があれば食いつくし、なければ食いつかないわけです。

そこには「同じ中卒だから」というものは一切関係ないんですよね。

いろいろと、誘いを受けたりしますが、そもそも僕は皆さんが思っているようなすごい人じゃないですからね(笑)

読者さんに「低学歴ブロガーの教祖ですか?」なんて言われたことがありますが、僕ってそんな立ち位置なの!?

低学歴のイメージを変える

僕がブログで発信しているのは、「僕の経験が誰かの役に立てば」との思いからなんですが、「低学歴のイメージを変えたい」という理由もあるんですよね。

ハッキリ言って低学歴層ってイメージ悪いじゃないですか。

一部の素行の悪い人達によって、迷惑がかかっている低学歴もいるんですよね。

僕も散々、偏見を持たれてきました。

  • 犯罪者予備軍
  • 頭がイッちゃってる
  • 社会のクズ
  • 生きてる価値すらない

などのことを普通に言ってくる人がいるんですよ!

こういう経験をしてきたからこそ、「低学歴」というものを意識しながら、少しでもイメージを変えられるように行動を続けているわけです。

少しずつですが、ブログの読者さんに「中卒のイメージが変わった」「低学歴にも前向きな人がいるんですね」などの今までと違った見方をしてくれる人達が出てきました。

まずは自分の周りからでも「低学歴」とゆうもののイメージを変えていけたらいいと思います。

最後にまとめ

今回は「自分も中卒」という挨拶についてでした。

「自分も中卒」ってゆうのは、僕と同じような境遇の人達に、ブログが届いてくれているからこその挨拶なのかもしれませんね。

いつも読んでくれている読者さん達に感謝です。

当ブログをこれからも宜しくお願いします!

おわり。