yotaって誰?

学校教育に「親」という学問を取り入れるべきではないだろうか?

こんにちはyota (@yota_28351)です!

学校っていろんな学問が学べますよね。

でも「親」に関することを学ぶ機会ってないじゃないですか。

自立できていない子供からしたら親の影響ってものすごく大きいです。

「親によって人生が左右される」と言っても過言ではないと思います。

というわけで今回は、学校教育に「親を学ぶという学問が必要ではないか?」についてです。

子供は親を信用してしまう

もちろん家族なので子供が親を信用するのは良いことだと思います。

しかし、子供にとって悪影響を及ぼすしてしまう場合もあるのではないでしょうか。

例えば、常に社会に対して「不平不満」を言っている親の元で育った子供は、「社会は悪い所」のような先入観を持ってしまいますよね。

実際に昔の僕は親の考えを信じこんでいました。

貧困家庭だったので、両親は常に裕福な家庭に対する不平不満を口にしていたんですよね。

僕はその影響を受けて、いつのまにか「お金持ちは敵」と思い込んで育ってしまいました。

「貧困家庭は子供の心を豊かに育てよう!」あなたは子供に同じ道を歩ませたいですか?

今は何とも思いませんが10代の頃は、裕福な家庭の人達を理由なしに嫌ってましたし。

このように親の影響を受けて、偏った考えを身に付けてしまう場合もあるので、第三者の客観的な意見が聴ける場があると子供に取って良いのではないでしょうか。

教育に関心がない親がいるのも現実

教育熱心な親もいれば教育に全く興味がない親もいます。

どちらが正しいかは決めつけられませんが、「子供と教育」のようなテーマで、家庭での教育について学べる場があると良いですよね。

子供の頃って何となく「学校で勉強してるから良い」みたいに思いがちですが、家庭でも学べる環境があるかないかで、考え方の大きな違いが表れてくると思います。

僕の場合は貧困からハングリー精神を得られましたが、教養は全く身に付きませんでした。

善し悪しを決めるものではない

「親について学ぶ学問が必要」と述べましたが、これは親の善し悪しの判断をするわけではありません。

自身の親から得られないことを学問を通して「学ぶ」ということです。

まぁ、でも難しいとこですよね。

伝え方を間違えると「うちの親はダメじゃん」なんて思ってしまうかもしれませんし。

しかし、様々な家庭の親を知ることで、自身の親に「こんなことをして欲しい」などの意見を伝えられるようにもなりますよね。

学問を通してお互いに言いたいことが言える、フラットな親子関係が築けたら良いのではないでしょうか。

子供が自立して自ら考える力を養う

学問を通して子供の「自ら考える力」が養ったら良いと思います。

「親に言われたから」と全て鵜呑みにするのではなく、「なぜ言われたのか?」まで考えられるようになると素晴らしいですよね。

僕は「子供だから」という理由で、親の意見を全て聞き入れる必要はないと考えています。

子供だって意見があれば親に言えばいいじゃないですか。

そこを無視していると「何を言っても無駄」と思ってしまい、何も意見を言わない子供になってしまうのではないでしょうか。

子供にだって発言の自由はありますよね。

「親の言い分が絶対」なんて環境はおかしいと思います。

子供に尊敬される親じゃなくても良い

僕には息子が二人いますけど「尊敬して欲しい」なんて気持ちは全くありません。

むしろ、その逆で反面教師になるようにしています。

親は反面教師だっていい!学歴がなくても示せることがある

しかし、他の親御さんを見ていると「子供は親を尊敬するべきだ」という意見の人達も多くいらっしゃいます。

確かに子供が尊敬してくれたら親としては嬉しいですよね。

でも、「尊敬」って強制するのではなく自然となるものじゃないですか。

幼い頃から「親は尊敬するべき」と教えられ続けると、理由なしに「親はすごい」と思い込んでしまいますよね。

これって洗脳に近いような気もします。

こういう環境で育った子供もいるので、学問を通して「親」について考える時間があると良いのではないでしょうか。

別に尊敬されなくたって、子供がすくすく成長してくれればいいじゃないですか!

最後にまとめ

今回は「親」という学問の必要性について考えてみました。

世の中には親のことで悩んでいる人もたくさんいるので、学べる環境があれば救われる人もいると思います。

今後、このような学問が出てきたら良いですよね。

もし、「こういう学問があるよ!」なんて知ってる方がいましたら教えくれると有難いです!

おわり。