yotaって誰?

肉体労働者だからこそ肉体労働以外の「スキル」を持つべき理由

こんにちはyota (@yota_28351)です!

僕は長年、製造業を続けている肉体労働者です。

で、僕がいつも感じていることがあるんですが、肉体労働者って「肉体労働」以外のスキルを持ってない人が多いんですよね。

一生、肉体労働をやるつもりであるなら尚更、他のスキルを持った方が良いと思います。

今回は、「肉体労働以外のスキルを持つべき理由」についてです。

肉体労働者は昭和のまま

まぁ、僕もそうですけど肉体労働者って、「昭和的思考」の人がメチャクチャ多いんですよね。

今の時代、パソコンを使いこなすどころか、「ブラインドタッチ」すらできない肉体労働者がほとんどです。

最近の若者で「パソコンを扱えない」なんて子は、まずいないですよね。

中卒で肉体労働者の僕でさえ、普通にブラインドタッチくらいはできるので、パソコンを全く扱えない肉体労働者はまず文字を入力することから始めた方がいいと思います。

※ちなみにこちらで試した僕のレベルはこんな感じ↓


パソコンが扱えれば、「副業」も出来るので収入元を増やすことができますし。

ペーパーレスの時代はとっくに来ているのに、「自分達にパソコンは必要ない」って、肉体労働者が多すぎです。

製造業で扱う機械も、どんどん進化してて、自分のスマホと連動することが出来たりしますからね!

肉体労働の作業環境も確実に時代が進み始めているのです。

コミュニケーションが苦手な人が多い

肉体労働者って、人と話すのが苦手な人が多い感じがします。

とくに僕のやっている製造業では、「一匹狼」的な感じで、誰ともコミュニケーションを取らずに、黙々と仕事だけをしている人達が必ずいるんですよね。

コミュニケーションを取らなくてもやっていけるのであれば、問題ないかもしれません。

しかし、人生のどこかで必ずコミュニケーションによって、状況が左右される出来事が起こります

例えば、職場で不満があったとします。

コミュニケーションが苦手だと、自分の気持ちを周囲に伝えられずに限界まで我慢してしまい、最悪退職にまで追い込まれてしまうわけです。

僕は実際にこういう人達を何人も見てきました。

苦手な人は、このような事態にならない為にも、ぜひコミュニケーション能力を向上させて欲しいと思います。

「コミュニケーションなんか鍛えても意味ない」って思うかもしれませんが、とっても大切なんですよね。

僕はなんの取り柄がありませんが、人とコミュニケーションを取るのは得意な方です。

この「コミュニケーション」のおかげもあって、僕はリーダーになれたこともありました。

他にも、「仕事を紹介してもらったり」「お客さんと仲良くなったり」と、コミュニケーションのおかげで得たものがたくさんあります。

職場でただ一人「中卒」だった僕がリーダーに就任するまでの思考と行動

身体が動かなくなったら終わり

肉体労働者って体が資本なので、怪我や病気で動けなくなったら、一貫の終わりなんですよね。

とくに重労働の場合だと、「腰を痛めて働けなくなった」なんて人はたくさいます。

考えただけで怖くないですか?

体を壊して肉体労働ができなくなって、他に何もスキルを持ってなかったら、どうします??

僕の父親が肉体労働者だったんですが、仕事中に怪我をしてしまい、まともに働けなくなってからは、内職で生活するはめになりました。

確実に肉体労働しかできない者が体を壊すと、死活問題になってしまうんですよね。

内職で生計を立てる家庭で育った僕が「貧困」から得たものと失ったもの

ITリテラシーやwebの知識は必須

先ほどのパソコンもそうですが、肉体労働者ってITリテラシーやwebの知識を持った人がほとんどいません。

僕は独学でweb制作を学んで、オンラインスクールでも勉強したので、簡単なwebサイトくらいなら作れます。

肉体労働の現場では、このようなスキルは必要ないかもしれませんが、確実に自身のプラスになってくれるはずです。

僕の場合は、このブログ運営に役立っているし、web制作の知識を活かして知り合いのブログ運営を手伝ったりしています。

当ブログや知り合いからは収益化していませんが、これも自分次第で収入元に変えられるので、肉体労働ができなくなった時の保険になりますよね。

今の時代、ネットで本業以外に収入元を作っておくのは誰もがやっていることだと思います。


ビジネスも学んでおく

肉体労働者って「ビジネス」とは無縁な人ばかりです。

とゆうか、今まで一度も周囲の肉体労働者から、ビジネス系の話を聞いたことがありません。

僕は自分でビジネスを立ち上げているわけではありませんが、「ビジネスコミュニティ」で、半年ほど学んだ経験があるので、「収入に繋げる」という感覚は養われていると思います。

この「収入に繋げる」って感覚は収入元を増やしていくのに、とても大切なんですよね。

過去に僕はビジネスコミュニティで学んだことを活かして、「トレンドブログ」や「出張洗車サービス」などで収入を得ていたことがあります。(たいした金額じゃないですけど)

今は、将来の為のインプットに時間を使っているので、一段落したら新しい収入元を増やしていくつもりです。

「自分には関係ない」と決め付けないで、軽くでもいいのでビジネスの世界を知ると将来役に立ってくれると思います。

起業して成功するのは低学歴だった!成功しやすい理由とは!?

最後にまとめ

今回は「肉体労働以外のスキル」の必要性について書いてきました。

改めて考えてみると、本当に「肉体労働」って仕事は危険だなと思います。

学歴も必要とせずに誰でも始められることができますが、その分「将来性が低かったり」とかありますよね。

僕は製造業で経験を積んできたので、今でも続けてますが、収入が低くなった途端にすぐやめます(笑)

その為にいろんな事を学んでいるんですから!

肉体労働しかできない人は、ぜひ一度将来のことを考えてみて下さい。

おわり。