yotaって誰?

費用対効果が高すぎる!低学歴が読書を通して学ぶべき理由

こんにちはyota (@yota_28351)です!

あなたは読書していますか?

僕はマンガも読むし、ビジネス書も読むし、参考書などなどジャンル問わず読みます。

よく、「ビジネスパーソンは読書をするべき」なんて、巷で聞くので何となく読書が必要だと感じている人も、多いのではないでしょうか。

しかし、僕からするとビジネスパーソンよりも、低学歴の人達こそ読書を習慣化する必要があると思っています。

というわけで今回は、読書を通してたくさんの学びを得た僕が、「低学歴は読書をすると良いよ!」って話です。

低学歴が読書をする一番の目的

低学歴の僕らが読書をする最大の目的は、「本からたくさんの学び」を得るというのが目的です。

学校で学んでいた期間が短い低学歴層でも、本に先生になってもらい、自身を成長させることができます。

読書を習慣にしていない人でも、マンガは読んだことあるはずです。

マンガを読み終わった後のことを思い出してみて下さい。

読後は、「続きが気になる」「ストーリーが面白い」「主人公に共感できるな」などの何らかの考えが生まれているでしょう。

これは読書を通して新しい知識が、インプットされたからであって、何も読んでない状態に比べると確実に新しい情報が、自身の中に入ってきています。

これを仕事や思考の変化に役立つような、本で試すと学びが多く成長に繋がるってわけなのです。

教養を増やす

僕のような低学歴が社会に出て痛感するのは、「教養が低い」ということ。

本は著者の考えや経験が体系的にまとめられています。

これほど社会人が教養を伸ばすのに優れているテキストはありませんよね。

読書の習慣がない人は、「何でも良いからビジネス書を読む」ってとこから始めると良いと思います。

ビジネス書は仕事術や成功体験が濃く記されているので、すでに社会人になってしまっている低学歴層には、持ってこいなのです。

しかも、ビジネス本を出版しているような人達は、かなりの確立で高学歴エリートです。

低学歴の世界ではまず高学歴エリートには出会えませんよね。

本を読むだけで普段、出会えないような人達の考えが知れるのってすごくないですか!?

語彙を増やす

語彙力に自身はありますか?

僕は見ての通りこの程度の内容の記事しか書けません。

ブログを書くようになってこれでもマシになった方です・・・・

語彙が少ないと表現力が低く、相手に伝える力も弱くなってしまいますよね。

この語彙力も読書を通じて上げることができるので、小説などの表現豊かな書籍を読むと良いと思います。

ビジネス本ではビジネス用語を学んだりもできますよね。

論理的思考を身に付ける

「論理的思考」はビジネスパーソンなら身に付けるべきだと僕は思います。

まぁ、僕も苦手ですけど物事を論理的に考えられると、先ほどの語彙力と合わせ、圧倒的に伝える力が強くなるんですよね。

僕が通信制大学に入学した時も、プレゼンが上手い人は苦手な人に比べ、論理的に物事を考えるのに慣れていました。

中卒が大学生になってわかったこと。高学歴は「論理的思考力」が違う 中卒が通信制大学に入って一年で満足して退学した理由&入学希望者に伝えたいこと

低学歴層が、「高学歴の人は理屈っぽい」ってあったりしますが、これは論理的思考の違いからくるものなんですよね。

「考える力をつける」定番といったらこちらがオススメ。

僕が仕事で役立った本

ここでは僕が実際に仕事で役立った本のご紹介。

それがこちらのドラッカーの「マネジメント」です。

僕がこの本を手にしたのは、リーダーに任命され部下を持つ立場になった時でした。

タイトル通り、「マネジメント」について書かれた内容ですが、管理職経験のなかった僕にとっては、参考書のような存在でした。

まさに、「もしドラ」みたいな感じでしたねw

「本の内容をそのまま真似しても上手くいかないのでは?」と思うかもしれませんが、組織として成熟していない企業だったので、十分通用しましたねw

この読書のおかげで僕の評価は上がり、一年ほどリーダーの経験をした後は高待遇転職の武器になってくれました。

いやー。本様様です!

職場でただ一人「中卒」だった僕がリーダーに就任するまでの思考と行動

紙か電子書籍か?

読書をするにしても、「紙か?電子書籍にするか?」悩みどころだと思います。

僕の場合は両方使い分けていますね。

個人的には紙の質感が好きなんですが、やっぱね電子書籍は便利!

読みたい本はすぐダウンロードできるし、キンドルだと本体自体安いし(モデルによって値段は変わります)、書籍セールもあるのでお得すぎます。

僕の使い分け方は、参考書や中古の本、紙でしかない本は紙で、後の読みたいものはキンドルって感じです。

キンドルはどこでも持ち運べてかさばらないし、ちょっとしたすき間時間に読書ができるのも魅力なんですよね。

最後にまとめ

読書って本当に費用対効果が高いんです!

一冊、1500円程度で著者の人生を知ることができちゃうし、学びを得られちゃんですから。

ぜひ読書を習慣にして欲しいと思います。

あっ、 何かオススメのビジネス本とかあったら教えくださーい!

おわり。