yotaって誰?

学歴なんて関係ない!人が避ける仕事ほど評価や価値が上がりやすい

こんにちはyota (@yota_28351)です!

会社員なら誰もが評価を少なからず、気にしていると思います。

でも、実際は自分の予想より低いのが現実ですよね。

ちなみに、僕は中卒で社会的価値が低いんですが、仕事には一切困ったことはないし、今では十分に評価をもらえて満足しています。(好きな仕事をやっているかどうかは別として)

今は良い評価をもらえてますが、特別に何かしてきたわけでもないんですよね。

ただ、「皆がやりたがらない仕事を続けてきただけ」です。

これだけのことで評価をもらえるんなんて不思議ですよね?

というわけで、今回は「人が避ける仕事ほど評価や価値が上がりやすい」について書いていきます!

僕が続けてきたのは製造業

僕が長年続けてきたのは製造業で、2017年で15年目になります。

先に言っておきますが、仕事自体はつまらないですし、生活のためだけに続けている感じです。

でも、「つまらない」って感じるのは僕だけではなく、若い世代になればなるほど、やりたがらない職種でもあります。

製造業ってルーティンワークな所もあるので、同じことを永遠と繰り返す仕事もあるので、慣れている人でも飽きてしまうんですよね。

僕は心の中で、「あーつまんねぇ、あーつまんねぇ」を繰り返しています(笑)

最近では製造業のような、工場労働を嫌がる若者が激増しているので、若い職人が育たないのも現実です。

「若い職人が育たない」理由を製造業15年以上の経験から伝えよう。

で、僕がなぜ評価が高いと思いますか?

今年で33になるんですけど、同い年くらいだったら、圧倒的にキャリアが長いんですよね。

しかも、若者の工場労働離れが進んでいるので、僕の年齢でもまだまだ若い方に入るし。

キャリアが長いだけで評価されるんだから、製造業はそれだけ若者不足なんですよね。

どれだけ評価をもらえているかというと、高年収ではありませんが、サラリーマンの平均年収以上は頂いてます。

とくに難しい仕事をしているわけでもなく、若者が嫌がらる仕事を続けてきただけの中卒がですよ?

真面目に大学まで卒業して、好きでもない仕事をして、年収300万円代とかになってしまうのは、皆が同じ土俵に立ちすぎなのが原因だと思います。

相手に「いなくなったら困る」と思わせたら勝ち

人が嫌がる仕事って、求人かけて雇ってもすぐ辞めてしまったりするので、続けているだけで重宝されます。

僕はこれを利用して収入を上げてきました。

年齢の割にキャリアが長く、同業の中では市場価値が高いのを知っているので、ある程度スキルが身に付いたら給料交渉をしたりしました。

交渉はストレートに、「賃金が低いので転職を考えているんですが」と。

うる覚えなんですが、3回やって2回くらいは成功しています。(確か1万upと4万upだったかな?)

一回は失敗してそのまま転職になりましたけどね!

賃金を上げてもらった時はどちらも、「いなくなったら困る」という理由で対応してくれたわけです。

もちろん、二回目は通用しないので、転職をする時はしっかりとスキルを身に付けてからにするべきですね。

人が避ける仕事を続けられるだけで収入が上がる

一番簡単にサラリーマンとして、収入を上げられるのは、「人が嫌がる仕事を続ける」だと思っています。

実際に僕が実践してきましたし。

やはり、どうしても働きやすい環境の職場って人が集まりやすいんですよね。

そうなれば、必然的に競争が激しくなりますので、評価はされにくくなってきます。

僕のいる低学歴の世界って、そういう仕事結構あるんですよね。

大学進学率が50%を超えている時代の低学歴層の仕事といったら、「肉体労働」が主です。

肉体労働の本当のメリット・デメリットを15年以上の経験から語ってみる

しかし、学歴もなくこの肉体労働を嫌がる若者が多いので、人員も不足し、賃金を上げて対応している企業が増えてきたりもしています。

「肉体労働=低賃金」なんて考えが根付いていますが、ゆとりのある生活を送っている肉体労働者って結構いるんですよ?

最後にまとめ

「とりあえず仕事は3年」みたいなのがありますけど、「とりあえず人の嫌がる仕事をする」にした方が将来性はあると思うんですけどね。

まぁ、皆が嫌がる仕事は当然に、自分自身も苦痛を伴うリスクもありますが・・・・

確実に評価を上げたい人にはオススメです!

後は、人がやらない業務を率先してやるのも評価されますよね。

個人的には収入が上がっていけば、評価なんてどうでもいいんですが(笑)

おわり。