yotaって誰?

めんどくさがりな性格は人生損している!22の損をご紹介

こんにちはyota (@yota_28351)です!

みなさんは、「めんどくさがり」ですか?僕は結構めんどくさがりですw

めんどくさがりって、よくよく考えてみると色々な場面で損しています。

しかも、「あの時、めんどくさがっていなければ、状況が違っていた」なんて経験は一度や二度はありますよね。

さすがに、何回も同じことを繰り返していると「マメな性格になろう」って気持ちになってきます。

やっぱり、めんどくさがりって色々な場面で損しているんですよね。

僕がめんどくさがりで、功を奏したのは仕事くらいですかねー。

この記事では経験をもとに、「めんどくさがると人生損してしまう」というものを紹介します。

長期的な視点で見ていくと、めんどくさがらないだけで結果が変わるなんてことはたくさんあるんですよね。

「めんどくさがり」とは

まず、最初に意味を見ておきましょう。

何事も面倒だと考える傾向にある人。

引用元:Weblio

はい、そのままの意味でしたねw

まぁ、僕なんかはメチャクチャ当てはまっているんですけどね。

1.食事

食事はめんどくさがると弊害が多いです。

例えば、自分の好きな食べ物ばかり食べていると、栄養が偏り生活費習慣病になりやすくなってしまいますよね。

他にも、作るのがめんどうで外食やデリバリーばかりだと、結構な金額を消費してしまいます。

家族が多ければ、一度で1万円以上消えてしまったり。

食事は普段の生活の中で欠かせない大事なものなので、めんどくさがらずに栄養のバランス考えたり、料理をしたりした方がいいでしょう。

最終的に損をしてしまうのは自分です。

2.運動

運動も食事と同じくらい健康を維持するには大切ですよね。

やはり適度な運動をしていると、年配の人でも健康的です。

僕の職場では若い頃から肉体労働をやっているせいもあってか、70歳を過ぎても体はガッチリしてバリバリ働いている方がいます。

それとは逆に、何かと理由をつけてめんどくさって運動をしないと、若くてもメタボになってしまいます。

これでは将来が心配ですよね。

忙しい社会人でも通勤で歩いてみたり24時間のジムに通ってみるなどして、適度な運動をしてみましょう。

肉体労働の本当のメリット・デメリットを15年以上の経験から語ってみる

3.仕事

誰もが一度は仕事が「面倒」と感じたことがはりあますよね。

とくに月曜なんてやる気ゼロ・・・・ 僕だけ?

しかし、面倒だからと言ってサボっていてはいけません。

たまーにいるんですよね。

上手く人の影に隠れて仕事をしているようでしてない人。

でも、大抵ずるをしている人ってバレます。

僕が今まで見たのは、長年サボっていたのがバレてしまい、居場所がなくなり退職をするはめになった人です。

まぁ、自業自得なんですけどね。

こうならない為にも雇われているのであれば、めんどくさがらず業務をこなすべきです。

ずるはダメ!!

4.掃除

自分の身の回りは、掃除をする習慣をつけておいた方が良いです。

職場で率先してやれば印象も良くなるし、周囲にも好影響を与えます。

一番気をつけなければならないのが自宅の掃除です。

現代人は忙しいのはわかりますが、汚い部屋で生活をしていれば、ハウスダストアレルギーを引き起こすことだってありえます。

僕もめんどくさがりなので、掃除が面倒なのは分かります。

けれど、気づいたらすぐ片付けたり掃除をする習慣をつけておくと、キレイな部屋を保つことができます。

アパートやマンションでは夜に掃除を始めてクレームきたことあるので、みなさんはお気をつけを!

5.勉強

勉強って興味がないとめんどうでしかありませんよね。

しかし、社会に出てからこそ、「勉強は大事」だと痛感しました。

僕のように肉体労働をしているのであれば、勉強はそれほど必要ないかもしれませんが、自分のスキルを伸ばしていくには必要不可欠です。

勉強は歳を重ねるほど、差が出てくるので若い頃から続けていた方が良いです。

勉強をする人としない人では、「こんなにも違いが出るのか!」と感じた経験があるので紹介します。

僕の知り合いに、40代後半でアルバイトをしながら家族を養っている人がいました。

「このままじゃいかん!」と一念発起して、自分の業種にあった資格を取得して、今では以前とは比べものにならないくらい収入が上がったそうです。

どうですか?

これはめんどくさがらずに勉強をしたからこそ出た結果ですよね。

ちなみに、この人はアルバイト時代に、同年代の人にアルバイト生活をバカにされた経験があります。

けれども、バカにした方は勉強もせず毎日過ごしていたので収入は変わらずで、バカにされた方は勉強を続けていたので、今では比べものにならないくらい収入の差が出てしまいました。

働きながら勉強を定着させる為に僕が捨てたもの。自己啓発を7年継続中!!

6.コミュニケーション

社会生活していく上で、コミュニケーションは欠かせません。

「他者と関わりを持つのがめんどくさい」と避けていたら、どんどん自分の世界に閉じこもってしまいます。

コミュニケーション能力に個人差はあると思いますが、どんなにインターネットが普及しても結局は「人対人」なので健全な心を保つためにも、めんどくさがらず積極的にコミュニケーションをとるべきなのではないでしょうか。

7.身なり

「身なりなんか気にしない!」という人もいますが、周囲に不快感を与えないくらいの清潔感は保つべきです。

僕のような肉体労働をしている人で、服は変えないし、お風呂もめったに入らないような人が稀にいるんですよね。

昔の職場で夏になると何とも言えない独特の臭いがして、周囲の人が吐き気を催すくらいの激臭を放っている人がいました。(社内で問題になるほど)

身なりを清潔にするのをめんどくさがると「激臭」という凶器になるので、最低限のエチケットはもちましょう!

8.片付け

「片付けができない」と病気で苦しんでいる人もいらっしゃいますが、ただ「めんどくさい」という理由だけで片付けないのはダメです。

とくに子供がいる家庭では、物が整理整頓された環境でないと、子供にとっては「散らかっているのが普通」という状態になってしまいます。

こうなってしまうと、「散らかっている」という認識が低くなるので、ゴミ屋敷のようになってしまう可能性だってありますよね。

他にも、物があふれていれば、どこに何が置いてあるのかも管理しづらくなります。

管理できなければ不必要な物を買ってしまったりと、金銭的にもどんどん悪循環にハマっていってしまったりと良いことがないんですよね。

こうならない為にも、物の置き場所や必要ない物は、すぐ捨てるように自分なりのルールを決めておくと良いです。

9.予定

予定日が近くなると、面倒になってきたりしますよね。

一度や二度ならいいかもしれませんが、毎回予定をキャンセルしていると良いことはありません。

例えば、友達との約束を毎回のように、「面倒だから」とドタキャンしていたら、次第に誘われるどころか「どうせドタキャンされるし」と付き合いすらなくってしまいます。

こうならない為にも、出不精でも予定は守るようにしましょう。

案外、外に出たら動く前と違って気持ちが楽になったり、「出かけてよかった」などと思えたりします。

10.体調管理

これ僕も結構やってしまうんですけど、体調管理って難しいんですよね。普段から「体調、体調」と念仏のように気にするのもめんどうですし。

けれども、めんどくさがって体調管理をしていないと、結局は風邪などで寝込んでしまったりして時間を無駄にしてしまいます。

僕の場合は勉強をしていて、「次の日にわからない部分を残すとめんどうだな」と、徹夜していたら案の定寝不足になりました。

寝不足が影響して集中力が保てず、仕事中にケガをした経験があります。

これは完全に僕のミスですよね。

貴重な時間を体調不良やケガで無駄にしない為にも、普段から可能な限り体調管理に務めるべきなのです。

11.親切心

人に親切にできる人は、とても素晴らしく思います。

けれども、人に親切にするには勇気がいるし、面倒な部分もありますよね。

しかし、損得勘定抜きで人に親切にしていると、自分が困っている時に助けてもらえたりします。

僕の場合は、転職を考えていた時に仕事を紹介してもらったり、人を紹介してもらったりというような恩恵を頂いたことがあります。(通勤が遠かったので断ってしまいましたが)

こんな感じで、他者に自分ができることを惜しみなく与えていると、自然と恩恵が返ってきたりします。

この「他者に自分のできることを与える」のは、成功者と呼ばれる人達も口を揃えて言っています。

[親切心]バスで席を譲ったら怒られた!親切の押し売りだったのか!?

12.考える

よく「考えるのが面倒」って言う人がいますが、思考を停止させてしまうと自分の考えがなくなり、周囲に流されてしまったりします。

周囲に流されるってことは、物事に対して善し悪しの判断もつかなくなるので危険です。

それに社会人であるなら意思決定もできないので、「誰かに指示をもらわないと動けない」という状態になってしまいます。

こうなってしまうと社畜路線まっしぐらですよね。

そうならない為にも、普段から何事に関しても考えるクセをつけておくのは重要なのです。

向上心のない「働かせてもらえるだけでありがたい」は社畜路線まっしぐら

13.難しいこと

困難に出会ったときこそ、逃げずに向き合えば成長できるチャンスです。

ハッキリ言って難しいことってめんどうですよね。

しかし、困難に直面するたびに、めんどくさがって避けていると逃げグセがついてしまいます。

そうなってしまうと、抜け出すのは中々大変でしょう。

困難に直面した時にこそ、失敗を恐れずに進むべきです。

失敗してもそこから学びがあるし、逃げなかったことに自信もついたりします。「めんどくさい」からは何も生まれません。

14.お礼

みなさんはちゃんとお礼を言えていますか?

お礼は感謝の気持ちを伝える大切な言葉です。

「なんでわざわざ言わないといけないの?」「自分より目下だから」などと、めんどくさがってお礼を言わない人がいるのも事実です。

お礼を伝えるのは相手を敬うためにも、とても大切になっています。

例えば、恋人や夫婦でも何かしてもらったら「ありがとう」は言いますよね?

それを「別に言う必要ないでしょ」と勝手に思い込み、その状態が続けば「ありがとうも言ってもらえない」となり、仲が悪くなってしまう場合だってありえます。

誰に対してもお礼を言える人はとても素晴らしいですよね。

15.すぐ諦める

めんどくさがりだと、すぐ諦めてしまったりします。

これは先程の「13.難しいこと」に似ていますが、さらに質が悪いように思えます。

何事もすぐ諦めてしまうというのは、努力ができずに変化が少ない状態になってしまうからです。

人生では必ずどこかで、努力をしなければならない時期があります。

しかし、それを「面倒だから」と言って諦めていたら、何年立っても同じままという変化のない人生を送ることになります。

変化のある充実した人生を望むのなら、簡単に諦めずに努力を続けるべきなのです。

16.移動手段

めんどくさがりだと、移動手段にも特徴が出てきますね。

歩いて5分や10分の場所に、「面倒だから」と、言ってバスやタクシーを使うのはもったいなくないですか?

急用で急いでいるならまだしも、毎回だと料金もバカにならなくなってきますよね。

これをめんどくさがらずに歩きにするだけで節約にもなるし、「2.運動」で書いたように運動にもなるので一石二鳥です。

歩くのが嫌な人は、クロスバイクを使うと良いかもしれませんね。

交通機関を利用するより遥かにコストを抑えられるので良いです。

17.天気

天気をチェックしない人は、本当にチェックしませんよね。

確かに毎日、天候を気にしているのもめんどうな部分があります。

しかし、天気を何となくでも、知っておくと色々なメリットがあります。

例えば、天気予報で朝は晴れているけど、夕方には雨になる予想が出てる時には傘を持っていけますよね。

何も確認しないで、「朝晴れているから大丈夫か」などど出かけてしまうと、急な雨で濡れてしまし風邪をひいてしまうなんてことが十分にありえます。

他にも洗濯物が濡れてしまえば、もう一度洗い直さなければいけなかったりと、雨に濡れることによって様々な手間が発生してしまいます。

18.イベント

みなさんイベントはやっていますか?

イベントって企画を考えたりめんどうなんですよねー。

「これが損と何の関係があるの?」と思うかもしれませんが、イベントをめんどくさがっていると意外に損があったりします。

例えば、一番多い事例では誕生日でしょう。

誰もが一度は、誕生日を友達や家族に祝ってもらった楽しい思い出があるはずです。

しかし、ある時に今まで誕生日をお祝いしていたのに、「面倒だから今回はやめとくか」などと、やめてしまったら相手はどう感じるでしょう?

「今回はお祝いしてくれないのか?」「忘れているのか?」などと、マイナスな考えを持たれてしまう場合だってありえます。

最悪の場合は、その人との関係が悪化してしまう可能性だってありえるでしょう。

何かと社会ではクリスマスやバレンタインなどの季節を感じられるイベントがたくさあります。

こういったイベントを積極的に参加すると、人脈が増えたり、あまり話したことがなかった人とも親睦が深まったりとゆうメリットがあります。

19.洗車

洗車をめんどくさがる人って多いんですよね。

僕は車大好きなので洗車も大好きなんですけど、車が好きじゃない人はめんどうでもやった方が良いです。

なぜかと言うと、面倒な人って洗車をガソリンスタンドやカーショップで頼んだりしますよね。

で、洗車代だけならまだしも、「洗車ついでに点検いかがですか?」と必ずと言っていいほど勧誘があります。

しかも整備する必要のない状態とかでも、「このまま乗っていたら危ないですよ!」などと、知識がない人の不安をあおってセールスをしている場合も考えられますよね。

他にも洗車を長い間やっていないと、ボディが焼けてしまって光沢もなくなっているので、「コーティングした方がいいです!」などと、何かとセールスされてしまいます。

洗車は自分でやっても十分キレイになるので、ぜひ自分でやって欲しいと思います。

20.効率

めんどくさがりだと効率を考えたりしませんよね。

そもそも「12.考える」のように考えること自体が面倒ですし。

けれども、効率を軽視しているとメチャクチャ時間を損しているんですよね。

仕事で例えてみると、手際が悪い人は効率を考えていないことが多いです。

逆に手際が良い人は常に、「どうしたらスムーズに行えるのか?」と効率ばかりを考えています。

この考え方の違いだけで成果に大きな差が出てきます。

効率が悪ければ仕事が終わらずに、残業するはめになってしまう可能性だってあるでしょう。

そうなってしまうと自分の時間が減ってしまうだけです。

人生は有限なので時間は大切に使うべきなのです。
[製造業]中卒の僕がコンサルタントから学んだ「生産性向上」という武器

21.市場価値

社会では絶対安泰はありえません。

どんなに仕事ができる人でも、会社の業績が悪ければリストラされてしまうことさえありえます。

いつリストラされても大丈夫なような対策はしておくべきです。

例えば、対策として資格やスキルを身に付けておくのもいいかもしれません。

しかし、何よりも大事なのは、「自分の市場価値」を理解しておくことです。

いくら資格やスキルがあったとしても、社会が必要としなければ役立たせることができません。

こうならない為にも、日頃から求人サイトやビジネス雑誌などで、「必要とされているものは何か?」をチェックしておきます。

必要とされているものが分かれば、自分の能力を棚卸してみて現状を把握しましょう。

絶対ではないですが、自分の市場価値を理解しておくことで、必要以上に期待することも不安になることもなく平常心でいられるのです。

転職を考えていないと求人を見たりするのは面倒ですが、業種ごとに必要とされている人材を知るには一番のツールになってくれます。

低学歴が陥りがちな資格の罠。「役に立ちそうだから」で取得してませんよね?

22.通販

通販は便利な反面、非常に危険でもあります。

今の時代、通販で買えないものがないくらいですよね。

しかし、「お店に行くのが面倒」という理由で通販を利用しているなら気をつけた方がいいです。

とにかく通販は便利すぎます!!

なんでもかんでも通販で頼んでいたら、外に出る頻度が減るし、人とも関わりが少なくなるので不健全な生活になってしまいますよね。

今の時代、ネットで収入を得ることも可能なので、食事も出前で済ませたら外に出る機会が全くありません。

健全な生活を送るには、外に出ることも大切なのです。

「めんどくさい」をなくす本

最後に「めんどくさい」をなくす本を紹介します。10万部も売れている名著で「めんどくさい」を心理テクニックを用いて解消できる内容になっています。僕も実際に読んでみましたが、読後は気持ちがスッキリしていました。

内容は「なぜめんどくさいがあるのか?」の説明から始まり、「めんどくさい」をなくす方法を4つの原則に分けて、具体例を出しながら詳細に解説しています。(他にも、めんどくさいをなくす10の工夫とか、心理的手法がたくさん記載されています。)

印象的だったのが、マイナスなイメージをもちやすい「めんどくさい」を肯定的に捉えていることです。めんどくさがりじゃない人でも、ぜひ読んでもらいたいですね。考え方が変わりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください