yotaって誰?

[河川敷]夜間のランニングはライトを点けろ!無灯火ランナーの暗闇走行は危険がいっぱい!!

こんにちはyota (@yota_28351)です!

最近ランニングにハマりすぎて、いろんな人に引かれ始めております。

僕は、ほぼ毎日走っていて、平日は仕事が終わった後にランニングしてるわけです。

で、冬になるにつれ日が落ちるのが早くなり、夕方には真っ暗になりますよね。

この暗闇の中をライトも身に付けないで走っている人が、まぁ多いこと!

街中を走るのなら街灯があるので良いかもしれませんが、それでも危ないですよね。

僕は河川敷を走っているので、街灯もなく薄日程度で、ほとんど真っ暗。

なのに、ライトも点けない無灯火ランナーが本当に多くて危ない!

というわけで今回は、「無灯火ランナー」について書いていきたいと思います。

僕が身に付けているもの

僕は暗闇の中で走り続けるなんてことは怖くてできません。

ランニングを始めた当初から、夜間に走行する場合は腕にライトを身に付けて走っています。

僕が購入したものはこちら。

このライトは二千円程度で買えるのでコスパも良いです。

点灯パターンは常時点灯と点滅が可能で、LEDなので光量も十分にあります。

暗闇の中で見ると眩しいくらいなので、視認性も高く、夜間ランナーにはもってこいです。

ランニング中に同じものを身に付けている人を見かけるので、ランナーには定番なんですかね?

近くにこないと気づかない

無灯火ランナーの何が怖いかというと、暗闇の中だから視界が悪く、近づいてこないと気づけないんですよね。

僕はライトを身に付けてるので、気付かずに真っ直ぐ走っていても相手が避けてくれます。

しかし、いくら相手が避けてくれても、僕からしたらかなり近い距離になってから相手に気付くので、ビックリするんですよね。

イメージとしては急に暗闇から、「ふっ!」って人が出てくる感じです。

これが心臓に悪いなんの(笑)

実際に無灯火ランナー同士でぶつかりそうになって、「すみません」と、お互いで謝っている人もいましたし。

それとは反対にライトを身に付けているランナーは遠くから確認できるので、ぶつかりそうになるとかはないんですよね。

たった一つのライトでこれほど違うので、めんどくさがらずぜひライトを使ってもらいたいものです。

道路の段差でつまずく

暗闇で走っていると道路の状況もわからないので危険なんですよね。

これは僕も悩みでした。

僕は腕にライトを付けているので、相手からは確認しやすいんですが、道路は照らせないので足元が暗いです。

んで、最近は自転車用のライトを持って走っているので、夜間でも道路がよく見えます。

しかし、無灯火ランナーはここでも危ないんですよね。

僕も自転車用ライトを持つまで経験してたんですけど、いくら気を付けていても、舗装が悪い所や段差でつまずいてしまうんです。

そりゃそうですよね?真っ暗闇で足元が見えないような場所を走ってるんですから。

僕はだいたいキロ5~6分ペースで走っているので、それほどスピードが出てないので、多少は安全かもしれません。

しかし、キロ3~4分(1km3分で時速20キロ)ランナーはかなりのスピードが出てるので、つまずいた時のことを考えると恐ろしいですよね。

他にも段差がいきなりくるので、膝カックンされますし(笑)

無灯火ランナーはマジで危ないよ?

追記:こちらの手持ちライトを購入しました!

メチャクチャ明るくて、少し恥ずかしい感じもしますが、かなり視界が良好です。

万が一倒れた場合発見が遅れる

ランニングって無理なペースで走り、脱水症状を起こして倒れてしまうなんてことがリアルにあります。

駅伝でも倒れてしまった選手とか、テレビで見かけたりしますし。

考えてみてください。

あなたが無灯火でランニング中に倒れてしまったら、すぐに誰かが気づいてくれますか?

暗い地面に人が倒れていても、暗闇の中じゃ中々気づいてもらえないのが現実でしょう。

それが、ライトを身に付けていたら、不自然なライトの動きに誰かが反応してくれて、すぐに見つけてもらえるかもしれません。

無灯火ランナーは、倒れても誰にも発見してもらえない可能性がありますが、他にも「自転車にひかれてしまう」なんてことも考えられます。

河川敷って、クロスバイクでものすごいスピードで走行している人多いんですよね。

そんな中、暗闇に人が倒れていたらどうなります?

気づいた時にはひいてしまうし、クロスバイクの人も大怪我を負ってしまうでしょう。

本当に無灯火ランナーは危険なのです。

最後にまとめ

河川敷で走ってると、無灯火ランナーメチャクチャ多いんですよね。

ライトなんて千円~二千円程度で買えるので、身の危険を考えたら安い買い物です。

僕が走ってるコースでは、若者はしっかりとライトを身に付けてますが、年配の無灯火ランナーが多い感じがします。

一番ビックリしたのが、おじいちゃんが道路のど真ん中で、月に向かって拝んでいた時です(笑)

いやいや、怖いって!

ぜひ無灯火ランナーが減ってもらいたいものです。

おわり。