yotaって誰?

「社会」に合わせ「時代の流れ」に沿わなければ淘汰される辛さについて

こんにちはyota (@yota_28351)です!

いやー、社会はどんどん変化しながら時代は流れていきますよね。

その中で、僕達社会人は常にアンテナを張り巡らせ、「周囲から置いてけぼり」になるないように、日々努力しているわけでもあります。

でも、今の時代って変化が早すぎるし、せかせかしている感じがして疲れませんか?

僕は今30代なんですが、子供だった20年くらい前はもっとノンビリしてたような気がします。(大人になったからかもしれませんが)

というわけで今回は、僕が今まで社会で感じてきた「社会に合わせ、時代の流れに沿う」についてです!

周りと同じが正しい

社会ではとにかく集団に属して、周りと同じような行動を取ることを求められますよね。

確かに集団で行動してくれたら、管理する方は楽かもしれませんが、個々の「個性」が消えてしまうじゃないですか。

僕は輪を乱すってわけじゃないですけど、皆が同じ行動を当たり前のように取るのに、違和感を感じて仕方ありません。

理不尽なことには結構ズバズバ言ってしまうタイプなので、いろいろな経験をしてきましたね(笑)

昔働いていた職場では、事務所でネットサーフィンや通販で自分の洋服などを買っていつも遊んでいる、経営陣に「それは職場でやることですか?」と、質問したのをキッカケに追い込まれて退職するハメなんかにも・・・・

これは誰もが「おかしい!」と思っていたのに、「皆が言わないから一人だと目立ってしまう」って感じで、社員全員が同じ行動を取っていたんですよね。

で、影でコソコソ文句を言っているんですよ?

だったら、直接言った方がいいと僕は思います。

案の定、僕は退職しましたが「何も言わない」という同じ行動を取ってた人達からは、「よく言った!」って褒められました。

褒めるんだったら周りを気にしてないで、自分で行動すればいいと思うですけどね。

まぁ、ブラック体質の企業だったので辞めて正解でした。

ものが溢れすぎるている

今の時代って本当に「もの」がたくさんありますよね。

「ミニマリスト」なんて言葉が流行るくらい、「もの」だらけな社会なわけです。

「ものがあって当たり前」な時代だからこそ、持っているもので人間関係とかが変わってきたりもします。

僕には今年、中一になる息子がいますが周りの子達の「スマホ」所有率に驚きました。

半数以上がスマホを持っていて、「遊びの約束」などもLINEでしたりするんですよね。

友達同士でLINEグループも作っているので、スマホを持ってない子達は自然と輪から外されてしまいます。

僕もコミュニケーションツールとして、息子にスマホを買いましたが、スマホを持ってからは遊びに行く頻度も増えました。

子供の頃にスマホがなかった世代の僕からすると、「スマホ」を持ってないだけで友達関係に影響があるのが、不思議で仕方ありません。

個人的には高校生くらいまでは必要ないと考えていましたが、周りの親が持たせるので、子供の人間関係を考えて与えました。

けれども、スマホトラブルなどもあるので、なるべくなら持たせくないんですよね。

中には「スマホを持ってない方がおかしい」って考えの子供もいるんですよ!

どうなってるんだ!?

格差が広がる

今でも格差社会ですが、今後ますます差が大きくなると思います。

仕事なんかでも「昔から変化がない」というような古い体質の企業は、どんどん時代に取り残され、倒産に追い込まれているじゃないですか。

これと同じで「個人」も変化できなければ、どんどん淘汰されていくんですよね。

僕は中卒なので低学歴の世界で生きていますが、「昔から変化を求めてこなかった」って中高年の人を見かけたりします。

こういう人達って、何十年も前からスキルが変化していないので定職にも就けず、収入が不安定で生活が厳しかったりするわけです。

当然に、時代に合わせ、変化してきてたらこうはなりませんよね?

よく昔の職人で「パソコンが扱えない」って人がいますが、今の時代にありえじゃないですか。

しっかりと時代に沿ってきた人だと、年配の人でも当たり前にパソコンを扱えるわけですし。

僕も時代に淘汰されないように、少しずつスキルを増やしていきたいものです。

もう「従順に一生懸命働いていればいい」なんて時代はとっくに終わってますよね。

我慢は美徳なのか?

年配者を中心に「我慢は美徳」みたいな風潮がまだまだ残ってますよね。

僕はこの「我慢」ってのがよくないと思っています。

生活の為に好きでもない仕事を嫌々、我慢しながら続けている人がたくさんいるじゃないですか。

まぁ、僕もそうなんですが「苦しさ」しかないんですよね。

中には我慢がたたって、鬱病になってしまう人もいますし。

この「我慢」ってのを美徳に考えている人は、すぐに「根性がない」って発想にも繋げていきますよね。

自身の身体を壊さない為にも時には、我慢から逃げることも大切なのではないでしょうか。

僕は若者を応援する

今の若者達が社会の中心になる頃には、今よりも「生きやすい」時代になっていると僕は思います。

ネット上では「好きなことだけして生きてく」という若者が増えてるし、夢があって素敵じゃないですか。

なのに、「苦労」や「根性論」が大好きな世代は、「世の中そんなに甘くない」とか否定する意味が分かりません

「好きなことだけして生きてく」が主流になったら若者じゃなくても、救われる人はたくさんいると思います。

社会を変えようとしている若者を頭ごなしに否定するのは情けないですよね。

ものや情報が溢れている時代に生まれた今の若者達って本当に優秀だと思いますよ!

最後にまとめ

今回は僕が社会で感じてきた「社会に合わせ、時代の流れに沿う」についてでした。

なんだか常に周囲に合わせるような生活は疲れますよね。

時代の流れも早いし、ボーッとしている暇もありません。

ノンビリ平和に暮らしたいものです。

おわり。