yotaって誰?

「高校辞めたい」にちょっと待った!!中卒での社会生活を伝えたい

こんにちはyota (@yota_28351)です!

「高校辞めたい」と悩んでいる人や、その家族の人もいることでしょう。しかし、高校にすら進学していない、中卒の僕からすると、「ちょっと待った!!」と声を大にして言いたいです。

今回は僕が中卒で15年以上、社会を生き抜いてきた経験を紹介したいと思います。やはり、中卒ってどんな理由があったとしても、社会では良いイメージはないんですよね。

先に言っておきますが、高校を辞めたとしても、結局はまともに社会で生き抜いていこうと思ったら勉強は一生必要です。

僕のいる低学歴の世界では、「生活がかかってるんです!」と必死に仕事をしているようで、若い頃から勉強をしてこないで、スキルも何もなく、低賃金で働き続けてるオッサンとか普通にいますからね。

悲しくないですか? 僕は製造業で同じスキルを積み上げてきたので、なんとかサラリーマンの平均年収はいただけています。

でも何も学ばずに、年だけを重ねてきたオッサンは生活に苦しんでるいるわけです。

なぜ、この話をしたかと言うと、やはり人生を豊かに過ごすには、最低限の「お金」が必要なんですよね。

低学歴の道を選んで、何も勉強をしないでいると間違いなく低所得になります。(起業でもサラリーマンでも勉強は必要)

こういうこともウソのようで、低学歴の世界では現実に起こっているのです。

というわけで今回は「高校やめたい」について書いていきます!

交友関係

僕が高校に進学せずに一番辛かったのが、交友関係がガラッと変わったことです。当然に学校に行かなければ、今までの同級生達とは生活のリズム自体が違ってきます。

「そんなの別に気にしない」って思うかもしれませんが、これがジワジワと精神的にキツくなってくるんですよ!

友達

やはり、いくら仲が良かった友達がいたとしても、学校を辞めてしまったら、どんどん関係が疎遠になっていきます。

最初のうちは、あなたの記憶がまだあるので、付き合いが頻繁にあるかもしれません。しかし、学校にいない分、接触回数が少なくなり段々と記憶からも薄れていってしまうのです。

どうしても接触回数が多い人と、親密になったりするので、学校を辞めてしまった人とは悪気なしに、距離が開いていってしまいます。

僕も中学の時には、毎日のように遊んでた友達がいました。彼が高校に入学してからも遊んでいましたが、一年が過ぎる頃には、ほとんど遊ばなくなっていましたね。

やはり、同じ学校の友達付き合いが大事になってきたりします。身近にいる分、付き合いが悪いと、「お前付き合い悪いな」とかなってしまうじゃないですか。

まぁ、それだけ環境というのは、交友関係を変えてしまったりするものです。

恋人

僕もまさか、恋人にまで学歴が影響してしまうとは当初は思いもしませんでしたw

昔に付き合ってた、大学生の彼女がいたのですが、彼女は僕が中卒だというのを気にせず付き合ってくれていました。しかし、家族の方が娘の恋人に低学歴というのが嫌だったようです。

母親はとくに気にしていなかった感じだったのですが、父親の方が嫌だったようでした。

低学歴の僕が気にいらなかった理由はなんとなくわかってたんですよね。彼女の父親は誰もが知っているような、大手銀行勤務のエリートでしたし。

直接は言われてはなかったんですけど、「そんな、学校にも行ってないような人やめなさい」と彼女は父親によく言われていたそうです。

結局は違う理由で別れてしまったんですけどね。確かに中卒の僕とは比べものにならないくらい、育ちが良かったな・・・・

当時の彼女の父親の気持ちは、自分が子供を持つ親になった今では、なんとなくわかりますw

家族

学校に行かなようになると、少なからず家族との付き合い方も変わってきます。

今までは学校に通っていたので、子供扱いをしてくれてた部分があったりしますが、やめてしまったら子供扱いはされなくなります。(優しい親なら今まで通りかもしれませんけど)

学校をやめて働くのであれば、社会人になるので、いつまでも親が面倒をみたりはしません。いつまでも子供ではないのです。

家庭によっては、社会人になったのだから生活費を入れなければいけないかもしれません。僕の周りでは高校を辞めた大半の人が家にお金を入れていました。

高校を辞めた途端に社会人になってしまうので、働かなければただのニートで家族に迷惑をかけてしまうかもしれません。

それだけの覚悟はしておくべきです。

仕事の選択肢

学歴がない場合、仕事の選択肢は圧倒的に少ないです。

何か特別なスキルや資格を取らない限りは、ほとんどが肉体労働や接客業になってしまいます。

最近では、web系のスキルがあれば学歴がなくても、始めることができますよね。食べていけるかは別として。

後は自分で起業するくらいの選択肢くらいでしょう。

会社勤めをするつもりなら、選択肢は間違いなく少ないです!「学歴なんか必要ない」って言っている勤め人は、大半が肉体労働者ですよ?

肉体労働の本当のメリット・デメリットを15年以上の経験から語ってみる 中卒が大学生になってわかったこと。高学歴は「論理的思考力」が違う

早期自立によるデメリット

高校を辞めたとして、早い段階で自立できたら家族は喜んでくれるかもしれませんが、今後のことを考えると危険な部分もあります。

なぜなら、金銭的に自立してしまうと、継続的に収入を得続けなければいけないので、新しいことを始めづらくなってしまうのです。

例えば、キャリチェンジを考えた時に、「収入が下がってしまうから転職できない」という状況になってしまいます。

実際に僕が今現在、このような状況になっています。長年、製造業で経験を積んできたので、この分野ではある程度の収入は手にできています。

しかし、他の未経験の分野に行けば、収入が下がってしまう予想がつきます。こうなってしまっては、子供達を養うことができません。

そうならない為にも、僕は他にやってみたい事があっても一番収入を手にすることができる、製造業を選んでいるのです。

中卒の僕が見てきたスキルなし向上心なしの肉体労働者の末路。詰まない為に必要なこと。

時間を無駄にする可能性も

学歴のレールから外れてしまって、「もう一回学校に行きたい」となるのなら、時間を無駄にしてしまう可能性があります。

最初に話したように、社会に出てからも勉強が必要です。とくに僕のような低学歴なら尚更。

で、「やっぱ学歴のレールに戻りたい」と思った時に、働きながらだと時間の管理が難しくなってきます。

僕の場合はただ勉強がしたかっただけなので、高卒認定を取って通信制大学に入学しましたが、普通に大学受験をして入学しようとするのなら、受験勉強に集中しなくてはいけません。

けれども、自立して生活費を稼いでいるのなら受験勉強だけに集中はできませんよね。しかも、入学後はフルタイムで働けなくなるので、また家族に養ってもらわなければなりません。

そうなってくると、家族に迷惑もかかるし、普通に高校をやめずにいた方が自身にとっても、遠回りせずに時間を有効に使えるのです。

働きながら勉強している僕から言わせてもらうと、学生のように勉強だけに集中できる環境が羨ましくてたまりません。

「ただ何となく」とかであるなのら、高校は辞めない方がいいと思いますね。

働きながら勉強を定着させる為に僕が捨てたもの。自己啓発を7年継続中!!

最後にまとめ

人に何を言われても、「どうしても辞めたい」って時はありますよね。

こういう時って、ゆっくり考えるのが一番だと思います。

即決はダメですよ!?

この記事に書いた以外のことでも何か気になることがあったら、僕に質問してくれてもいいですよ!

身近な人に相談するより、知らない人だったら本音が言えるって場合もありますし。

Twitterでも良いし問い合わせでも良いのでお気軽に連絡ください!

おわり。