yotaって誰?

低学歴ブログを運営してたら低学歴の実態が見えてきた!!

こんにちはyota (@yota_28351)です!

このブログでは僕自身が貧困から中卒社会人になった経験をもとに発信しております。

主なメインテーマが「低学歴」関連なので、読者層も「学歴」というものに何らかの関心がある人ばかりです。

ブログを運営を通して、たくさんの低学歴層の人達と関わってきました。

さらには、高学歴の人達とも関わりを持つこともできたわけです。

で、今回はブログを運営してきたからこそ見えてきた「低学歴層の実態」について書いていこうと思います!

ポジティブとネガティブ

ブログを通して関わってきた低学歴層の人達は極端に「ポジティブ」か「ネガティブ」で中間がない感じでした。

うちのブログはすごく曖昧な書き方をしていることが多く、「ポジティブ思考」「ネガティブ思考」で捉え方が全然違ってくるんですよね。

例えば、僕が通信制大学に通っていた時の記事があるんですが、これがまた二極端なわけです。

中卒が大学生になってわかったこと。高学歴は「論理的思考力」が違う

ポジティブな人達は「いくつになっても学ぼうって姿勢は良いですね」「自分も頑張ろうと思う」というような、言葉をかけてくれたりします。

で、ネガティブな人達は「中卒が勉強しても意味がない」「金の無駄遣い」などの否定しかしないんですよね。

ハッキリ言って、僕がどういう行動をしようが他人には関係のないことじゃないですか。

しかし、ネガティブ派は自分の持つ負のパワーをぶつけないと気が済まないんですよね。

あわよくば「お前もこっち側に来い」と言わんばかりに。

僕は少しずつでも常に成長していきたいので、前向きでいようと心がけています。

「中卒が前向き」っていうのがネガティブ層からしたら気にいらないようです。

でも、不満を言ってるだけじゃ現実は変わらないですよね?

感情をコントロールしない

うちのブログのコメントは8割くらい低学歴層で、残りの2割が高学歴層な感じです。

驚くことに学歴間によって「コメント」も変わってくるんですよね。

学歴が下がれば下がるほど「感情を剥き出し」なコメントをしてくるんですよね。

僕自身も中卒なので複雑ですが、感情的なコメントが一番多いのは中卒の人達です・・・・

とにかく、ものすごく攻撃的で「怒り」をぶつけてくるんですよね。

学歴が上がるに連れ、しっかりと「論点」をまとめてコメントしてくれるので、非常に返信がしやすくなっています。

こんな記事書くとまた「中卒をバカにしてる」ってガチギレでコメントが来たりするんですよ!

[寄稿]親について思うこと

最終学歴、「大学院修了」の方が寄稿してくれた上記の記事中にもありますが、僕も含め低学歴層は感情論が非常に多いように感じます。

父親と話している際に、問題点が明確にならず、何について議論したいのかがぼやけたり、怒りの感情をただただ表出されたり、一方的に誰かを悪者にしたり…とただの愚痴や悪口で終わってしまうこともありました。

「どうしたらいいの?」と尋ねても代案が出てくることはありません。思い通りにならないから怒る、相手を蔑むでは何の解決にも至りません。
これは低学歴だからという理由だけではありませんが、問題の整理をし、その上でどうするのが良いのか考えていくという論理的思考が培われていないことも一要因かと思います。

感情的になりすぎるのは冷静な判断を失わさせるので、気持ちが高ぶったら「まずは落ち着く」ということを意識するといいかもしれませんね。

現状を理解していない

僕は「学歴がないのなら社会で生き残っていくスキルを身に付けるべき」とよくブログで言っています。

しかし、中には今の現状が不満なのに、何も行動に移さない低学歴層の人達もいるんですよね。

実際に僕の発信が気に入らないアンチから「じゃ、自分はどうしたらいいんだ?」「どうしたら人生上手くいくんだ?」などのコメントが連日来たりしてた時期がありますが、自分の現状を理解していればやるべきことは自然と見えてくるじゃないですか。

例えば、「給料が低いから収入を上げたい」と思うのであれば、

  • 条件の良い転職先を探す
  • wワーク
  • 副業


などのことが、思いつくはずです。

しかし、自分の現状を理解できていないと、「何をすべきか」の判断ができなくなってしまいます。

普通に考えてみて僕に連日批判コメントを送る時間があるのなら、何か自分の糧になるようなことをした方がいいですよね。

僕も自分の現状理解と目的達成の方法を常に考えるようにしたいものです。

コメントだけで満足しない人は、粗探しをするかのように当ブログの記事を読み漁って、「5ちゃんねる」に晒すのを繰り返していますね(笑)

「5ちゃんねる」からのリンクが200を超えたので人気記事を紹介する

学歴気にしすぎ

当ブログは「低学歴」関連の記事をメインにしているので、低学歴に何らかの関心がある人達が検索でやってきます。

僕はツイッターなどのSNSで、自分が書いた記事をほとんどシェアしないので(企画の宣伝などはする)、ブログにたどり着く人達は自分の意思で検索からやってくるわけです。

その中には学歴に異常に執着心がある人もいて、とくに「低学歴」というものに固執している感じもあります。

僕はブログのテーマとして「低学歴」を扱っているので、普段は全く学歴の話をしたりしないので、たまにブログの検索ワードを見てると「怖い」と感じることがあるんですよね。

中には、直接脅してくる人もいますし・・・・

学歴クレーマーって本当に怖いですよね・・・・

低学歴関連の検索ワードは言葉が汚い!学歴には恨みや妬みがいっぱい!!

自分で考えて行動できない

先ほど「現状を理解しない」というのを書きましたが、「自分で考えて行動しない」というのも多いように感じました。

よく「中卒なんですけど、どうしたらいいですか?」という質問がくるんですが、意味が分からないですよね。

「何に対してどうするのか」かが分からないですし。

それに僕が「こうしろ!」と指示を出すのもおかしいじゃないですか。

アドバイス求めたり相談をしてくれるのは分かりますが、一定数「行動を指示して欲しい」みたいなニュアンスの人います。

誰かに依存するのって本当に危険なので、自分の考えで行動することを僕はオススメしますね。

悪意を持った人に依存してしてしまうと、変なことに利用されたりする可能性もあるので。

僕は相談やアドバイスはしますけど、行動まで指示はしません。

自分の考えをしっかりと持って行動しましょう!

行動力が高い人もいる

自分で行動できない低学歴層の人もいれば、メチャクチャ行動力が高い人もいるんですよね。

なので、「行動力」自体は学歴は関係ないのかもしれません。

行動できない理由を学歴のせいにしているようにも思えます。

試しにネットで検索してみてください。

学歴がなくても成功している起業家やインフルエンサーがたくさん出てきますから。

僕もこのブログを通して少しずつでも影響力をつけていきたいものです。

優秀な若者が増えている

うちのブログで一番多い相談が高卒認定に関することなんですが、20前後の若者が中心となっております。

いろいろと話を聞いてると皆、将来のことをちゃんと考えてるんですよね。

よく「最近の若い者は」なんて言う人いますが、今の若者はかなり優秀だと思います。

相談とか受けてたりすると、「上の世代をよく見て学んでいる」と思わさせられるようなことばかりです。

今の若者が社会の中心になる頃には、アナログ世代は淘汰されているかもしれませんね。

今の若者って学歴がなくても、ネットネイティブ世代でデジタル力を上手く扱うので、昔の低学歴層より社会で生き抜く力を持っていたりします。

ネットを制すものは社会を制すみたいな感じ?

アナログ低学歴層は危ないですよ~。

気にいらないものは攻撃する

僕がブログ運営していて一番気になったのは、「気にいらないものは攻撃する」という低学歴層が一定数いるんですよね。

うちのブログを攻撃してくる人達もそうですが、人に危害を加えて事件を起こすのも、学歴が低くなればなるほど傾向が強くなっているのが現実です。

参照元

上記のデータを見てわかるとおり、学歴が低いほど刑務所入所者が増えています。

でも、同じ低学歴としてこのようなことが現実なのが悲しいですよね。

本当に低学歴層ってイメージが良くないですからね~。

何とかしてイメージを変えたいんですけどね・・・・

肉体労働者ってイメージ悪くない?それとも低学歴のせい?

最後にまとめ

今回は「ブログを通して分かった低学歴層」についてでした。

まぁ、形として「低学歴層」のことが分かってきたので、今後のブログ運営の参考にもなったんですよね。

一つ言えるのが、僕もそうですが学歴がないと「何らかの形で学歴に囚われている」ということ。

なので、「学歴に囚われないライフワーク」が必要になってくると思います。

これは僕自身のテーマにもなりそうだな。

うん、頑張ろう!

おわり。