yotaって誰?

「学歴なくてどうしたらいいか分からない」という人への低学歴行動指針

こんにちはyota (@yota_28351)です!

当ブログによく寄せられる相談の中に「学校やめてこれからどうしたらいいか分からない」「学歴がなくてどうゆう行動を取って行けばいいのか分からない」というなものがあります。

今回は「学歴がなくてどうしたらいいか分からない」というような人達に向けて、中卒人生もうすぐ20年の僕が「行動指針」を作ってみました!

同じ低学歴でも年代によって違ってくる

一言で「低学歴」と言っても、年代によって抱えているものや、環境が全く違いますよね。

当ブログには主に10代~50代くらいの学歴がない人達から、コメントや相談がきますが、「学歴がない」という根本的な部分は同じでも、年代によって悩みが全く違うわけです。

例えば、10代と50代の人だと、見てる所が全然違ったりします。

まだまだ人生の長い10代は「学歴がないことによる将来への不安」などを悩み、人生の折り返しをした50代は「過去を悔み自分が納得する為」に学位を求めたりするんですよね。

まぁ、これはほんの一例であって、実際は多種多様な悩みがあるんですが、世代別にで大きくくくると「先を見ながら生きる」か「過去を見ながら生きる」って感じでしょうか。

「学歴がない」が同じでも、悩みは無数にあるというわけです。

10代は悩む必要なんかない

10代のに多いのが「高校辞めてこれからどうしたらいいか・・・・」のような相談ですね。

案外、進学しないで働いてたりする「中卒」の子とかは、仕事に夢中なのか迷ってる感がない気がします。

僕自身も「将来どうしよう」とか悩んでませんでしたし。

早くから働いているので周りより収入はあるし、仕事以外は自由に生活できていたので、それなりに充実してましたね。

さて、本題に戻ると、10代はいくらでもやり直しが効くのだから、悩む必要がないんですよね。

悩んでいる人に対して「悩むな」というのもおかしいですが、学歴のレールに戻ることだってできるし、まだ親に養ってもらうことだってできるわけですから。

「未成年」というものを存分に活用した方がいいと思います。

好きなことを好きなだけすればいいんですよ!

よく、頭の固い親だと「学校に行ってないんだから真面目に働け」とか言うかもしれませんが、仕事は一つにこだわらずに、何回でも変えていいと思います。

いろんな経験をしていく中で、「自分の向き不向き」「好きなこと嫌いなこと」などが分かってきたりしますし。

僕は中学の卒業文集を友達に書いてもらうくらい、文章が嫌いだったのに、今はブログを運営しているんですからね(笑)

人はどこで変わるか分からないものです。

20代は徐々に基盤を作り上げていく

20代になったら「学歴がなくても生きていく方法」を少しずつ考えていきましょう。

僕が今まで低学歴の世界で見てきた人達から、傾向を考えてみると、20代でその後の基盤を築けなかった人は、「そのまま同じような状態で年を重ねている」といった感じです。

例えば、学歴もなく定職にも就かず、さらには武器になるようなスキルを磨いてこなかった人は、今だに満足いくような仕事に就けずに職を転々としていたりします。(雇ってもらえる所が少なくなると、日雇い労働をしたり)

10代のうちは、たくさんの事を経験する為にも、職をを転々としてもいいかもしれませんが、20代はスキルを身に付ける為にも、得るものが無くなるまでは転職は避けた方がいいんですよね。

これを意識しないで、転職を繰り返すと何もスキルがないまま、年齢を重ね、さらには「辞めグセ」みたいなのがついてしまうわけです。

50代で「気に入らないことがあるとすぐ辞める」って人が以前、職場にいましたが最長でも3年くらいしか同じ職場で働いたことがないらしく、仕事もあまりできるような人ではありませんでした・・・・

案の定、同僚とケンカして「あいつ気に入らないから辞める」と勤務中に突然、帰ってしまいましたからね。

50代のいい大人がですよ!?

このような大人にならない為にも20代で、学べるものはできるだけ吸収し、「社会での自分」というものを作り上げていきましょう!

まぁ、20代前半のうちはゆるい感じで、半ば頃から、本格的に始動する感じでいいと思います。

僕が本気で将来を意識しだしたのは27の時ですね。

30代以降は収穫時期

30代以上は20代でまいた種を実らせる時期です。

仕事でスキルを磨いてきたのなら、「出世」や「高待遇転職」などを狙い積極的に行動を始めます。

僕は、20代から始めた「自己啓発」や長年続けてきた「製造業」などのおかげで、30代になった今が一番人生で充実していますね。

自己啓発では仕事に役立つことはもちろん、ブログ運営で収益を生み出してくれたり、前職で経験したリーダー経験のおかげで高待遇転職にも成功しました。

これらは全て30代になってから始めたものではなく、20代の頃に始めたものが、花を開いてくれたわけです。

「お前がたまた上手くいっただけだろ」なんて思うかもしれませんが、僕が特別に能力が高いわけでもないし、ただ「将来を見据えて」行動をしてきた結果なんですよね。

だって、僕は高校にすら進学していない中卒ですよ!?

20代のうちから、しっかりと将来を見据えて行動してれば、誰もが花を咲かせられるようになることが分かって頂けたことでしょう。

30代で花を咲かせ、40代、50代とさらに人生を充実させてしまいましょう!

僕もまだまだ頑張りますよ~。

学歴ベースで考えるから行動できなくなる

「学歴なくてどうしたらいいか分からない」というのは、「学歴」というものに焦点を当てるから行動できなくなってしまうわけです。

だって、日常生活で学歴を必要とすることなんて、ほとんどないじゃないですか。

「こんにちは!僕は中卒です!!」なんて挨拶しませんよね?

社会で学歴を求められるのは、「仕事に就く時」くらいです。

なので、キツイ言い方ですが「学歴ないから行動できない」ってのは、言い訳なんですよね。

「低学歴」という理由で、引っ込み思案になる必要はありません。

よく「学歴をバカにされる」って人がいますが、バカにされないように頑張ればいいじゃないですか。

僕だって散々バカにされてきましたよ。

一つ言えるのは、行動を続けていれば「周囲の見方が変わってくる」ってことです。

気にせずガンガン行動しましょう!!

学歴がなくても自然とやりたい事や夢はできる

「学歴がなくて夢や希望が持てない」って若者多いんですよね。

しかし、学歴があっても夢や希望がない人だっていますし。

実際に低学歴の世界にいる高学歴の人達がそんな感じでした。

僕だって30代になっても未だに、夢や希望なんて、ないですからね(笑)

あえてゆうなら、子育てが終わった「サラリーマンやめて自由に生活しよう」ってことくらいですかね。

「夢」や「希望」は学歴で左右されるものではないので、気にする必要はありません。

夢や希望がなくても、モチベーションが上がるようなものだと簡単に見つけられると思うので、探して見て下さい。

楽しみがあると日常生活にメリハリがついて充実しますから!

最後にまとめ

今回は「学歴なくてどうしたらいいか分からない」という人への低学歴行動指針でした。

ブログ運営を始めてから知ったのですが、学歴がないと「どうしたらいいか分からない」って多いんですよね。

僕自身、思い立ったらすぐ行動してしまうので気づきませんでした。

この記事が少しでも悩める人の役に立てたら嬉しいです。

おわり。