yotaって誰?

「低学歴って何?」中卒の僕がわかりやすく説明するよ!

こんにちはyota (@yota_28351)です!

先日、僕のブログに「低学歴って何?」という検索がありました。

うーん・・・・

低学歴に興味がおありですか?(笑)

だったら、高校に進学していない中卒の僕が低学歴を説明しようじゃないか!

てなわけで、今回は「低学歴」について説明していきま~す。

世間一般的な低学歴とは

だいたい、「低学歴」と言えば「中卒」「高卒」が出てきますよね。

ちなみに低学歴はこのような人達を表します。

学歴が低い状態、またはそのような人のこと。通常、「低学歴」は発言者によっても意味する水準が異なるものの、「中卒」または「高卒」のことを指すことが多い。参照元

要は学力の低い人達のことです。

この「低学歴」というのは社会的価値を決める一つの指標とされているので、「低学歴」に対する風当たりは強いし、偏見を受けたりすることもあります。

ちなみに僕は10代の頃、「中卒」が低学歴で「高卒」は高学歴だと思っていて、「大卒」は雲の上の存在だと思い込んでいました(笑)

確認しておきましょう。

「中卒」「高卒」が一般な低学歴ですね。

「大卒」でも低学歴

今の時代は、「大卒」でも低学歴になってしまう時もあります。

もうね、中卒の僕からしたら勘弁してもらいたいですよ・・・・

僕が通信制大学に通っていた時も、「Fラン大学」と呼ばれ、学生の間では「卒業しても低学歴」なんて会話がありました。

まぁ、ほとんどの学生が、「大卒」を目的に勉強していましたが。

「大卒」でも低学歴と呼ばれてしまう時代なんだから、僕のような中卒は本当に形見が狭いものです。

しかも、一度学歴のレールから外れてしまうと、早期にレールに戻らない限り、同級生と同じ人生を歩むのは難しいんですよね。

中卒が大学生になってわかったこと。高学歴は「論理的思考力」が違う 中卒が通信制大学に入って一年で満足して退学した理由&入学希望者に伝えたいこと

結局は人によって基準が違う

先ほども話しましたけど、結局は「低学歴」の基準って人それぞれなんですよね。

ネット検索してみるとよく分かると思いますが、「院卒以外は低学歴」などの考えの人も普通にいますし。

「大卒は「低学歴」だとばかにする娘」は、いろんな人の学歴に対する考え方が知れるので、ぜひ一度読んでもらいたいですね。

僕自身の経験では、同じ低学歴に入る「高卒」の人が、「中卒が低学歴」と言い張っていました(笑)

どっちもどっちですよね?

今後は低学歴な若者が増えていく

今後は「中卒」「高卒」の低学歴層は増えていくと予想します。

この理由として、新卒者の労働意欲の低下があるのではないかと。

最近では、「新卒でブラック企業に就職し過労死」のような新卒者の痛ましいニュースばかりです。

その中で、今までの日本社会の定番だった、「大卒⇒就職」が崩れ始めて、ネット界隈では「新卒フリーランス」などを目指す若者がどんどん増えてきています。

Twitterでも、「新卒でうつ病になった」って人達の投稿を連日見かけますよね。

中卒の僕が言うのも変ですが、大学まで出て会社に潰されるのは本当にもったいない!

大手で働いたことがないのでわかりませんが、パワハラや激務でうつ病に追い込まれてしまう人達は、優秀すぎるんでしょうね。

だから、上司や先輩達が早い段階で芽を潰しておくんじゃないでしょうか?

優秀すぎるのも大変なんですね・・・・

僕の低学歴ブログにも大学在学中の人から、「学歴なくても生きていけますかね?」のような問い合わせがあったりするので、このままでは日本の学歴が下がっていくんじゃないですかね。

最後にまとめ

今回は「低学歴」について書いてきましたが、何となくでも理解して頂けたでしょうか?

まぁ、「低学歴」は誇れるものじゃありませんよね。

僕は、このブログで学歴を全面に押し出して運営してますが、社会には低い学歴を隠している人達がたくさんいます。

それくらい、社会ではマイナス評価なのです。

せっかく今回、「低学歴」について書いたので「高学歴」についても知りたいですよね!

当然、僕は書けませんが・・・・

もし、読者さんで「大卒」以上の方いましたら、ぜひ寄稿をお願いしたいです^^

学歴はたくさんの意見があると興味深く面白いんですよね。

おわり。