yotaって誰?

ブログを通して分かった「中卒社会人」や「高校中退者」の家庭環境

こんにちはyota (@yota_28351)です!

当ブログは貧困から中卒社会人になった僕の経験を発信しています。

おかげさまで同じような境遇の人達から、相談や意見を頂けるようになってきました。

で、皆さんの話を聞いていると「中卒で社会人」になったり「高校を中退」してる人達は、家庭に何らかの事情があることが多いんですよね。

今回はブログを通して分かった「中卒社会人」や「高校中退者」の家庭環境について書いていこうと思います!

圧倒的に多いのが片親

当ブログにくる相談者さんは、圧倒的に「片親」が多いです。

で、割合的には片親家庭は中卒で社会人になった人より、高校中退の人が多いんですよね。

相談内容としては、「家計が苦しくて将来に希望が持てない」というような内容ばかりになっています。

僕も子供を二人育てているので、子育てにお金がかかるのはよくわかりますね。

それを一人で育てる親御さんは本当に大変だと思います。

ちなみに僕のパートナーも両親が離婚した直後に高校中退してるんですよね。

金銭的な問題ではなかったようですが、学習意欲が一気になくなってしまったらしいです。

離婚が悪いとは言いませんが、子供の将来を考えるのなら学業に関しては、日頃からよく話した方がいいと思います。

低学歴の人生って苦労しますよ~。

子供への関心の低さ

残念なことに子供への関心が低い親もいます。

以前に、受験生の子供がいる親から問い合わせがありました。

内容は「子供が勉強に興味がないので、高校に進学させるお金がもったいない」と。

僕はブログで「進学はするべき」と何度も言っています。

しかし、中には僕が中卒でも普通に生活ができているので、「中卒でも大丈夫ですよね?」みたいな親から何度か連絡がありました。

確かに中卒でも成功者と言われる人達もいますし、普通に生活できている人達もたくさんいます。

けれども、起業したり自分で仕事を作ったりできないのであれば、サラリーマンになりますよね?

サラリーマンで生きていくのなら「学歴」はあったほうがいいです。

出世や昇給に影響が出てきますし。

それに学歴がないと仕事の選択肢も狭いですしね。

金銭的に厳しいかもしれませんが、子供が自ら「学校に行きたくない」とでも言わない限り進学はさせるべきだと思います。

それが親の務めではないでしょうか。

両親の不仲

先ほどの「片親」の次に「両親が不仲」というのが当ブログでは多いです。

やっぱり子供って親のことよく見てるんですよね。

家庭内がギクシャクしていると、子供にも自然とストレスが溜まってしまいます。

「いつも両親がケンカばかりで家に居たくなかったので、働いて早く家を出るために高校を辞めた」というような若者もいるんですよね。

せっかく高校に通っていたのに、両親のケンカが原因で高校を辞めてしまうなんてもったいないじゃないですか。

夫婦仲が悪いのは子供には関係ありません。

子供が何も気にせずに、学業に励める環境を整えてあげるべきですよね。

僕は職をもたない両親に育てられ、貧困から逃げる為に中卒社会人で働き始め、16歳から21歳で家を出るまで生活費を毎月家に入れてましたが何のメリットもなかったです。

メリットがあったのは生活費を受け取っていた親だけで、僕の社会生活では何一つ役立ったものはありませんね。

不登校ひきこもり

小、中学校から「不登校」や「ひきこもり」で、そのまま進学せずに中卒になってしまった人達も結構いるんですよね。

僕自身は経験がないので、アドバイスなどできませんが、これは何かキッカケがあれば改善されると思います。

要は「家庭」か「学校」に何らかの原因があるわけですよね?

だったらそこの問題点を徹底的に洗い出して、解決作を探すだけじゃないですか。(簡単な問題ではないと思いますが)

ちなみにうちの兄は、アルバイト先で嫌なことがあってから数年間ひきこもっていましたが、僕が家を出るのをキッカケに見事に社会復帰しました。

人はキッカケさえあればいくらでも変われると思います。

偉そうなこと言ってすみません!

低学歴になってしまったことを後悔している人が多い

ブログに連絡くれる「中卒社会人」や「高校中退者」の人達は、低学歴になってしまったことを後悔している人達ばかりです。

当ブログでも高卒認定の記事が一番読まれているし、問い合わせも多くなってます。

[高卒認定]独学で高認合格した僕の勉強法&テキストを紹介

年齢も10代~50代で幅広い世代の人達が、取得を目指してるんですよね。

それだけ、まだ「学歴」というものが必要とされているわけです。

何回も言いますが、サラリーマンやるなら学歴は絶対に必要になります。

ぜひ、「中卒社会人」や「高校中退者」になろうとしている人は、一度踏みとどまって考え直して欲しいです。

最後にまとめ

今回は「中卒社会人」や「高校中退者」の家庭環境についてでした。

僕自身もそうですが「低学歴」を選択して後悔している人は本当に多いです。

若者には後悔しない選択をしてもらいたいと思います。

おわり。