yotaって誰?

ランニングを低学歴層がするべき理由。とくに中卒!!

こんにちはyota (@yota_28351)です!

僕は中卒でランニングが趣味なんですけど、ぜひ同じ低学歴層の人達にもランニングを勧めたいです。

低学歴とランニングは関係ないように思えますが、実はかなり低学歴層にはメリットがあるんですよね。

今回は、「低学歴ならランニングを始めよう!」についてです!

※今回利用してるデータの参照元はこちら

市民ランナーは高学歴ばかり


市民ランナーの学歴を見てください。

赤枠が「大卒」で青枠が僕と同じ「中卒」の割合です。

このデータからもわかる通り、半数以上の市民ランナーが「大卒」なのがわかりますよね。

とゆうか、中卒が全くいないじゃないですか・・・・

で、肝心なのが「大卒」市民ランナーが多いと、なんで低学歴層にメリットがあるのか?

日常社会では、低学歴層と高学歴層が中々関わることはありませんよね。

とくに、中卒だと尚更「大卒者」と出会う機会も少ないです。

それを「ランニング」という共通の趣味を通して、コミュニケーションが可能になります。

日常社会とは違い、学歴が一切関係ないランニングは、低学歴と高学歴の壁もありません。

僕はランニングを通して高学歴の人達と、関わるようになってきましたが、彼らの話はやはり身になるし、何よりも物事の捉え方が論理的です。

僕のような製造業の感覚的な職人とは違い、ロジカルな考え方は、様々な場面で冷静に判断するのに役立ちます。

論理的な考え方が低学歴層は苦手な傾向があるので、高学歴者と話しているだけで学び取れるものがたくさんあるのです。

中卒が大学生になってわかったこと。高学歴は「論理的思考力」が違う

高所年収者と関われる

市民ランナーって年収の高い人結構いるんですよね。

確かに、走ってる人見てると全身ブランドのウェアにシューズって人よくいますし。

全身ブランドで揃えると数万円単位の出費ですからね。

僕も全身ブランドにしたい!!

で、やはり低学歴層って低所得層が多いんですよね。

ここも先ほどの学歴同様に、ランニングを通して普段では会えない、「成功者」といわれるような高年収の人達と関わることができるわけです。

まだ僕はランニングを始めたばかりなので、まだ出会えてませんが、低学歴層の僕たちからしたら夢がありますよね!

「市民ランナー同士、どうやって出会うのか?」と、思うかもしれませんが、地域のランニングチームに参加したり、イベントに行けば簡単に出会うことができると思います。

僕も今後、積極的に参加していきます!

「底辺から抜け出したい!」と思った時に読んでおくべき書籍5選

様々な職業の人と知り合える


低学歴だと仕事の選択肢が少ないので、「男性は肉体労働」や「女性は接客業」みたいな職種に偏りがちです。

このデータを見て分かる通り、市民ランナーは様々な職種の人達がいます。

僕の少ないランニング友達の中で、美容師の人がいますが、やはり普段は同じような職種の人とばかり関わっているので、他業種の人と話すと新鮮で楽しいんですよね。

僕のような肉体労働者ランナーって結構少ないかなぁ・・・・

キッカケなんて何でもいい


僕の周りで、「ランニングを始めたいけど、走りだすキッカケがない」って、人達いるんですけど、キッカケなんて何でもいいと思います。

僕なんて子供に1000m走負けた悔しさからランニング始めましたから(笑)

未経験ランニング初心者がフルマラソンを完走できるようになるのか?

ランニングに興味があるのに、中々始められない人の話を聞いていると、「走るのが遅いと思われたくない」「ダイエット目的とか思われたくない」みたいな感じで人目を気にしてるんですよね。

「とにかく恥をかきたくない」って気持ちが先行しすぎて行動に移せないわけです。

僕だって今では30km走れるようになりましたが、最初の頃なんて2km走るのが限界でしたから。

恥を恐れたら成長はしないと思います。

SNSでも人脈が広がる

ランニングを始めるとSNSでもどんどん人脈が増えます。

僕はtwitterをメインで使ってますが、ランナーの人達って、本当に親切で優しいんですよね。

今は新しくブログ用にアカウントを作ってランニングと分けてますけど、ブログ関連のツイートを好む人達って攻撃的な人多いんですよね。

まぁ、個人ブログは主張してナンボみたいな所があるので仕方ありませんが。

ブログやツイッター(twitter )で粘着してくる人への対象を10ご紹介!

もともと、ブログの為にtwitterを始めたのですが、ランナーさんと関わるようになってからは親切心に癒されてます。

DMで激励やアドバイスをくれるランナーさんも結構いますし!

最後にまとめ

今回は「低学歴層にランニングを勧める理由」について書きましたが、ランニングは健康にも良いので、ぜひ試して欲しいと思います。

よし、中卒市民ランナーが少ないらしいので、「中卒NO1市民ランナー」でも目指すか!?

かなり条件が狭いですけどね(笑)

おわり。