yotaって誰?

中卒ノンフィクションブロガーの僕は学歴がない者の代弁者である。

yota

こんにちはyota (@yota_28351)です!

僕はこのブログで「低学歴」をメインテーマに自身の体験を発信しています。

ブログを始めたキッカケは何となく「自分のアウトプット」目的からでした。

ありがたいことに自身の体験を発信し続けてるうちに、同じような境遇の読者さんが増え「共感」してもらえるようにもなってきたんですよね。

ブログを通して多くの低学歴の人達と関わって感じたのが「みんな言いたいことがある」ということ。

だからこそ、僕は「自身の経験と合わせて低学歴での経験を代弁してこう」と思いました。

この記事では僕が「低学歴層の代弁をする理由」についてお話します。

低学歴をコンプレックスに感じている人が多い

僕自身、学歴がなく仕事上で困ったことはありますが、「ないものはない」と割り切っていたので、全く学歴をコンプレックスに思っていませんでした。

しかし、ブログを通して関わってきた人達には、たくさんいたわけです。

とくに最終学歴「中卒」に多い傾向でした。

学歴コンプレックスを抱えている人には、様々な理由がありますが、社会で「学歴がない者」は淘汰されやすいです。

そういった風潮もあってか、考えを聞き入れてもらえないように思い込んでしまい「言いたいことがあるけど言えない」という人がいるんですよね。

ブログで発信していても「中卒のくせに偉そうに」などのことを言われることはよくありますし。

これが低学歴の現実だ!学歴のレールを外れたものは何一つメリットがない!

上記のような事もあってか、後ろめたい気持ちで生活している低学歴者が多くいるように思えます。

別に大それたことをしたいわけでもなく、たまたまブログ運営をしていたので、「僕の感じていること」や「彼らの思い」などを発信できたらいいかなと。

なので、記事テーマは相談やコメントをもらったものを使うことがよくあります!

「こんなテーマで書いて欲しい」などありましたらお気軽に連絡下さいね。

低学歴は世間の目を気にしている

「お前はもっと気にしろ!」なんてツッコミ入りそうですが、学歴を気にしている人多すぎなんですよね。

中には「バカにされるから何も言わない」という人もいます。

みんな言わないだけで結構、低学歴はたくさんいるんですよね。

上記は少し古いデータですが、高校卒業者の進路のものです。

全体の卒業者がおよそ120万人でそのうちの「17.2%」が就職をしていることがわかります。

さらには、高校中退者や僕のように中卒で働いている者もいるので、もう少し低学歴者が多くなりますよね。

僕の経験だと、ツイッターのDMで実は「中卒or高卒なんです」と、教えてくれる人が多いので、身近にもたくさんいるんじゃないかなと。

このように、なるべくなら低学歴であることを隠しておきたい人が多い中で、僕はブログを通して少しでも「低学歴のイメージ改善」にも繋がる発信ができたらいいと思っています。

本当にまだまだ少数ですが「中卒の見方が変わった。応援してます。」等のコメントもをらえるようになってきました。

ほら、低学歴のあなた!

何かすれば低学歴のイメージは変わるんですよ!!

このブログが、悩める低学歴層の「何か変わるキッカケ」になれるように、発信を続けていきたいですね。

低学歴になった理由を社会は受け入れない

どんな理由であろうと「低学歴」を社会は受け入れません。

それは、ごく自然のことでもあります。

考えて見て下さい。

何年も勉強に励み学歴を取得した人達がいる中で、学歴のレールから外れた僕達を全てウェルカムで受け入れていたら、高学歴の人達の努力が意味を成さなくなってしまいますよね。

学歴がない僕らは「自分の能力を売り」にして戦っていかなければいけません。

これが学歴のレールから外れた者の生きる術だと思います。

「学歴なし、職歴なし、スキルなし」は危険だと、何度もブログで言ってることです。

しかし、実際の所は「何をどうしたらいいのか?」と思う人が多いでしょう。

何を目指したらいいか分からない人の行動指針に、なるような情報も発信していきたいです。

だいたい低学歴層が試すようなことは一通りしてきてますので(笑)

新しいことにもどんどん年単位で挑戦していきます。

ブログを読み漁ってもらえれば、「コイツいろんなことしてるな」と分かってもらえると思います。(さりげなく宣伝)

自分で発信したくない人もいる

SNS時代なので、誰でも簡単に自分の考えを発信することができます。

その中でプロフィール欄に「中卒・高卒」のように載せる人はよく見かけますが、「低学歴」に関する内容を発信している人は少ないです。

ハッキリ言って「低学歴」関連の話題って反応低いんですよね。

ツイッターなどで発信しても、シェアされにくいわけです。(影響力がある人は違うけど)

このような理由と、もともと低学歴に良いイメージが良くないこともあり、ほとんど発信する人がいません。

ですが、僕はこのブログで「低学歴」をアウトプットし続けながら、影響を受けてもらい自分の考えを発信する低学歴の人達が増えたらいいかなと。

もちろん、僕自身も変化できるように精進してまいります。

低学歴層には孤独を感じている人達もいる

何度もやり取りしてて分かったんですが、低学歴層は「孤独を感じている」人達が多いんですよね。

僕は学歴に対して楽観的なんですが、誰にも言わずに悩んでいる人かなりいます。

みんな、様々な過去を抱えているわけです。

学歴が高い人達のコミュニティはよく見かけるけど、「低学歴オンリー」のコミュニティってないじゃないですか。

全ての低学歴層を僕のブログに集める為の3つのステップ

大げさかもしれませんが、当ブログが「低学歴が集まる場所」として機能してくれたらいいなぁと。

低学歴よ集まれー!!

高学歴の人も大歓迎です!!!

みんな変わりたいと思っている

多くの低学歴の人が現状に不満を抱えていて「みんな変わりたい」と思っているんですよね。

でも、普段の生活の中では、大きく変化できるようなことは少ないのではないでしょうか。

「考え方」が変われば行動も変わります。

当ブログは僕の考えをどんどん発信しているので、「参考」までとはいかなくとも、新しい発見があったら嬉しいです。

とくに低学歴の若者がこれから経験するであろうことは、だいたい経験してるので、いろいろと参考にして欲しいですね。

僕も変化していきたいので、あなたの「経験」も聞かせ下さいね。

この記事のまとめ

この記事では「ノンフィクションブロガーの僕」について紹介しました。

熱く語ってしまいましたが、低学歴だと本当に肩身がせまいですよね。

まぁ、高度な教育を受けた専門職の方達がいるから、社会が成り立っている部分もあると思いますが、もう少し学歴のレールから外れた僕達が生きやすくなるといいと思います。

こういうこと言うと「自業自得だろボケ!」みたいなコメントがすぐ飛んでくるんですよ(笑)

前向きに頑張りましょう!

おわり。

3つのポイント
  1. yotaは中卒ノンフィクションブロガー
  2. 低学歴の思いを伝えたい
  3. ブログを低学歴が集まる場所にしたい