yotaって誰?

[保存版]低学歴になったら考えておきたいこと総まとめ!!

yota

こんにちはyota (@yota_28351)です!

当ブログにはよく学歴がない若者から相談がきます。

その中で多いのが「学歴もなくこれからどうしたらいいのか分からない」というものです。

僕自身、参考にする人もいなかったので、中卒で働き始めてから手探りで行動をしながら、生き抜いてきました。

そんな経験からこの記事では「学歴がなくてどうしたらいいか分からない」という人に向けて、「低学歴になったら考えておきたいこと」についてお話します。

低学歴層の仕事選びほど大切なことはない

低学歴になってしまったら第一に考えておきたいのが「仕事」です。

まだまだ、伸び代採用をしてもらえる若いうちに「自分のベース」となる仕事を見つけておくことが大切になります。

低学歴層の仕事探しの問題になるのが「学歴条件」ですが、とくに僕のような中卒の場合は気をつけなければいけません。

「学歴不問」で仕事を探していると、誰でも出来るようなルーティンワークがよくあります。

この「誰でも出来る」ような仕事はだけは絶対にやめてください。

何のスキルも身につかないし、若者であるなら尚更です。

理想は「経験を積み上げていける」ものがいいですね。

あまりオススメしませんが、僕のやっている製造業の職人なんかも技術を積み上げていけます。

若いうちから自分の軸となる仕事を見つけておかないと、年齢を重ねてから「学歴なし」「職歴なし」の厳しい状況になり、最悪の場合は職が見つからずに生活さえままならないことになりかねません。

僕は実際に40~50代で仕事に困っている低学歴層の人達を何人も見てきました。

最悪の状況にしない為に、絶対安泰はないにしても軸となる「食えるスキル」は必ず身に付けておきたいものです。

キャリア形成を考える

自分の軸となる仕事を見つけることができたら「キャリア形成」を考えます。

これは自分の「実績」を作る為です。

低学歴層は社会的価値が低いので、生き抜いていく為には、何らかの実績を作っておく必要があります。

これは社内で評価を上げて待遇を良くさせたり、転職に活用する為に必要な時が必ずやってくるからです。

今の時代、「一つの会社に定年までいる」なんてことはほとんどありえませんからね。

世の中の大半の人が転職を経験しているでしょう。

低学歴層が転職を考えた時にやはり「売りになるもの」がないと厳しいわけです。

この「売りになるものがない」という理由で転職をしたいけど、諦めてしまっている低学歴層の中年くらいの人ってたくさんいるんですよね。

自身の仕事の選択肢を広げる為にも「実績」を作っておきくべきだと思います。

僕の場合は「生産管理」を経験したのが武器になってくれたりしていますね!

[製造業]中卒の僕がコンサルタントから学んだ「生産性向上」という武器

視野を広げる

低学歴層は仕事で苦労する傾向がある分、一度安定してしまうと「現状維持」になってしまいがちです。

しかし、先のことを考えるのであれば、新しい道を開拓していく必要があります。

新しい道を作るのは決して簡単なことではありません。

しかし、広い視野を持ち「選択肢を増やす」という強い気持ちを持ち続ければ、必ず道が開けてくるはずです。

僕も肉体労働(製造業)では生計を立てられているので、他の道を開拓する為にもいろいろ勉強をしています。

[自己啓発]働きながら勉強を定着させる為に僕が捨てたもの。

「新しい道を作る」と言っても、どうしたらいいのか分からないですよね。

ポイントは自分が今までやってきたこととは、全く違う分野に挑戦してみることです。

「肉体労働者なら知的労働系のもの選ぶ」といった感じで。

最初は経験がないものに手を出すことに抵抗があるかもしれませんが、数をこなしてくうちに自分の「得手不得手」が分かるようになります。

僕も肉体労働とは全く無縁なwebを学んだり、様々なことに手を出してきながら得手不得手を理解してきました。

このブログ運営も新しい道を探している時に出会って現在に至ります。

ぜひ、あなたも様々な新しい道を見つけて下さい。

選択肢が増えると人生がより楽しくなりますよ!

動けるうちにやりたい事をやっておく

低学歴層は早く社会に出る分、早く結婚する人も多くいます。

家庭を持ってしまうと「家族との時間」を優先するようになり、自分の時間を確保するのが難しくなってくるわけです。

このような状況下で「何かを学びたい」と思っても難しいですよね。

家族を無視して自分のやりたい事だけをするわけにもいかないですし。

他にも「急に親が働けなくなって面倒を見なければいけない」なんてこともあったりするので、自由に動けるうちに「やりたい事」はやっておくことをオススメします。

ブログの相談であったりするんですが、親の借金を払っている低学歴層の若者が結構いるんですよね。

で、「好きなことができない」ってなってしまっているわけです。

誰もがいつ身動きが取れない状況になるか分からないし、とくに社会的価値の低い低学歴層は、動けるうちに「自分の武器」となるようなものを身に付けておきたいですよね。

自己投資

学歴がないのなら「自己投資は絶対に必要だ」と声を大にして伝えたいです。

低学歴になった瞬間から可能な限り自己投資して勉強しまくって下さい。

低学歴層は勉強をしないと確実に人生詰みます。

低学歴での人生は勉強を続けながらアウトプットもしないと確実に詰みます。

今の時代は「大卒」の人でも仕事がなくて困っている人がいる時代です。

学歴がない僕らにはノンビリしている暇なんか冗談抜きでありません

僕はこのブログを通して多くの低学歴の方達と関わってきましたが、「何も自主的に学んでこなかった」という人は40代で行き詰まっている傾向があるんですよね。

時間はあっという間に過ぎ去ります。

後悔しても時間は戻ってきません。

僕もいつも危機感を持ちながら、日々過ごしています。

頑張りましょう!

この記事のまとめ

この記事では「低学歴になったら考えておきたいこと」について紹介しました。

何かを調べようと思っても、ネットや本だと「低学歴」が基準で書かれてないんですよね。

だからこそ、必死にもがきながら生き抜いてきた僕の経験をブログで発信しているわけです。

今も昔も「学歴がない」という悩みは根本的には同じなんですよね。

いつの時代も「学歴」で悩む人がいるわけです。

この記事が誰かの一助になれば嬉しく思います。

おわり。

3つのポイント
  1. 低学歴になっても諦めない
  2. 勉強を怠らない
  3. 人生計画をしっかり立てる