yotaって誰?

[中卒発]低学歴層は被害者意識を持ったらいけない

yota

こんにちはyota (@yota_28351)です!

中卒で低学歴の僕が言うのもおかしいですけど、学歴がない人でやたら「被害者意識」が強い人いますよね。

僕の周りでは若者より中年以上に多い気がします。

こういう人達って「学歴社会がおかしい」「頭の善し悪しは生まれつき」「良い教育を受けなかった」と愚痴をこぼすだけで何も努力をしていません。

確かに学歴がないと社会の風当たりは強いです。

けれども「学歴のレールから外れてしまったらから人生諦める」というのは、もったいないですよね。

カッコ悪くても自分の人生なんだから「良くしたい」と思ったら悪あがきすればいいんですよ。

この記事では、学歴を理由に人生諦めない為に「低学歴層は被害者意識を持ったらいけない」についてお話します。

学歴がなくてもできることを考える

「自分には学歴がないから仕方ない」と諦めていませんか?

必ずできることがあるはずなので、まずは「自分の中にあるもの」を棚卸しする所から始めるといいです。

簡単なのはパソコンのメモ帳や手書きでもいいのでリストを作ることですね。

本当に何でもいいので思いつくものは全て書くようにしましょう。

こんな感じでOK!
  • 人と話すのが好き
  • ゲームが好き
  • 寝るのが好き
  • モテたい
  • お金持ちになりたい
  • 空飛びたい

自分の中にあるものを出し切ったらそれが「自分の土台」になるものなので、そこから深掘りして、スキルに変えられそうなものをピックアップしてみて下さい。

いくつか選んだらネットで検索してみましょう!

検索ワードは「選んだもの+仕事」ですると社会で使えそうなものか判断が取れます。

例えば、上記の中から「ゲームが好き」を選んで検索してみると、「求人」や「ゲームクリエイターのなり方」などの情報が出てきます。

こういう感じで自分の中にあるものを出して、「できるもの」を見つけて磨きあげるといいですね。

  1. 棚卸しをする
  2. 検索する
  3. 需要がありそうなものを磨きあげる

武器になるものは簡単には身につかない

学歴がなく、何か身に付けようと行動はしているものの「中々、身に付かない」という人もいるでしょう。

でも、それが普通なんですよね。

僕は長年やっている製造業(金属加工)の知識やスキルが、社会での武器になってくれていますが、すぐ身に付いたわけではありません。

職場でただ一人「中卒」だった僕がリーダーに就任するまでの思考と行動

何年も続けてきて、たくさんの失敗や成功を繰り返してきて今があるわけです。

簡単に身に付くようなスキルって、誰でも覚えられるわけじゃないですか。

そんなのは武器になりにくいですよね。

新しく何かを覚えようとする時の目安として「時間がかかるもの」をオススメします。

時間はかかっても、身に付けた時の効果は絶大です。

[製造業]中卒の僕がコンサルタントから学んだ「生産性向上」という武器

今の低学歴は時代に助けられている

本当に今は学歴がない僕らに取っては良い時代です。

何と言ってもネットですよ!インターネット!!

最近は物であるなら何でもネットで手に入るし、勉強だって動画でできます。

先ほど「スキル」の話をしましたが、収入を短期間で上げるなら「ネットスキル」を身に付けるのが一番です。

ネットで稼ぐ方法はたくさんありますが、「ブログ」が簡単ですかね。

誰でも半年くらい時間をたくさん作って、継続できれば月に1万PV(アクセス)程度になり、月に3000~5000円は程度は稼げるようになると思います。

以前に僕が企画したブログサポートでも半年ほどで月間1万PV達成した方がいました。

今は募集停止中ですが、また要望が多ければ再開を予定しております。(ツイッターで希望あれば言ってね)

学歴がなくてもネットで稼いでいる人はたくさんいます。

「学歴がない」と悲観するだけではなく、「ネットで稼ぐ」道も考えてみましょう。

「ネット 副業」などで検索してみて、自分のできそうなものから始めるといいと思います。

生活が苦しいのなら生活を見直す

低学歴をメインワードにブログ運営しているので、たくさんの低学歴の人達とやり取りがあります。

その中で「生活が苦しい」って人が、ちょくちょくいます。

「変わりたいから勉強したいけ金銭的に厳しい」というようなものですね。

確かに収入が低い傾向のある低学歴は、金銭的に余裕がないことがあるかもしれませんが、話を聞いていると「浪費」している部があるように思えます。

「ストレス発散」と位置付けて、ギャンブルやタバコに数万円使ってませんか?

「お金がない」と思ったら、一度「浪費はないか?」と見直すといいですよね。

僕は貧困恐怖症なので、いつも「無駄な出費はないか?」ばかり考えています。(笑)

そのままお金がない状態でいると大変なことになってしまいますよ!

なぜお金がないとダメなのか?貧困は失うものが多すぎる

自分をよく知る

学歴がない人と話していると「自分は何もできない」というのが出てくるんですが、本当にそうなのでしょか?

僕からしたら、学歴がなくとも「たくさん良いものを持っている」と思えるような人はたくさんいます。

例えば、「絵が上手い」や「パソコンに詳しい」などがあるのに、「自分には何もない」と思い込んでしまっているんですよね。

これは「自己肯定感」の低さからくるものでしょう。

自分には分からないけれど、他人から見たら「すごい!!」なんてことはよくあることだと思います。

自分自身を理解するのに、定番なストレングスファインダーを、一度は試しておくといいですね。

ストレングスファインダーの詳細についてはこちらからどうぞ!

この記事のまとめ

この記事では「低学歴層は被害者意識を持ったらいけない」についてお話しました。

やっぱり「自分は被害者」のような意識を持ってしまうと、何でも周りのせいにしてしまいがちになるじゃないですか。

そんなのはカッコ悪いですよね。

僕もそうですが「低学歴は自己責任」を胸に刻み、自分で道を切り開いていくしかありません。

頑張りましょう!

おわり。

3つのポイント
  1. 被害者意識は自分をダメにする
  2. 学歴がなくても人生何となる
  3. ネットを上手く活用するべし