yotaって誰?

ブログのスポンサーになって分かったことから募集方法までを紹介する

こんにちはyota (@yota_28351)です!

この一ヶ月の間、月間20万PVブログのスポンサーになっていました。(正確には28日契約)

「ブログのスポンサー」と言えば、ブログ運営している人なら、誰もが興味のあることだと思います。

僕自身、自分のブログ収益を循環させる目的でスポンサーになったわけですが、学べたことがたくさんありました。

この記事では、実際に一ヶ月間ブログスポンサーになって「分かったこと」や、これからスポンサー募集を考えている人に向けて「スポンサーがつきやすい方法」などを紹介します。

月間20万pvブログのスポンサーの一ヶ月の結果

僕がスポンサー契約をした一ヶ月のデータがこちらです。

  • セッション:167
  • 新規ユーザー:48
  • ユーザー:53
  • ページセッション:2.28
  • 平均滞在時間:3分20秒

上記の「新規ユーザー」を見て下さい。

「48」という非常に残念な結果になっています。

僕は一ヶ月8000円(28日間)で契約をしたので、一日あたり1.7人のブログ訪問者を獲得する為に日割りで「約166円」支払ったわけです。

月間20万Pvのブログを想定すると、ありえない数字になっているのではないでしょうか。

誰もがツイッターなどのSNSを利用すれば一日、2~3人程度の訪問者は獲得できますよね。

ハッキリ言って、ほぼ「スポンサー効果はなかった」と言えます。

まぁ、ブログネタにはなりましたが。

今回このような結果になったには「原因」があると思うので、以下で理由を述べていきます。

スポンサーになるならブログの相性を考える

これからブログのスポンサーになることを考えている人は、「自分のブログとの相性」は考えおいた方が良いです。

僕が今回、成果が低い結果になってしまった要因の一つに「ブログの属性違い」という点が挙げられます。

ガジェット系ブログのスポンサーになっていたのですが、当ブログは「低学歴」がメインテーマなので、全くの畑違いです。

そもそも、うちと相性が良いブログはなさそうだけど(笑)

当然、ブログにはガジェットの情報を持てめてる人が来ます。

その中で「低学歴なんちゃら」みたいな広告があっても、それほど気にならないし、むしろ邪魔に感じてしまうのが実際ではないでしょうか。

なので、スポンサーになる側と募集する双方にメリットがあるように、お互いのブログテーマの確認はしておいた方がいいです。

誰もが経験あると思いますが、全く興味がない広告が表示されてて邪魔だと思ったことありません!?

テーマの相性を確認しておかないと、ただの「邪魔な広告」になり兼ねないので注意が必要です。

スポンサー募集と主になるときの注意点

僕自身、ブログ運営をしているので「月間20万PV」だと、どのくらいのアクセスが見込めるかだいたい想像はついていました。

しかし、全く成果が上がらなかったわけです。

原因としては、「ブログ運営者ならではの思い込み」からでした。

ブログ運営者なら、今の時代のアクセスは「スマホ」からがメインなのは知っていると思います。

僕が広告掲載したのはサイドバーだったんですが、通常とくに狙いもなくブログ運営している人は2カラムが大半でしょう。

スポンサーになったブログも2カラムで「はてなブログ」で運営していました。

僕はパソコンからの検索でスポンサー募集の記事を見つけ、契約すると「サイドバーに広告掲載する」というの知ったわけです。

で、「パソコンから」というのが盲点だったんですよね。

広告掲載の支払いを済ませ、表示確認をした所、何度確認してもスマホ表示されてませんでした。

不思議に思ったので問い合わせてみたらなんと!!

「スマホではサイドバーに広告表示してない」とのこと。

しっかり確認しなかった僕もいけなかったんですが、「スマホ表示はしない」って説明はなかったんですよね。

なので、「パソコン表示のみ」しか表示されなかったので、成果が低くなったわけです。

違うとは思いますが、もし勘違いさせる目的だったのなら、かなり悪質ですよね。

アクセスが少ないブログでもスポンサーを契約する方法

アクセスが少ないブログでもスポンサー契約するのは難しいことではないと思います。

広告主は「宣伝してもらうことが目的」なので、しっかりと「宣伝できる」というのを旨を伝えられればいいわけです。

宣伝方法はツイッターフォローワーが多い人であれば、ツイートで宣伝しても良いし、ブログのアクセスが少ないのであれば、新しくスポンサー用の記事を書いて宣伝したりできますよね。

できるだけ自分の持っている「宣伝方法」をアピールしてみてください。

しっかりとメリットが伝えられれば、よほど破格な値段設定をしない限り月間1万~2万PV程度のブログでも、スポンサー契約ができるはずです。

最初のスポンサー料金設定でその後が変わる

スポンサーを募集するにあたって「料金設定」はとても重要になってきます。

今回は、「月間20万pvで8000円」という安さで契約したわけです。

結果論になってしまいますが、非常に高い買い物になってしまいました。

今後、スポンサー募集する人は安易な値段設定はしない方がいいと思います。

僕は、万が一、「結果が出なかった」時のことを考えて、あえてスポンサーブログ名を出しませんでした

不利益を与えてしまうので、今後も出さないつもりです。

しかし、悪意のある人であれば「このブログのスポンサーになったけどメリットなかった」のようなことを名指しで、ブログやSNSに投稿する可能性がありますよね。

継続して、スポンサー契約を取っていきたいのであれば、「料金設定」は結果を想定して慎重に決めるべきだと思います。

本気で宣伝する気があれば方法はいくらでもある

もし、僕がスポンサーを募集する立場なら、ブログに広告を貼る以外にも「宣伝」をします。

当然ですよね。

「宣伝」する変わりに報酬を受け取っているんですから。

僕が今回スポンサーになった理由の一つに、ブログ運営者のツイッターフォローワー数が1000人以上いたので、そこからも多少の流入も見込めると判断したからでした。

しかし、今回は全くツイッターでの宣伝はなかったわけです。

契約条件になかったので、文句は言えませんが、今後スポンサー募集を考えている人は「具体的な宣伝方法」は記載しておいた方がいいと思います。

まぁ、スポンサー主がインフルエンサーとかだったら、おそらく宣伝していたのかもしれませんが。

誤解を招かない為にも「ブログ以外では一切宣伝しません」などは必ず入れておきましょう。

最後にまとめ

今回は「初めてスポンサーになった経験」についてでした。

結果としては残念だったんですが、いろいろと気づけることがあったので良かったと思っています。

今後もスポンサー契約は継続して続けるつもりです。

初心者ブロガーサポート企画をしているので、次は伸びそうな新米ブロガーさんのスポンサーになろうかな。

おわり。