yotaって誰?

中卒で社会人になった僕が世間と「ズレている」を感じてきたこと

ここんにちはyota (@yota_28351)です!

僕は中卒で人より社会に早く出たせいか、結構感覚がズレているなと自分で感じる時があります。

よくあるじゃないですか?自分では普通だと思っていたことが他人からしたら、全然違うみたいなやつ。

そんなことで今回は、「んー。ちょっとズレているな。」と普段から感じてきたことや、言われることを紹介します!

これって中卒あるあるなのかな?

学生以外は働く

中学を出てからニートだった期間が一度もないので、完全に思い込んでしまっています。

僕のように低学歴で学校に通ってない人は、皆働くために社会人になったんだと昔は本気で思ってましたから!

「高校出て就職したけど仕事辞めた」って友達がいたら当時は、「え? それヤバくない?」って本気で言ってましたし。

友達からしたら、「中卒のお前がやばいだろ!」って感じですよね(笑)

正直なところ今だにこの考え方が抜けていなかったりします。

自分の良くないところだと分かっていても子供が、「学校に行きたくない」と言うと、「じゃぁ、学校に行かなくてもいいけど、お父さんみたいに中学出たら働くか?」と反射的に言ってしまったりします。

「学生」か「働くか」の二択しかなかった自分の人生とは違い、子供にはいろんな選択肢を与えてあげたいものです。

20歳は完全に大人

早く社会人になったせいもあってか、成人したら完全に大人で親元から独立するって考えが強いんですよね。(大学生は例外)

だから、20歳超えていて実家暮らしで、生活費も入れずに養ってもらってる人とかは本気で、「甘やかされているな」と感じてしまいます。

中には新卒で就職したばかりで給料少ないのに、親に学費を返してる人もいるじゃないですか。

こういう人もいるのに、大人になって養ってもらうとか僕的にはありえません。

って、話を周りにすると、「お前が貧乏だったからそう思うんだろ!」とか言われたりします(笑)

一回り上の世代と話が合う

中卒で働き始めた当初は、本当に年齢の近い人はいませんでした。

そりゃぁ、そうですよね。周りがピカピカの高校一年生になった時に、僕は働いてるんですから。

30代になった現在では職場に同世代が増えてきましたが、当時は20以上離れている人がほとんどで、話が合わない中働き続けていました。

しかし、人間とは不思議なもんで環境に慣れてしまうんですよね。

僕はもともとおしゃべりな性格もあって、無理にコミュニケーションを取っているうちに、年上の人との会話のコツみたいなのがつかめてきました。

職場に年上しかいない生活が数年続いた頃、僕は考え方がずいぶん変化してたんです。

友達と話していても、「なんか考え方オッサンじゃない?」とか言われたり。

でも実際に僕も同世代と話してても、「なんか発想が子供っぽいな」って感じてしまうようになっていました。

今だにどちらかというと、同世代より年上の人とコミュニケーション取る方が得意です。

この経験が役に立ったのは、「年上の人ともコミュニケーションが取れるから」の理由でも任されたリーダー経験くらいですかね。

職場でただ一人「中卒」だった僕がリーダーに就任するまでの思考と行動

貧困が嫌で高校に入学しないで働いた

僕は家庭が貧困だから高校に進学しないで働き始めたんですけど、ここがすでにズレていますよね(笑)

普通だったら高校までは卒業すると思います。

いくら貧困家庭でも補助金などで高校は入学できるし、「お金がなくて高校に入学できない」なんてのは今の時代まずありえないでしょう。

しかし、僕は幼い頃からお金が理由で行動を制限されてきた生活が、嫌で仕方なかったので働くという道を選んだわけです。

まぁ、今考えてもおかしな選択でしたよ(笑)

もし昔の自分に会いにいけるなら、「何が何でも大学までは行け!」と言い聞かせますね。

中卒が大学生になってわかったこと。高学歴は「論理的思考力」が違う 中卒が通信制大学に入って一年で満足して退学した理由&入学希望者に伝えたいこと

早く社会に出たから結婚が早くて当たり前

僕は21歳で結婚したのですが、これが普通に進学してる人からしたら、ありえないくらい早く感じるようです。

僕からしたら16歳で社会人になってから5年も過ぎているし、「別に騒ぐほど早くない?」って感じがあります。

それに自分で生活もできていたし、親から援助も受けていない状態なのに、年齢だけがいつも他人から言われるところでした。

結婚が遅かった人からは、「ままごとじゃない」なんて言われた経験もあります。

まぁ、こんな偏見みたいなのは最初のうちだけで、普通に生活しながら子育てもしていたら、自然と何も言われなくなったりするもんです。

最近では、会社に若い子が入社してくると、「早く結婚して仕事も頑張っている」という謎の理由で、僕をロールモデルのように、「yotaさんみたいに一生懸命働いて頑張るのよ」なんて教育を任されたりもするので、ある程度は周りの評価も変わってきたのかなと感じています。

21歳で「早い」と言われながら結婚した僕がお届けする、覚悟しておくべき早婚あるある

社会感覚が同級生より10年くらいズレている

これも結婚と同じで、人より早く社会に出て結婚もしているので、感覚のズレがあるんですよね。

大卒の人と比べてみても、7年も社会人になるのが早かったので自分の中では全く不思議ではないんです。(高校3年+大学4年=7年)

僕は今(2017年)で33になるんですけど、職場の50代のオッサンと同じ年齢の子供がいて、そのオッサンからしたらやはり早く感じるみたいだけど、全然そうは感じません。

多くの人が子育てが終わるのが50~60代が一般的です。(子供が成人)

しかし、僕の場合は40代前半で二人の子供が成人し、定年退職じゃないけどセカンドライフ的な、第二の人生を過ごすことになります。

これが今すでに数年後に迫ってきていて現実的に、「子供達が独立したら何か新しいことを始めよう」とワクワクしながら、計画を立てて準備しているのが楽しくて仕方ありません。

男性の平均的な結婚年齢が30歳くらいといわれているので、これで考えてみると子育てが終わるのがやはり50代以降になってしまいます。

このことからも、実際に世間一般とは僕が10年くらいズレているのがわかりますよね。

最後にまとめ

ここまで中卒で社会人になって感じてきたズレを紹介してきましたがいかがでしたか?

おそらくほとんどの人が、「変なやつ」と思ったことでしょう。

しかし、早く社会人になったことは僕の最大の武器になってくれています。

職場では年齢が近くても、経験が10年以上違っていたりとか、無駄になっていません。

社会では学歴のレールを外れてしまうと、「人生オワタ」って感じがありますが、僕はこれからも低学歴ライフを充実させていこうと思っています

カッコよく言えば、「学歴にとらわれないライフスタイル」ってやつ?

おわり。