yotaって誰?

中卒が通信制大学に入って一年で満足して退学した理由&入学希望者に伝えたいこと

こんにちはyota (@yota_28351)です!

僕はちょうど一年前に通信大学に入学して、満足したので退学することに決めました。

入学の動機が、「大卒」の取得を目指していたわけでもなく、趣味である自己啓発の一貫で、「人の意見に触れる」を目的として入学したわけです。

こういった目的があったので、スクリーングがある大学を選んで入学したわけですが、一年でいろんな人の意見や価値観に触れられたので、満足してしまったんですよねw

そんなわけで、「僕が具体的に満足してしまった理由」と「これから通信制大学に入学しようか考えている」の人に向けて書きます!

満足してしまった理由

たった一年でしたけど、大学での学びは本当に濃いものでした。

単位も順調に取れていたし、中卒でも普通に大学でやっていける自身にも繋がったので良かったです。

多くの社会人と関われたことが、今後の僕の人生の糧になったことは間違いありません。

多くの人が仕事に役立てる目的

僕のように、「人の意見に触れたい」というような考えで、「学ぶこと」だけを目的にしている人はほとんどいませんでした。

多くの人が、「仕事で必要」「転職に必要」「昇給に必要」と、使い道があるのが前提だったんですよね。

それに、僕のような肉体労働者は一人も出会えませんでした。(5~60人は関わりを持ちましたが)

自己紹介の時でも、温度差が激しいんですよね。

「人事考課で評価を上げたい」「キャリアアップに使う」「転職活動中のアピールに使う」などなど。

もうね、肉体労働者の「ただ勉強したいだけ」なんて「何言ってるんだコイツ?」って感じですよ!

そんなことを繰り返しているうちに、学歴が欲しいわけでもない僕は満足していってしまったのです。

肉体労働者では実践の場がない

通信制大学に入学して一番身に付けたかったのが、「論理的に物事を考える思考」でした。

これは、入学して大正解だったと思います。

中卒の僕はプレゼンはもちろん、物事をロジカルに考えることすら、経験がありませんでした。

中卒が大学生になってわかったこと。高学歴は「論理的思考力」が違う

しかし、大学では必ずプレゼンがあり、ロジカルに考える力をつけなければ、他者の納得を得られるような発表はできません。

ここは必死に勉強しましたねー。

おかげで、

  1. 結論を述べる
  2. 理由を複数述べる
  3. 理由を結論付けるデータの開示


などのように、プレゼンのやり方を知ることができました。(この形が絶対に正しいわけじゃありません)

でも、一つ問題がありまして・・・・

肉体労働者の僕は大学以外でプレゼンをする機会が全くないのです!

せっかく大学で学んでも活かす場がないなんて、悲しすぎますw

そういったことから、「活用する場がないし、プレゼンや論理的思考の大切さが学べたので、そろそろ良いか?」と考えるようになり、満足していったんですよね。

まぁ、昔よりは論理的に考えることには慣れたので、このブログで活かしていこうと思います!

今のスキルを伸ばしていった方が良いと判断した

大学では、「経営学」や「心理学」や「IT」などの様々な分野の基礎を学びましたが、最終的には今持っているスキルを伸ばしていった方が良いと判断したので、満足してしまった部分もあります。

僕は自己啓発を長くやっており、その中でもやり方次第では収入を得られるものがありますし、実際に収入を得たこともあります。

働きながら勉強を定着させる為に僕が捨てたもの。自己啓発を7年継続中!!

大学で学ぶ分野のスペシャリストを目指すのであるならば、基礎を学び専門コースに進むのも良いかもしれません。

しかし、自己啓発が趣味の僕は、何かの専門家を目指しているわけでもないので、今あるスキルを磨いていった方が自分の為にもなるし、人の役に立つこともできると思ったのです。

ちなみに、このブログだって現状では収益化してませんが(2017年5月現在)、どんどん伸ばしていけば収入源にもなるし、人の役に立つこともできます。

器用貧乏になっても仕方ないですしね!

キャリアチェンジは考えていない

一年で満足してしまったのはやはり、キャリアチェンジを考えていなかった部分もあると思います。

学生の大半がサラリーマンで、「大学で学んだことを現職で活かす」か「キャリアチェンジに利用する」の二極化でしたね。

僕は肉体労働者なので、マネジメント系の大学で学んだことは活かしにくいし、現状ではキャリアチェンジも考えていなかったので、満足してしまうのが早かったのかもしれません。

それに、高額な学費もあるので、早期に決断する必要もありましたし。

高学歴の世界でも低所得者はいる

※ここでは中卒の僕から見た高学歴なので「大卒」の人を指します

無知な僕は勘違いしていました。

「ニュースとかでは大卒ニートとかあるけど、高学歴な人が低学歴より収入が低いはずがない」と。

サラリーマンが集まると、会社の現状や収入の話になったりします。

僕は底辺な中卒なので、なるべくなら恥をかかないように、収入の話題には参加しないようにしてました。

でも、編入学している大卒の人達の話を聞いていると、年収300万円代の人達が結構いるんですよね。

中には僕より100万くらい低い人もいました。

「大卒」の人が中卒の自分より収入が少ないはずがないと、思い込んでいた僕は無知だったのです。

それと同時に、ブランド大学でもない通信制での、「大卒」に価値を全く感じなくもなりました。

「大卒」でも収入が上がらないのなら、僕は「中卒」で収入を上げていってやろうと思った途端に、大学での学びがお腹いっぱいになってきたんですよね。

「学ぶ」のが目的だから歳を取っても再入学できる

通信制大学って年配の人も割合的には少なくても、案外いるんですよね。

やっぱね、通信制大学でもそれなりにお金が掛かるんですよ!

学費はもちろん、スクーリングに通う交通費にお昼代。

僕は、子供二人いて養っていかないといけないので、金銭的には楽ではありません。

そういうことも含めて、大学で年配の人と話しているうちに、「いくつになっても勉強はできる」と思うようになり満足してしまった部分があります。

入学する前に考えおきたいこと

僕のブログには同じように、高卒認定を取得してから、通信制大学に進学を考えている読者さんがいるので、参考にまで入学をする前に考えておいた方が良さそうなことを紹介します。

[高卒認定]独学で高認合格した僕の勉強法&テキストを紹介

安易な「大卒」欲しさ

僕のように入学する前に通信制大学に入学する目的は、明確にしておいた方が良いです。(僕の場合は人の意見に触れると、自己啓発の一貫でした。)

編入学でないのなら4年間は時間を費やすし学費もかかります。

なんとなく「大卒が欲しいから」では、入学はあまり進めません。

たまに、スクーリングで、「現在無職で仕事を見つけたいから、大卒が欲しい」って人いましたが、何か違うような気がするんですよね。

20くらいの若い人であるなら、卒業する頃でも20代半ばなので、「大卒」で就職活動していく分には良いと思います。

しかし、30代後半や40代では、いくら「大卒」があっても、未経験な分野では就職活動は厳しいですよね。

それなら、アルバイトでも何でも良いので、とにかく何かしらのスキルを身に付けることに、力を注いだ方が社会で生き抜いていくには必要なのではないでしょうか

だって、「大卒」があれば、仕事に困らないのであれば、誰もが同じようにしますよね。

実際に僕が中卒でも家族を養って普通に生活ができているので、「大卒になったら仕事が見つかる」は幻想だと思います。

時間とお金を無駄にしない為にも考えておきたいとこです。

社会経験が少ないと授業が難しい

通信制大学の特徴として社会人が多いです。

社会人が多いこともあって、授業では各々が社会での経験を交えて考えていきます。

僕で例えてみると、やはりプレゼンですよね。

肉体労働者の僕は、普段からプレゼンのように人前で話すことに慣れていないので、上手くまとめられません。

それとは反対に、営業職で普段から人前で話すことに慣れている人は、経験も違い上手です。

こういう職業の特性は一切考慮されずに、授業評価がされるので、ある程度の社会経験がない人は授業自体が難しく感じます。

実際にあったのが今までずっと、「専業主婦」だったという人が苦労されていました。

先生によっては当たり前のように、「この理論を自分の仕事に置き換えて考えて下さい」のように、サラリーマンであることが前提で話を進めていく時があります。

そういった場合は、「専業主婦の人は普段の生活から考えて下さい」となりますが、家庭で考えたりするのは難しいのが実際です。

それに、スクーリングではランダムにグループが作られるので、仕事がデキる人達のグループに入ってしまった場合、置いてきぼりにされがちになってしまいます。

こうならない為にも入学前にしっかりと授業内容とかは、説明会や大学側に問い合わせるなどして、確認しておいた方が良いと思います。

能動的に動けない

能動的に動けない人も授業に置いてきぼりになりがちです。

スクリーングがある通信制大学の場合、発表は当たり前のようにあるので、

  1. 理論を学ぶ
  2. 自分で考える
  3. プレゼンする


のような形で、インプットとアウトプットを繰り返し行います。

とにかく、考えることを辞めてしまったら、一気に理解できなくなってしまうんですよね。(事前学習してても難しかったりする)

もともと知識のある分野なら何とかなるかもしれませんが、全く知らない分野だったら完全に取り残されてしまいます。

そうならない為にも能動的に、攻めの姿勢で学ばなければならないのです。

インプットだけで済まそうという考えの人は、アウトプットも心がける必要があるのです。

大学に入学すれば何か変わると思い込んでいる

僕も低学歴なので、「大卒を取れば何かが変わる」というような期待の気持ちは理解できます。

しかし、実際は自分次第なんですよね。

大学で学んだことを活かす目的がある人は、良い方に変化があるだろうし、何も目的がない人だったら、何も変わったりしないもんです。

ここはよく考えておきたい所ですよね。

自分の目的が、「大学に入学しないとできないことなのか」「大学に入学しなくてもできることなのか」は見極めておく必要があります。

ただ、「箔がつきそうだから」「将来役立ちそうだから」で、大学に入学しても時間の無駄だと僕は思います。

必要性が高くないのなら、何か社会で使えるスキルを身に付けた方が、将来性が高いのではないでしょうか。

土日を犠牲にできるか(スクーリングがある大学を選んだ場合)

スクリーングがある通信制大学を選んだ場合、土日を犠牲にする覚悟が必要性です。

サラリーマンだとほとんどの人が平日は仕事なので、土日にスクリーングに参加するわけですが、これがキツイんですよ。

平日は仕事で土日は学校だと、休みが全くなくなってしまいます。

さすがに、毎週土日がスクリーングってことはないと思いますが、試験などが重ねれば一ヶ月くらい、休みがない場合だってありえます。

貴重な土日を犠牲にできるかも、入学前に考えておいた方が良いと思います。

最後にまとめ

僕が一年で満足してしまった理由と、通信制大学への入学希望者に向けて書いてきましたが、結局は学歴のレールを一度外れてしまったら、「大卒」だけを取得しても無意味だと思います。

何かスキルを持っていて、転職活動の条件に、「大卒」が必要なら分かりますが、ただ大卒だけ持っていても、今の時代厳しいのではないでしょうか。

直接、話して感じましたが、有名な企業に勤めてる人や、税理士、市の職員など、高学歴で第一線で活躍している人達は、何らかの専門知識は必ず持っています。

やはり、大卒を最大限に活かすのなら武器となるスキルが必要なんですよね。

それと同時に、学歴がなくてもスキルさえあれば、社会で十分に戦っていけるのも分かりました。

なので、僕のように低学歴で生きていくか、大卒を取得する道を選ぶかは、その人次第だと思います。

まぁ、僕も数年後、また気が変わって、大学に入学しているかもしれませんが(笑)

では、長々とありがとうございました!