yotaって誰?

無駄なことばかりでも終わりよければすべて良し。無駄な人生もまた一興。

こんにちはyota (@yota_28351)です!

僕は、「無駄」だと思うようなことでも、興味が湧いたら行動しないと気がすまないんですよね。

んで、世間では「一つのものだけに集中して、二つも三つも手を出すべきでない」という考えの人達もいます。

これはこれで、一理あるのでかまわないんですけど、僕はたくさんのことを同時進行で進めたい派なので、いつも複数の同時進行です。

今回は世間がいう、「無駄なこと」について書いていこうと思います。

複数のことに手を出すと自分の特色がわかる

一つに集中した方が100%力を注げるのはわかります。

でも、一つ一つ全力で行動してたら、メチャクチャ早い時代の流れについていけませんよね?

ブログでもそうですが、1~2年前に流行っていた手法を今だに、一生懸命に繰り返している人います。

こういう人達って結果が出ているならまだしも、結果が出てない場合は、「一生懸命全力でやっていれば、いつか結果が出る」と強く思い込んでしまっているのではないかと。

これとは違い、二つも三つも手法を試していた場合、取捨選択がしやすくなりますよね。

当然、複数手を出していればエネルギーが分散され、思うように結果を伸ばせないかもしれません。

しかし、複数あるうちの中から、「どの手法なら成果があがるか」の見極めが早い段階で出来、間違った手法を長々と続けてしまうリスクを抑えることができます。

それに、複数のことを一度に行っているので、「自分にはどれが合うか?」と、向き不向きも早期に知ることができますし。

何でも早い段階で決断して撤退する人なら良いかもしれませんが、何も考えずにダラダラと同じことを続けてしまうような人は、見極めを作る為にも同時進行がオススメです。

タスク管理に繋がる

同時進行で何かを始めるのってタスク管理の力も養えるんですよね。

ほら、いませんか? 仕事が増えてくるとパニックになる人。

日頃から、様々なことを同時進行していれば自然とタスク管理力を鍛えられるじゃないですか。

例えばこんな感じで、

  • 進捗
  • 時間配分
  • 効率化


などを自然と意識するようになります。

これが、たった一つのことだけの場合は、何も気にする必要がありませんよね?

ひたすらにガムシャラに突き進めばいいだけですから。

完全に経験者上の話ですが、職場で「自分の仕事だけやっていれば良い」みたいな考えの人は、タスク管理みたいな複数のことを同時に進める考えを持ってない感じがします。

僕の場合はリーダーを経験した時に、「視野を広く」という感覚が芽生えました。

職場でただ一人「中卒」だった僕がリーダーに就任するまでの思考と行動

器用貧乏でも考え方次第で良いとこもある

いろんなことに手を出してると、「器用貧乏」になります。

これも、社会ではあまりよくない風潮がありますよね。

なまじ器用であるために、あちこちに手を出し、どれも中途半端となって大成しないこと。また、器用なために他人から便利がられてこき使われ、自分ではいっこうに大成しないこと。参照元

でも、僕は最後まで器用貧乏は良くないと思いますが、人生の途中までなら積極的に器用貧乏を目指すべきだと考えています。

人は考え方が変わる生き物です。

「自分は一生これを続けるんだ!」と、意気込んで数年が過ぎたとしましょう。

この時に、まだまだ年齢が若ければ新しいことを始めやすいと思いますが、そうでない場合が問題なのです。

キャリアチェンジが厳しいんですよね。

40代、50代で全く経験のない世界に飛び込むのってすごく勇気がいりますよね?

しかも、生活を支えている立場の人だったら尚更です。

ここで、新しい仕事を始めたくなっても40代、50代で未経験なら職に就くのすら困難になります。

けれども、例え40代、50代でも「経験」があれば職に就ける可能性が高くなりますよね。

器用貧乏でも経験には変わりないし、そこから本当に必要になった時にスキルを高めていけば良いと僕は思います。

器用貧乏、最高!

一つだけで失敗したらどうするの?

僕は以前に、ビジネスコミュニティに入っていた時に疑問がありました。

「事業は一つにエネルギーを注ぎ込め」という指導を受けていましたが、「その事業が失敗したらどうすんだ?」と。

だって、一つだけで失敗したらそこで終わりじゃないですか。

貯金があるにしろ再起するにはすごい労力が必要だと思います。(とくに精神的ダメージ)

でも、一つの事業をベースにそこから繋がるものを二~三あるだけで違うと思うんですよね。

二~三あれば、その中から伸びる事業があればそこに注力すればいいし、全部ダメなら少しずつやり方を変えていけばいいわけですし。

一つだけって危険じゃないですかねぇ?

最後にまとめ

今回は「無駄」なことについて書いてみましたが、理想は無駄なく人生を送れるのが一番ですよね。

まぁ、結局は個人の好みによる部分が大きいんですが、 僕は自分の知見を広げる為にも、「無駄」だと言われるようなことでも取り組んでいきたいと思います。

このブログ自体、僕と同じような境遇の「低学歴」を対象としてるので、読む人からすれば「無駄」ですよね・・・・

「無駄、無駄」言うんじゃないっ!(笑)

おわり。