yotaって誰?

仕事中に眠気を覚ましたい時に試してみたい17選。もう眠くない!!

こんにちはyota (@yota_28351)です!

仕事中に眠くなるのって困りますよね。

しっかりと睡眠取っても眠くなったりするから厄介です。

僕は製造業をやっていて、工作機械(金属を切ったり削ったりするもの)を扱ってるんですが、眠くてウトウトしてるとメチャクチャ危険なんですよね。

以前、ウトウトしてて指を切断しそうになりました・・・・

なので、怪我をしたくないので、普段から眠気が襲ってきたら「すぐ目を覚ます」ようにしているわけです。

今回は常に危険と隣り合わせの僕が、実際に試してきた「目を覚ます方法」をご紹介します!

「定番」のものや「変わり種」までありますよ~。

1.声を出す

黙々と仕事してて眠くなることってよくありますよね。

個人的にはこのパターンが一番多いかな。

こんな時に効果的なのは「声を出す」ことです。

「あー」とか「うー」とか、声を出すだけでも効果があると思います。

「眠い」とゆう意識から「声を出す」とゆう意識にすると、ちょっとしたキッカケだけど、眠気が覚めたりするんですよね。

さらにオススメなのは「人と会話をする」ことで、かなり効果があります。

人と話すと脳を使うので、目を覚ますキッカケになってくれるわけです。

僕は眠くなる度に、周囲の人に話しかけまくってます(笑)

2.顔を洗う

眠くなって顔を洗うのは定番ですよね。

僕の場合は仕事が製造業で、普段は作業着だから汚れても構わないので、服がびしょびしょになるくらい激しく顔を洗います

やはり、優しく洗ったくらいじゃ、またすぐに眠気が襲ってくるんですよね。

服が濡れてしまうと困る人もいると思うので、そういうときは出来るだけ多くの水を手ですくって、顔を洗うとスッキリしますよ!!

3.自分に取って不快な状況を作る

気分は悪くなりますが、「自分にとって不快な状況を作る」とメチャクチャ目が覚めます。

例えば、タバコ嫌いだったら、喫煙者の近くに行ってみたり。

僕の場合は、製造業やってるくせに汚れるのが嫌なので、わざと汚れそうな仕事をしたりします。

「汚れたくない」って意識が働いて集中するので、いつの間にか目が覚めてる感じです。

不快な環境だと「精神的変化」があるので、ぜひお試しあれ!

4.嫌いなものを口にする

眠い時に「嫌いなもの」を口にするとメチャクチャ目が覚めます。

仕事中に、何かを食べるのは難しいと思うので、苦手な味の飴やガムを食べるといいですね。

僕は、苦手な梅味の飴を舐めたりしますが、効果絶大すぎます(笑)

5.嫌いな人と話す

通常であれば、嫌いな人とは、あまり話したくないですよね。

けれども、眠気覚ましに役立ってくれます。

嫌いな人と会話することによって、ストレスを感じるので、それを利用するわけです。

普段は苦手意識があって話さないけど、「眠気覚ましに!」と何度も話しかけてみたら、案外気が合うかもしれませんしね。

6.ストレッチをする

眠い時ににストレッチすると気持ちいいですよね。

気軽にできるので、眠気が来た時にストレッチをしている人は多いのではないでしょうか。

僕がオススメするのは、腕を伸ばして大きくグルグル回すやり方です。

前後両方やります。

これは大きな動きをすることで、体が振動するので、刺激になるんですよね。

かなり気持ちが良いので、肩こりがある人にはオススメです。

僕は眠くなくても毎日やっていますよ(笑)

7.目薬をさす(下手な人限定)

眠い時に目薬をさすのは、よくありがちだと思います。

中には目薬をさすのが下手な人もいますよね。

僕がそうです(笑)

下手な人って、何度やっても上手くできなかったりします。

そこを利用して眠気を覚ますわけです。

ようやく、目薬が目に入る頃には目が覚めてるでしょう。

8.外に出る(温度差を利用する)

お手軽に試せるのが「外に出る」ことだと思います。

室内と温度差があればあるほど、効果抜群です。

とくに夏冬は効果ありますよ!

外の空気を吸うだけでも気分転換になるので、手っ取り早く眠気を覚ましてくれるはずです。

9.デコピンする

ちょっと幼稚かもしれませんが、「デコピン」効きます!

自分でやってもいいんですが、自分でする場合だと加減をしてしまうので、人に頼めるなら頼んでしまいましょう

僕は「少しくらい手加減してくれるだろう」なんて思いつつ、同僚に頼んだら、思いっきりデコピンされて泣きそうになったことが・・・・

頼む場合は、限度をわきまえてくれる人をオススメします(笑)

10.強炭酸のものを飲む

炭酸好きの人なら眠気が来た時に「強炭酸」のものを飲むとスッキリして目が覚めますよ!

僕は苦手なんですが、飲める人であるなら、カロリーも低いので「炭酸水」飲むといいですよね。

ちなみに僕はコーラガブ飲みで目を覚ましまっす!!

くれぐれもお腹を壊さないにしましょう。(何度もお腹壊した経験あり)

11.少し走る

体を動かすと目が覚めやすいですよね。

さらには「走る」と完全に目が覚めますよ!

ポイントは、少し息が切れるくらいにすることです。

あまりにも強めに走ってしまうと、普段から運動していない人だと、気持ち悪くなったり、体調が悪くなってしまうので注意してくださいね!

12.他の仕事をする

ずっと同じ仕事をしてると、飽きてきて眠くなりますよね。

僕は製造業なので、たまにルーティンワークがあるんですが、これがまた眠くなるわけです(笑)

そんな時は「他の仕事をする」と気持ちが切り替わって、目が覚めやすくなります。

たくさん仕事を抱えている人は、「眠くなったら別の仕事に変える」を試してみてくださいね!

13.考えごとをする(悩み)

眠くなった時の「考えごと」って余計に眠くなると思うじゃないですか?

しかし、「自分が悩んでいること」を考えると目が覚めます。

「悩み」って考えてもすぐには解決しないことが、ほとんどなので、ものすごく考え込むじゃないですか。

これを利用して眠気を覚ますわけです。

僕の場合は考え過ぎて、そのまま夜も眠れなくなった時がありました(笑)

効果ありすぎるので「適度に考える」ことをオススメしまっす!

14.少し休憩する

仕事の疲れが溜まって、眠くなる場合もありますよね。

そんな時は無理をせずに休憩をしましょう。

やっぱり、眠い時って無理しても頭が働かないので、仕事が「非効率」になるんですよね。

中には「簡単に休憩できない」という人もいるかもしれませんが、仕事のパフォーマンスの低下を防ぐ為にも、休憩を取り入れてみましょう。

僕もどうしても目が覚めない時は、上司や同僚に「目を覚ましてくる」と伝え、5~10分休憩してますよ!

15.音楽を聴く

眠い時に「音楽を聴く」のは定番ですよね。

やはり、テンションが上がる曲が一番効果があります!

可能であるなら歌ってしまいましょう。

僕の職場は、機械音がうるさく声がかき消されるので、よく歌ってます(笑)

16.思いっきりアクビをする

眠い時の「アクビ」って気持ちいいですよね。

よくアクビを我慢している人がいますけど、思いっきり大きな口を開けてしてみると、スッキリして目が覚めます

さらには気の赴くままに声を出しながらすると、さらに高い効果が期待できますよ!

でも、あまり仕事にアクビばかりしてると注意されることも・・・・

17.爪を切る

ちょっと地味かもしれませんが、案外「爪を切る」ってだけでも目が覚めたりするんですよね。

おそらく意識を「爪を切る」に集中するので、脳が目覚めるのかもしれません。

まぁ、これは僕がたまたま爪を切ったら、何となく目が覚めただけなので、興味がある方だけにオススメします(笑)

最後にまとめ

今回は仕事中の「眠気を覚ます方法」についてでした。

眠い時に寝れないってのは辛いですよね。

さらには、眠いのに無理して仕事をしていると、フラフラして、自分の揺れで酔ってしまったり・・・・

この記事が少しでも役に立てば嬉しく思います。

おわり。