yotaって誰?

低学歴だから良い仕事がない?「学歴なしスキルなし」だったら労働条件悪くて当然

こんにちはyota (@yota_28351)です!

昔から僕の周りの人が、「なんか労働条件の良い仕事ないかな~」って、いつも言っていました。

働くからには少しでも条件の良い職場で働きたいのはわかります。

しかし、学歴もなく、スキルも持ってないような人が、好条件を求めるのは無理です。

今では製造業の経験が長いので、ある程度の良い条件で働いていますが、中卒で社会に出た頃なんて本当に労働条件最悪でした。

僕はどこか冷めた部分があるので、「まぁ、こんなものか」と納得はしていたんですけどね。

「学歴なし」「スキルなし」だったら、良い条件を探し求めるより、まずはスキルを積んで行った方が得策なのです。

それに加え、必要であれば学歴を取得すればいいだけ。

今回は、「もしかしたら良い職場があるかも!」と淡い期待を描くより、「コツコツと努力した方が確実だよ」って話です!

自分を過大評価しすぎなのでは?

「何か良い仕事ないかな~」というのは、要は神頼みのようなもんですよね。

そもそも、「良い仕事」を根拠もなく探している時点で、自分を過大評価しすぎだと思います。

「自分はこういうことが出来るから、それに見合う仕事を見つけたい!」みたいに、自分に出来ることが明確にあるならまだいいかもしれません。

しかし、とくにスキルもないのに、漠然と良い仕事を期待しているのは、時間の無駄だと思いません?

僕も昔は少しでも条件の良い職場を求めて、転々としましたが、結局はすずめの涙くらいしか違いはなかったです。

一番分かりやすい収入で例えるなら、やはり経験が積み重なり始めた頃から、上向いてきましたね。

中卒でリーダー経験をした後からは、転職しても前職より待遇をよくしてもらえるようにもなってきました。

職場でただ一人「中卒」だった僕がリーダーに就任するまでの思考と行動

これも始めは低学歴ならではの、低賃金からスタートして経験を積み上げてきたからこそで、決して始めから良い条件だったわけではないのです。

コツコツ積み上げていくのが一番確実に結果を出す方法なのではないでしょうか。

評価があれば待遇してもらえる

「学歴なし」「スキルなし」であったとしても、何らかの評価を他人にもらえれば案外何とかなるもんです。

良い条件で雇ってもらうには、「自分を雇うとメリットがある」と思わせることが大事で、学歴がなくてもスキルがあれば好条件で雇ってもらえる場合だって十分にありえます。

僕は高卒認定をまだ取得していない時に、たまたま僕の働きを見た他会社の方から、「うちで働かない?」と誘いを受けたことがあります。

[高卒認定]独学で高認合格した僕の勉強法&テキストを紹介

求人募集をかけていても、経験のある若い人が来ないのが理由だったようです。

声をかけてもらった会社の求人をネットで見た所、求人条件が「高卒」だったので、「自分は中卒なんですけど?」と正直に伝えました。

すると、「ん? 別に仕事できるなら学歴なんてどうでもいいよ!」との軽い返事。

こんな感じで、「経験」さえあれば学歴を大目に見てくれたりもあるんですよね!

ちなみに、この会社は電車通勤を求められたので、断ってしまいました・・・・ 電車大嫌いなんです(笑)

他人をコントロールできないが自分はコントロールできる

良い仕事に出会えるかなんて、結局は自分次第なんですよね。

例え、「この仕事は自分に向いている!」と思っても、面接で落ちてしまえばそこまでだし、外部要因をコントロールするのは不可能に近いです。

しかし、自分をコントロールするのは誰もができます。

当たり前ですが、必ず自分で意思決定を行ってから行動に移してますよね。

それと同じで、良い仕事に出会いたければ、少しでも理想に近づけるように自分をコントロールしながら行動していけばいいのです。

「自分をコントロールするのはわかったけど、良い仕事がよくわからない」のなら紙に書き出してみると、上手く考えをまとめられますよ!

例えば項目ごとに書き出すとしたら、

外せない条件

  • 通勤が近い
  • 正社員
  • 職場がキレイ


職種

  • なるべく人と関わらない
  • 肉体労働はやだ
  • デスクワークがいい


こんな感じで、どんどん自分がどういう仕事を求めているか書き出してみましょう!

そこから当てはまりそうな職業を探せば、「自分にとっての良い仕事」が見つけられますよね。

「良い仕事」がわかった後は、その仕事に就けるように努力をするのみです。

低学歴でもやる気になれば人生は変わる

「低学歴=人生終わった」って思うかもしれませんが、案外そうでもないんですよ?

僕は高校にすら進学していない超低学歴の中卒ですけど、普通に働いているし、家族を養えるくらいの収入はあります。

それに今の時代は、「大卒」でも仕事に就けずに苦労している人だっていくらでもいるじゃないですか。

僕のブログは低学歴を全面に押し出して運営しているので、様々な検索キーワードでアクセスが来ます。

その中でも、「大卒 仕事見つからない」「大卒 ニート」「大卒 仕事がない」などの検索もあり、ある程度の学歴があっても悩んでいる人がいるのが現実です。

おそらく、「低学歴=人生終わった」ってのは、「仕事がない」という意味合いが強いと思います。

しかし、このブログでも何度も言っていますが、低学歴でも今の時代は努力すれば、力強く生きていくことが可能なんですよ。

僕はメンタル弱いですが、メンタルが強くて努力もできる人なら、低学歴でも十分出世できると思います!

失うものがない強さ

僕のような低学歴の最大の強みは社会的に、「失うものがない」ことです。

有名ブランド大学を出たわけでもないし、エリートなわけでもない。

そんな低学歴は失敗を恐れずにどんどんチャレンジできるのです。

実際に起業して成功するのも低学歴層が多いらしいんですよ!

起業して成功するのは低学歴だった!成功しやすい理由とは!?

よく、「起業して失敗するのを考えると躊躇してしまう」とかありますけど、要は失敗した後に、「また仕事に就けるのか」が不安なわけですよね?

低学歴の僕からすると、「だったら肉体労働すれば?」です。

肉体労働は誰でも出来るし、年齢制限も比較的に少ないですし。

「とにかく仕事に就く」ってことだけに焦点を当てるなら、肉体労働は十分に選択肢に入るはずなのに、頭片隅にもなかったりします。

そう、彼らはプライドが高すぎて、底辺といわれる肉体労働をやろうともしないのです。

誰でも容易にできる肉体労働を保険にしておけば、起業で失敗した場合でも、食いっぱぐれることはないんですけどね。

まぁ、肉体労働ってあまりイメージ良くないから仕方ありませんけど・・・・

テレビなんかでも、苦労や底辺の象徴として、肉体労働の場面が出てきたりとか定番だし。

肉体労働の本当のメリット・デメリットを15年以上の経験から語ってみる

最後にまとめ

一度学歴のレールを外れてしまえば、悩んでいても仕方ないと思います。

「低学歴の人生なんて」と悩んでいても、何一つ変化はしませんし、どんどん気が滅入って悪循環になるだけです。

僕は中卒という理由だけで、今まで偏見を持たれたりしてきましたが、めげずに人生をどんどん変化させています。

結局は変化のない人生なんてメチャクチャつまらないんですよね。

とにかく前向きなのが僕のモットーです(笑)

ゆっくり自分のペースで進もうじゃないですか!