yotaって誰?

子供の「将来の夢はユーチューバー(YouTuber)」になぜ親は反対するんだ!?

こんにちはyota (@yota_28351)です!

子供から大人までユーチューブを見る時代です。

そんな中で小学生を中心に「将来の夢はユーチューバー!」って子達が増えていますよね。

親の中には「ユーチューバーなんかダメだ!」というように反対する人が多くいます。

しかし、僕も二人の子供を持つ親ですけど、全く反対するつもりもないし、むしろ応援したい派なんですよね。

というわけで今回は子供の「将来の夢はユーチューバー」に反対する親について考えていきたいと思います!

なぜ反対するのか?

親が反対する理由は何なんでしょうか?

僕自身の親としての経験や周囲の親達の意見から考えてみると、
おそらく「仕事にならない」って人が多いんだと思います。

全く興味のない人だとユーチューバーはどうやって収益を上げているからわかりませんよね?

そこがネットが普及してなかった時代に生まれた親世代と、ネットネイティブの現代っ子達との違いだと思います。

ユーチューバーは再生回数に応じて収入を得たりしているわけですが、ここが親達は理解できないんですよね。

なので、「未知の世界」のように感じてしまい「子供を守ろう!」と反対してしまうのではないでしょうか。

時間が経って職業としての認知が広がれば、反対する親も減ってくるはずです。

失敗したっていい

お堅い考えの親だと
「ユーチューバーで生計が立つわけがない」って鼻から決めつけて反対するんですよ。

簡単ではないでしょうけど、子供が「やってみたい!」ってことを応援してあげるのも大事なのではないでしょうか。

そもそもなんで失敗を経験させないんですかね?

僕は何でも「失敗から学ぶ」って考えなので、子供のうちから挑戦したいことがあるのは素晴らしいことだと思います。

よく失敗した子供に対して「だから失敗するって言ったんだ」みたいなことを言う親いますけど、これって子供の物事に対する意欲をなくさせますよね。

失敗しても「また次頑張ろう!」でいいじゃないですか。

ユーチューバーだって失敗したらまた違うことをやればいいだけですよね。(好きなら続ければいいし)

安定思考

まだまだ親の中には「いい学校出て、いい会社に入る」を理想としてることが多いです。

こういった考えが根付いている中での「将来の夢はユーチューバー」ってのが全く理解できないんでしょうね(笑)

まぁ、親世代に限らず安定思考の人はいますけど。

親目線で考えると家庭を豊かに安定させることが、子供を守ることでもあるので、どうしても「安定思考」になってしまう部分もあるんですよね。

とはいえ、一般企業で働いていても安泰なんてないのだから、子供がユーチューバーになりたいのを反対する理由はないでしょう。

だって
「もしかしたら失敗するかも」の「もしかしたら」で反対しているだけなんですから。

まさか、親が見栄を張りたいから職業としての認知度がまだ低い、ユーチューバーを反対しているのでは・・・・

少数派は批判される

ユーチューバー自体が他の職業に比べて、少ないのも親達が反対する要因かもしれません。

とにかく
「少数派」って批判されやすいんですよね。

僕はブログを運営しているので、「ネットで何かを発信する」という部分はユーチューバーと同じです。

最近では、ブログを運営する一般人は増えたものの、まだ「ブログは芸能人のもの」みたいな考えを持っている人達もいるので、批判されがちな部分があります。

これと同じで「ユーチューバーはごく一部の人達だけのもの」みたいな認識があって反対の声が上がるんでしょうね。

それに、一部の過激なユーチューブ動画が問題視されたりもしているので、余計に毛嫌いする親達が増えているんだと思います。

親としては世間から批判されるようなことはやって欲しくないですからね。

今の若者は優秀

ユーチューバーの若者を批判するような大人がいますが、僕は彼らは非常に優秀だと思うですよね。

批判する人はユーチューブをみたことあるんですかね?

普通に大人でも楽しめるものもたくさんあります。

ユーチューバー批判の大人はただ単に「最近の若い者は」って言いたいだけのような気がするんですよね。

僕はこのブログで自身の経験を発信していますが、相談をくれる若者達はしっかりしていてちゃんと将来を考えている子達ばかりです。

親は「子供がユーチューバーなんて心配」ではなくて、信頼して自由にさせてみることも大事なのではないでしょうか。

自分達だって親を心配させながら大人になったんですから!

うちの子供の場合

うちの子供も「ユーチューバーやってみたい!」って言うんですよね。

僕は大賛成なので、協力する気満々なんですけど、本人が恥ずかしがるんですよ!

恥ずかしくて動画撮影できないユーチューバーってウケますよね(笑)

でも、まだ興味があるみたいなので「やってみたい!」って、また言ったら協力したいと思います。

最後にまとめ

今回は子供の「将来の夢はユーチューバー」に反対する親についてでした。

個人的にはムキになって反対する必要はないと思うんですけどね。

ほら、子供の夢ってよく変わるじゃないですか!

今は「ユーチューバー!」なんて言ってても一年後とかには変わっている可能性もありますし。

まぁ、いろんな経験をさせる意味でも、やらしてあげるのもいいと思いますけどね。

どうしても反対するなら親子でやってみたらどうです!?

おわり。